漢方相談 昌栄薬品

漢方薬・自然薬が体に効きます、自然の生薬で病気に負けない体を作る
漢方相談 ご来店お待ちしています

 菅氏「全く好ましくない」 新華社の陛下に謝罪要求記事 国交断絶すべき

2015-08-30 00:00:01 | 日記

昌栄薬品の宮原 規美雄です

産經新聞 平成27年8月29日 総合

 菅氏「全く好ましくない」

新華社の陛下に謝罪要求記事 

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は28日の記者会見で、中国の国営新華社通信が「天皇陛下は先の大戦について謝罪すべきだ」と主張する記事を配信したことに関し、「天皇陛下に対する礼を著しく失している」と非難し、27日に外交ルートを通じて中国政府に抗議したことを正式に発表した。

 菅氏は、抗議に対する中国側の反応について「詳細は控えたい」としつつも、「2度の首脳会談を経て改善基調にある日中関係に水を差しかねず、全く好ましくない」と指摘。

「日本側は、天皇陛下の戦争に対する謝罪は必要ないとの考えか」との質問には「当然そうだし、従来の中国の立場とも違っている」と答えた。

 岸田文雄外相も28日の記者会見で、「天皇陛下に対する礼を著しく失しており、これまで表明されてきた中国側の立場とも相いれない」と不快感を示した。

 

中韓、「対日共闘」サインか

内外、反応探る狙いも

【北京=矢板明夫】中国の国営新華社通信が25日に配信した記事で「天皇陛下は先の大戦について謝罪すべきだ」と主張した問題は、中国の内外で大きな波紋を広げている。

北京の日本問題専門家は「歴史問題で中国と韓国が連携を強めるサインの可能性もある」との見方を示した。

 中国は日中戦争について、毛沢東時代から「日本の軍国主義勢力による犯罪であり、日本国民も戦争の被害者だ」との「二元論」を取ってきた。

歴史認識問題で日本を批判する際は、もっぱら政治家らを標的とし、日本国民の対中感情の悪化を避ける思惑から、日本国憲法で日本国と日本国民統合の「象徴」と規定される天皇への言及には極めて慎重だった。

 一方、韓国では天皇の戦争責任を問う声が根強く、2012年8月、当時の李明博(イミョンパク)大統領が「日王(天皇)が韓国に来たければ独立運動家に謝罪せよ」と要求したこともあった。

 今回、新華社の記事が配信されたタイミングは、朴槿恵(パククネ)大統領が内外の反対を押し切り、北京で9月3日に行われる軍事パレードへの出席を決めた時期とほぼ重なる。

このため朴氏のパレード出席などをめぐる中韓の外交折衝の中で韓国が〝対中共闘〟を呼びかけ、中国が応じたのではないかとの憶測が北京の関係者の間で飛び交っている。

 中国共産党内部では日中関係に関し、保守派と改革派との間で大きな温度差があるとされる。

今回の記事は保守派が主導して書かせた可能性もあり、歴史問題で対中方針が変更されたと結論づけるのは時期尚早との見方もある。

 また、新華社の配信記事を最も権威のある人民日報が掲載せず、重要度では2番手とされる「光明日報」が掲載したのも、国内外の反応を探る観測気球だった可能性がある。

※ ※ ※ ※ ※

中韓とは国交を断絶したほうがよいのではないでしょうか。

黙らせるにはこの方法しかないようです。

日本は中国共産党とは戦争をしておらず、共産党は国民党と日本が戦って国民党が疲弊するのを待って、戦後国民党を追い出したのでは。

日本は白人による人種差別と植民地主義に反対し大東亜戦争に突入した、中韓は何もせず傍観していたのか。

 

戦後70年談話・国論分裂 修復の第一歩・今後の日本 あり方示す・出すべきではなかった

 

吉野山 吉水神社

宮司のblog(ブログ)を公開中

(烈火の怒り!)中国と国交断絶すべし!

http://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/64118778.html

日本は中韓に謝罪の必要なし・・・フランスメディア

http://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/64115835.html

 

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

本体価格

250g 8,000円

500g 15,000円

分包品1包1g入り

60包3,500 円

240包10,000円

1包60円


コメント   この記事についてブログを書く
« 『感應丸・かんのうがん』は... | トップ | 明日9月1日は二百十日 桜・... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事