漢方相談 昌栄薬品

漢方薬・自然薬が体に効きます、自然の生薬で病気に負けない体を作る
漢方相談 ご来店お待ちしています

水の飲みすぎが、身体によくない理由

2011-02-17 09:45:03 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

水の飲みすぎが、身体によくない理由。

クロワッサンcroissant 2010725日号 

関口由紀先生

女性泌尿器科専門医、女性医療クリニックLUNAグループ理事長

見出し

大量に水を飲んでも、血液はサラサラになりませんよ

水を飲みすぎると頻尿から抑鬱状態に。

胃腸の弱い人が水を飲みすぎると、代謝不良、シワ、冷え、むくみ、抑鬱状態にも。

水は〝頭〟で飲んで 適量を体に慣れさせる。

お茶、コーヒー、味噌汁だけでもすでにけっこう、水分を摂取している。

とのことです、詳しくはクロワッサンのバックナンバーを御覧下さい。

 

男性では一日に排泄できる水分量は2600cc

女性では一日に排泄できる水分量は2400cc 位です。

内訳は、尿で12001400cc、皮膚と呼吸・不感蒸泄・900cc、大便約100cc

飲食物が胃に入り小便・大便・皮膚・呼吸で排泄されます。

小便・伝統海塩『ゴールド海の精』の不足により腎の働きが低下、香辛料不足による便秘、香辛料の不足により皮膚からの発散が出来ない、脾胃が弱く飲食物を振り分けることが出来にくい等により体内に湿を生じ水毒・水滞となります。

水を抜くのに使う苓桂朮甘湯という処方があります。

効能はめまい、ふらつきがあり、または動悸があり尿量が減少するものの次の諸症:動悸、息切れ、めまい、頭痛、神経質、ノイローゼ

とあります。

上記の症状でなく、水毒・水滞を除くために処方することがあるのですが、以前低体温その他で苓桂朮甘湯を合方したところ二週間分を飲まずして体温が上昇した女性がいました。

その方によると苓桂朮甘湯の効能は私にはあってないと電話がありました、説明したのですが分かっていただけませんでした。神経質なのですがね。

口渇が有る場合は沢瀉(たくしゃ)、ほてりと口渇の場合は石膏(せっこう)と人参(にんじん)の入った処方になります。

 水毒がとれると体温が上昇することがあるのです。

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

  

本体価格

250g 8,000円

500g 15,000円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

 

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 風の夢コンサート 発達障害... | トップ | ばね指1-8 西洋医学的考察①-④ »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事