漢方相談 昌栄薬品

漢方薬・自然薬が体に効きます、自然の生薬で病気に負けない体を作る
漢方相談 ご来店お待ちしています

疲れ目、かすみ目に効く 杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)

2011-10-05 15:29:50 | 日記

昌栄薬品が自信を持ってお勧めする 

                 

 

 

漢方では、「気[き]」「血[けつ]」といったエネルギーや栄養などが、過不足なくからだ中をめぐることで健康が保たれるとされます。とくに、「五臓」と呼ばれる臓腑は、それぞれ対応するからだの各器官に栄養やエネルギーを与える重要なものと考えられています。その中で、『肝は血を受けてよく視[み]る』といわれ、「肝」に蓄えられた「血」の栄養とうるおいが十分に届くことによってはじめて、目は正常な状態を保つことができるとされます。さらに、「肝」は「老い」をつかさどる「腎」とも深いつながりがあるため、加齢に伴う目の症状には「肝」と「腎」を補うことが良いとされます。 

 

 「六味丸」には、漢方でいう「補腎益精[ほじんえきせい]」のはたらきをもつ生薬が体において必要な栄養物を補い、「清熱涼血[せいねつりょうけつ]」のはたらきをもつ生薬が体のなかの余分な熱を取り除き、「淡滲利水[たんじんりすい]」のはたらきをもつ生薬が余分な水分を体外に出します。それらが相互的にはたらきあって、漢方的な解釈でいう「腎」を良い方向に導いていきます。 

 

「腎」を補う代表的な処方である「六味丸」に“目にいい”といわれる「枸杞子[くこし]」と「菊花[きくか]」を配合したのが、「杞菊地黄丸[こぎくじおうがん]」です。枸杞子とはクコの実のことで、昔から実だけでなく、木の葉や根の皮も滋養強壮やかすみ目などに使われていました。また、菊花は「清熱[せいねつ]」という熱を取り除くはたらきがあり、目の充血をとるとされています。以上のようなはたらきで腎と肝を補いながら、目にはたらき掛けるため、疲れ目やかすみ目などに効くのです。  

 

 

 

 

 

特徴

「杞菊地黄丸」は、漢方の古典といわれる中国の医書「医級[イキュウ]」に収載されている薬方です。

「杞菊地黄丸」は、日本でも良く知られている「六味丸[ロクミガン]」に菊花[キクカ]と枸杞子[クコシ]を加えた処方で、疲れやすくて、顔・手足がほてり、尿量減少又は多尿で、ときに口渇がある人のかすみ目、疲れ目、のぼせ、めまいなどに効果があります。

最近水分を摂れ摂れとの合唱です、このことにより九竅(九つの穴)といわれる目(かすみ目、疲れ目、仮性近視)、耳(めまい、ふらつき、立ちくらみ、耳鳴り、突発性難聴、中耳炎、外耳炎等耳の訴え)、鼻、口、膀胱、肛門(下痢、便秘、いぼ痔)に異変を起こす症状が増えています、その中の目、耳、膀胱に作用するのが杞菊地黄丸です。つまり肝腎な臓器に作用する処方ということです。

30日分 720丸 7,000円 本体価格

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

 

 

本体価格

250g 8,000円

500g 15,000円

分包品1包1g入り

60包3,500 円

240包10,000円

1包60円

 

 

 

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
« P22遺伝子交換食品が体内に入... | トップ | 骨も年をとります、不妊、糖... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事