漢方相談 昌栄薬品

漢方薬・自然薬が体に効きます、自然の生薬で病気に負けない体を作る
漢方相談 ご来店お待ちしています

貧血に用いられる当帰 当帰の薬味薬性は甘温の血剤です 当帰の名の由来 

2019-10-11 11:03:53 | 日記

昌栄薬品です

貧血に用いられる当帰

渡辺武著平成薬証論より

当帰の薬味薬性は甘温の血剤です、味は甘く温める作用のある血剤(血液に作用する)

当帰の名の由来

「婦人病のために主人に蒸発された婦人が、裏山に自生するこの薬草を服用し続けたところ健康と美貌を回復し、その噂を聞いてめでたく夫が帰って来た。

『夫、当に帰る』名薬だから、という民話も伝えられています」

 

 戦後、悪性貧血や貧血症に対して、欧米で赤いビタミンといわれるビタミン(B12)が開発されましたが、これは生きた動物体からのみ見出されていたのです。

私はこれに匹敵する抗貧血ビタミン(B12)様物質を、漢方薬の中に求めて研究したことがあります。

それを植物では初めて、日本産の当帰中に発見したのです。

そして当帰の赤血球増加作用について、その効果を近代医薬学的に証明したことがあります。

 

基源〕セリ科

ニホントウキ、カラトウキのヒゲ根を去ってそのまま、または湯通しして乾燥したもの。

日本産は大和(やまと)当帰、大深(おおぶか)当帰、北海(ほっかい)当帰などと称している。

成分〕根には精油〇・二~〇・四%を含み、その成分はサフロール、イソサフロール、リグスチリッド、ブチルフタリッドで、その他パルミチン酸など十三種のアミノ酸を含む。

 

当帰はセリ科の植物の根で強い芳香があります。

 

婦人が妊娠したらいつも服用していた方が良い薬として、当帰散が出ていますが、現代では水滞をかかえた人が多く、衝任補血(しょうにんほけつ)証の方が多数見受けられます。

この当帰散にしても衝任補血にしても、原典ではお酒で服すように指示さえています。

辛温の酒で服むことで、一層体を温めて血液の流れを良くし、水で溶けない有効成分が溶出され、胃腸障害も予防できます。

 

p111女性の男性化は頭に血液が流れ腎臓・子宮がお留守になるからだ!

 

クラシエ 衝任補血 しょうにんほけつ

第2類医薬品

 こんな症状でお困りの方に!

●月経不順●月経痛●冷え症…などの症状がある方に。

処方解説

●「衝任補血」は、漢方の古典といわれる中国の医書『金匱要略[キンキヨウリャク]』の婦人妊娠病、婦人雑病に収載されている薬方です。

●貧血ぎみの方の足腰の冷えや肩こり・むくみなどに効果があります。

成分

成人1日の服用量3包(1包2.2g)中

衝任補血エキス粉末・・・5,000mg

〔トウキ・センキュウ各3.0g、ブクリョウ・ビャクジュツ・タクシャ各4.0g、シャクヤク6.0gより抽出。〕

添加物として、乳糖、ヒドロキシプロピルセルロースを含有する。

 

効能

体力虚弱で、冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴える次の諸症:月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)、めまい、立ちくらみ、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え症、しもやけ、むくみ、しみ、耳鳴り

 

用法・用量

1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。

成人(15才以上)・・・1回1包

15才未満7才以上・・・ 1回2/3包

7才未満4才以上・・・・1回1/2包

4才未満2才以上・・・・1回1/3包

2才未満 ・・・・・・・1回1/4包

※ この医薬品の使用上の注意をよく読んで正しくお使い下さい。

使用期限 2022・05

 

価格

30日分 90包 9,720円

15日分 45包 4,860円

14日分 42包 4,540円

10日分 30包 3,245円

7日分 21包 2,430円

      1包  130円

 

矢数道明著臨床応用漢方処方解説より

適応病名

貧血症、咳嗽、脱肛、腹痛、つわり、不妊症、流産癖、月経困難、滞下、浮腫、習慣性流産、婦人月経不順による諸病、月経痛、更年期障害、妊婦浮腫、慢性腎炎

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

税込価格

250g 8,640円

500g 16,200円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 健康café 下島和弥先生 ... | トップ | 休みのうた 作詞作曲 ピッ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事