くまぼん

球磨盆地で生活する記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

狭間にて

2011-07-17 23:05:24 | 秘密のくまぼん
全国の悩める♂の皆さん

ここだけの話ですが

二人の魅力的な女性がいて

そのどちらかを選択せねばならない

そんな状態を経験した事はありますか?

わたくしこれでも日頃

「人生で大事なものは?」

という質問には間髪いれず



と答えるようにしています

しかし

こと女性問題となると

優柔不断な性格が出てきてしまうのです

例えば


「男の人って意外とぜいたくね」の麻生久美子




「人には人の乳酸菌」の蒼井優

この程度の女達から「どっちを選ぶのッ!」と迫られれば

「月木は久美子で、火金は優と過ごすよ、後は自分の時間が欲しいからオフだな」

と言い放ち

ゴチャゴチャ言うようなら

二人とも山江SA辺りに放り出す自信があります


全国の麻生・蒼井好きの皆様から八つ裂きにされそうですが

あくまで例え話なので気にしない気にしない

そんな私ですが

今回ばかりは振り回されっぱなしです

どうしたら良いのでしょうか…




次号に続く
コメント (1)

県南代表

2011-07-09 23:00:59 | くまぼん日記
本日行われた

県南地区商工会青年部連絡協議会合同研修

その中の「若き経営者の主張大会」にて

我らが錦町商工会青年部の部員である

臓物界の帝王こと

ホルモンマスターことK田H幹が

見事な優勝を遂げた

この勝利に驕ることなく

さらなる精進を期待します

かしこ
コメント

七夕

2011-07-07 20:12:46 | 秘密のくまぼん
今日は七夕

織姫と牽牛だったか…

そんな二人が一年に一度出逢える日

積もる話もあるだろう

辛抱堪らん感情も噴き出すだろう

携帯も無いのに不自由なことだ

そんな事を想っていたら

ある人物の事が脳裏に浮かんだ

彼はよくブログを更新する事で有名だ

しかしその内容は

茶・宴会・野球・宴会・変態・野球・茶・宴会・野球・温泉・変態・茶・宴会…

の繰り返しであり
なんとなく部室棟の香りがする
彼の優先順位は

茶(仕事)>野球>変態>飲み>社会生活>異性

と、なっているのだろう

まさに男塾

そんな彼が

最初に書いた織姫&牽牛の様な

切ない恋をしているとは…誰も知るまい

彼女はF岡在住で30代

スポーツ好きでスラリとした健康美人さんだ

彼が恋に落ちるぐらいだから

当然かなりの美脚の持ち主でもある

そんな彼女の写真を彼に見せたのは2年ほど前

彼の眼がハートの形になったのは

傍から見ても明らかだった

そんな彼と彼女のファーストコンタクトは

その約半年後の約3秒間だった

次に会ったのは一年後…

やっぱり3秒間だった

彼女は毎年人吉市のマラソン大会に出場する

その時彼はボランティアで給水をしている

もうお分かりだろう

彼と彼女が出逢うのは

まさにその一瞬

これ程切ない恋があるのかしら?

彼は彼女の携帯も知らないのだ

因みに私は知っている

この美しい3秒間が…ずっと続きますように

七夕に乾杯
コメント (2)

一種の物差し

2011-07-03 23:32:37 | くまぼんぐるめ
ラーメンと空気(酸素)

どちらかを選べと言われたら

当然ラーメンを選択する

先日、某有名ラーメン店の2号店が開店した時も

当然二日続けて通いましたよ

だって一杯200円だったし

今後通うかどうかは別として…

それぐらいラーメン大好きな私ですが

今日はちょっとやられた…

…いや、ちょっとどころじゃない

かなりのダメージを受けた

ご存知ですか?

京都発祥の有名店、その名も

「天下一品」


熊本県では南高江にしか店が無いので

中々行く機会がないお店

コラーゲンたっぷりの濃厚スープが特徴のラーメン

人吉球磨で濃厚なスープのラーメン屋と言えば

人吉市内の「豚珍館」が思い浮かぶけど

ここのスープはその倍は濃いといっても過言では無い
スープと言うよりは「ソース」が近いかも

奈良在住の親戚が

「天一のこってりを、スープを残さず完食できるかが、若さのバロメーターやで…」

と言っていたのが

誇張でも何でも無いというのを実感させられた…

もちろん完食するけどね

コメント

究極

2011-07-02 21:50:09 | くまぼんぐるめ
尊敬する人物は?

と訊かれたら

間髪いれずに答えよう



範馬勇次郎ッッ!
発達しすぎて訳分かんなくなってるヒットマッスル


勇次郎チョップッッ!


勇次郎パンチッッ!
彼はこの一撃で地震を止めている




絶対的な自信から繰り出される台詞の数々


酒の呑み方も…


笑い方まで

究極
コメント