かんちゃんSr.のオヤジな日々

還暦を過ぎて3年目。興味のおもむくままに生きています。花柄とチェックを愛しているオヤジです。

難儀な男

2018年07月02日 00時00分51秒 | 日記

ポスターを初見するだけでは、二の足を踏むタイプの2017年アメリカ映画。だがマニアックな人たちの間で、ウケるタイプの作品である。

1950年代のロンドン、老年にさしかかってなお独身の仕立て屋が主人公。貴族夫人からドレスを依頼される超一流だが、成金たちからの注文は嫌うような美意識高い系の職人である。

スランプ返上のため、自分の別荘がある土地のレストランに入る。そこにいたのは、いい身体をしたウエートレス。いやらしい意味ではなく、自分が作る服が映える体型に一目惚れ。

早速、ロンドンの屋敷兼仕事場に住まわせる。元ウエートレスには、次第に独占欲が芽生えるわけだが、仕立て屋に結婚の意識はなく、甘えん坊の裏返しで、プライベートでは気難しい注文をつけ続ける。

ポスターの文言を借りれば、新たなミューズが現れるかもと思い続ける男と、ひたすら男を思う女の温度差。女はその温度差を埋めるべく、禁断のアイデアを実行に移すのだ。

この作品で強烈に印象的だったのは、言葉以上に雄弁な音楽の効果だ。冒頭の劇伴から強烈な惹きつけがある。そして画像が美しい作品でもある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« アナーキー イン ザ UK | トップ | 人の魂に迫る »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
引退作!? (のり平)
2018-07-02 00:29:55
我が心の同級生、ダニエル・デイ・ルイスがちょっと見ない間に爺さまになっている…(遠い目)。
気難し屋の役はダニーちゃん若い頃からのハマり役、真骨頂。
引退しなくたっていいのに…
Re:引退作!? (かんちゃんSr.)
2018-07-02 07:54:35
のり平さん
この作品を見る限りでは、僕より年長かと思ってました。
俳優としては、これから益々味が出るところなのにー。アカデミー爺さん、リアル変わり者なのかな?

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事