観賞桃

日本で見られる観賞桃(2017年ー80品種前後)を、写真付きで紹介します。

矮性桃の園芸品種名について

2018-06-16 09:12:35 | 寿星桃の園芸品種名
 4種類の矮性桃が植栽されている場所で、それぞれのネームプレートを写してみました。


 

  2014年5月4日  4902


 

  2014年5月4日  4912


 

  2014年5月4日  4848


 

  2014年5月4日  4834


 4枚すべてが、Amygdlus persica❛Densa❜ でした。

1品種だけにこれが表示されているのなら認められますが、異なった4品種が同一園芸品種名となっているのは、問題があります。

 この「densa」という単語は、『植物学 ラテン語辞典』(1997年 豊国秀夫 至文堂)によりますと、「密生した、密な」という意味でした。

そして、このラテン語で思い出すのは、桃の変種(variety)の事です。

牧野富太郎が『植物学雑誌 16巻 188号』(1902年)に、日本名で「アメンドウ、カラモモ、江戸モモ、西王母」などと呼ばれ、それらの花および葉が密に現れる事から、変種名として「densa」と発表しています。

     Prunus Persica Sieb. et Zucc. var. densa Makino var. nov.

 また、挿し絵(icon)として、『本草図譜』と『華彙(Kwa=wi)』の本名を載せています。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 矮性桃とアメンドウ | トップ | 矮性桃の園芸品種名について »
最近の画像もっと見る

寿星桃の園芸品種名」カテゴリの最新記事