下水道の出前授業 ~水の大切さを学ぼう!~ 管路管理総合研究所

“下水道”についての体験型授業を全国各地・無償で行っています。環境学習や水の学習の1コマとしてご活用下さい!

管路管理総合研究所ウェブサイトとブログをリニューアルいたします!

2020年04月14日 | お知らせ

このたび、管路管理総合研究所は、ウェブサイトを2020年6月からリニューアルを予定しております。

より使いやすく、よりわかりやすいウェブサイトとなるように、ページ構成やデザインを全面的に見直しをしております。

また、今後はgooブログではなく、当ウェブサイトにて活動報告として、皆様にお知らせをして参ります。

今後も、下水道の役割や大切さ、さらには魅力や可能性に気づいていただけるよう取り組んでいきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

 

管路管理総合研究所のホームページはこちら


☆☆☆現在ホームページ リニューアル中です。☆☆☆

2019年12月05日 | お知らせ



ずーっと更新しておらず、失礼しております。



現在 ホームページをリニューアル中です。

公開予定は、2020年4月を予定しております。




何卒、宜しくお願いいたします。


子どもエコ広場新宿

2018年12月17日 | 2018年下水道の出前授業紹介
こんにちは!今回の投稿はルーパーです。
12月に入って一気に寒くなりましたね。
気温の変化についていけないルーパーの必需品は保湿ティッシュ!
鼻が真っ赤なトナカイにならないよう気を付けています。

さて、12月8日(土)は子どもエコ広場新宿で出前授業を行いました。
子どもエコ広場新宿は、エコギャラリー新宿を拠点に活動している、エコ活動のクラブです。
月1回のペースで、「環境」をテーマに、実験や工作、調理などの体験を通じて、楽しみながらエコについて学んでいるそうです。
今回は講師として呼んでいただき、出前授業を行うことになりました。

今回は下水道のお話や実験のほか、マンホールコースターの工作を行いました。
また、お話の途中で東京都のマンホールについてヒントを出して描いてもらう体験を取り入れてみました。
子どもによってまったく違う絵柄のマンホールがたくさん生まれて、とても楽しい時間になりました。
マンホールコースターも時間いっぱいまでがんばってこだわりのマンホールコースターをつくってくれました。

最後は集合写真をパチリ!
つくったマンホールコースターやトイレストラップを手に笑顔でポーズをつくってくれました。




今回の出前授業では、エコ広場新宿のボランティアの方も参加していて、
子どもたちのサポートをしてくださいました。
本当にありがとうございました。

実験や工作は、手を動かし、目で見て感じることができる体験です。
こういった体験を通して、今日下水道について感じたことを忘れないでいてくれることいいなと思いました。






管路管理総合研究所のホームページはこちら

美原区すこやかフェスタ

2018年11月06日 | 2018年下水道の出前授業紹介
こんにちは。ありーなです。
10月27日に開催された大阪府堺市の「美原区すこやかフェスタ」での出前授業について紹介します。

すこやかフェスタは中学校を会場とした区民祭りで、広い校庭にステージがあり、それを囲うようにテントが並んでいました。
ステージでは子どもたちがダンスをしたり、歌を歌ったり、さまざまば催し物で盛り上がっていました。
テントではわたあめや、水餃子、イカ焼き、その他たくさん食べものが販売されていて、値段はなんと100円程度!!
子どもだちが100玉を円握りしめて自分で好きなものを買いに行けるんだなぁと思い、ほっこりしました。

このイベントに管路管理総合研究所を呼んでくださった「美原下水道サービスセンター」さんは、下水道管を調査するロボットの展示と、玉入れゲームを実施していました。




私たちの出前授業は校舎内の理科室で午前と午後の2回、各回30分間で開催しました。



参加していただいた方にはトイレットペーパーと4色ボールペン(美原下水道サービスセンターさん)、トイレストラップ(管路管理総合研究所)をプレゼントしました。


堺市上下水道局のマスコットキャラクター「すいちゃん」と管路管理総合研究所のキャラクター「どかんさん」「せいこちゃん」も応援に来てくれました。
子どもたちに大人気!みなさんいい写真は撮れたでしょうか?



私は初めてすこやかフェスタに参加しましたが、地域のお祭りとは思えないくらいたくさんの人が来場されていて、とっても素敵な地域だなと思いました。

みなさんは、「たこせん」ご存知ですか?
薄くて大きいおせんべいの上に、たこ焼きのソース、天かす、青のり、マヨネーズを乗せた、たこ焼き風のお菓子です。
大阪のお祭りでは必ずあると言っても過言ではないたこせんですが、関東ではめったに見かけないそうです。
もし見かけたらぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

管路管理総合研究所のホームページはこちら

朝日新聞社おしごと年鑑特別見学会

2018年08月30日 | 2018年下水道の出前授業紹介
こんにちは。またまたアリーナが投稿いたします。

みなさんは「おしごと年鑑」ってご存知ですか?
朝日新聞社が全小中学校、教育委員会に寄贈しているキャリア教育教材です。
100以上の企業、団体からの協賛を得て発行されており、さまざまな仕事について詳しく知ることが出来ます。
管清工業㈱も協賛しており、下水道の仕事について掲載されております。

今回は、8月23日に開催された「朝日新聞社 おしごと年鑑 特別見学会」での出前授業について紹介いたします。

私たちの出前授業の前に、朝日新聞社様より、新聞社のお仕事紹介、そして印刷所の見学ツアーが実施されました。
この見学ツアーには私たち出前授業講師も参加させていただくことが出来ました。

実際に朝日新聞社のオフィスに入り、お仕事をしている人をリアルタイムで見ることができ、とても新鮮でした。
印刷所では印刷機で大量の新聞が高速で出来上がる様子を見ることが出来ました。
その他にも、昔は伝書鳩が本当に活躍していた話や、昔と現在の印刷方法など知らなかったことばかりで、貴重な体験をさせていただきました。
(写真がなくてすみません...。iPhoneを初期化したら、エラーでバックアップを復元出来ませんでした(;;))

見学ツアーが終わり、いよいよ下水道の出前授業です。

下水道についてお話をし、ティッシュとトイレットペーパーの実験。


保護者の方にも近くで見てもらいました。




そして体験コーナーを3つ用意しました!

まず1つ目はマンホール蓋のレプリカです。
レプリカを持ってマンホールの大きさを体験していただきました。
しかし、レプリカなのでさすがに重さまでは体験できません。そこで、マンホール蓋の重さはクイズで出題しました。
マンホールの蓋の重さは約50㎏です。
成人女性の体重くらいでしょうか?大人でもなかなか持ち上げるのは難しい重さですね(^^;)


そして2つ目、オイルボールのにおい体験(*_*)
オイルボールとは下水道の中で出来た、油の塊です。
合流式下水道では大雨が降ると、未処理の下水がそのまま川や海へと流されてしまっていたんですね。
東京湾にこのオイルボールが現れ、社会問題となりました。

このオイルボールのにおいを体験していただき、合流式下水道の問題、対策についてもお話しました。


最後3つ目はテレビカメラロボットの重さ体験です。
実際にテレビカメラロボットを持ってきて、参加者の皆さんに持ってもらい、重さを予想してもらいました。



今回持ってきたテレビカメラロボットは約11㎏です。
テレビカメラロボットが小さい理由、重たい理由についても紹介しました。


今回の出前授業では、子どもたちだけでなく保護者の方にも楽しんでいただける内容だったと思います。
親子の夏休みの思い出のほんの一部にでもなったら嬉しいです。


管路管理総合研究所のホームページはこちら