観賞桃

日本で見られる観賞桃(2017年ー80品種前後)を、写真付きで紹介します。

一歳桃の文献 - 江戸時代⑦ 『本草圖譜』

2019-01-07 16:32:26 | 一歳桃
 『本草圖譜』岩崎常正(著)は、1828(文政11)年に、96巻が完成しました。

「巻之六十二」岩崎信正・小山廣孝(校)に、「いっさいもゝ」が描かれています。


     

     国立国会図書館蔵 2019-1-4 8879



      いつさいもゝ

    実を栽て 二年にして

    花実あり 花重瓣 淡

    紅色 実小さし 又 紅

    白雜るものあり



 この「一歳桃」に、新しい栽培品種が紹介されています。

それは、紅白の絞りが一つの輪に現れる、源平系の品種です。

 さて、この図譜は彩色されているので、見応えがあります。

珍しく、根の絵があり、この「一歳桃」は浅根型だとわかりました。

又、枝の上部には、花が付かない事も判明しました。

そして、萼片数は5枚ではなく、10枚ある事が、この絵から予想できます。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 一歳桃の文献 ー 江戸時代⑥... | トップ | 一歳桃の文献 - 明治時代... »
最近の画像もっと見る

一歳桃」カテゴリの最新記事