定年 再就職とシネマの日々(旧かんちゃんSr.のオヤジな日々)

もう60代も半ばになりました。再雇用の職場もついに定年。花柄とチェックを愛しているオヤジです。

表敬訪問

2021年12月30日 17時22分00秒 | 日記
本年も映画鑑賞に明け暮れました。
日本の、否世界の小津安二郎監督の生誕地を訪ねて来ました。
車の往き来が激しい道路端の記念ボード。東京における珈琲屋のメッカ・清澄白河まで450mの場所にあります。

帰宅して、遺作の『秋刀魚の味』をパソコン劇場で。監督59歳(1962年)の作品。翌年に他界する。

ひと目線よりややローアングルのカメラワーク。

「お父さんまた飲んできたの?」
「いや、それほどは..」
「本当かしら?」
笠智衆58歳。岩下志麻21歳、アイロンがけする横顔がビューティフル。

場面転換の時に流れる同じ劇伴奏が、昭和半ばの情緒たっぷり。

小津監督 享年60歳。誕生日は僕と同じ12月12日、そして同じ日に鬼籍に入っている。





コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 落とし玉子パーフェクト? | トップ | 253本目 痛恨のまどろみ »

コメントを投稿