漢方相談 昌栄薬品

漢方薬・自然薬が体に効きます、自然の生薬で病気に負けない体を作る
漢方相談 ご来店お待ちしています

黄帝内経素問 気厥論篇 第三十七 第一節

2014-04-29 07:00:00 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

柴崎保三著・鍼灸医学大系 ⑥ 黄帝内経素問 気厥論篇 第三十七

第一節

(原文)

 黄帝問曰。五藏六府寒熱相移者何。

 岐伯曰。腎移寒於(1)肝、廱腫少氣。脾移寒於肝、廱腫筋攣。肝移寒於心、狂隔中。心移寒於肺、肺消。肺消者飲一溲二。死不治。肺移寒於腎、爲涌水。涌水者按腹不堅、水氣客於大腸、疾行則鳴、濯濯如囊裹漿。水之病也。

(1) 肝 全元起本並に甲乙經に脾に作る。これに従う。

(東洋学術出版社素問【注釈】腎移寒於脾 王冰の注本は「肝」に作るが、誤りである。今は『甲乙経』に従って改める。)

(訓読)

 黄帝問うて曰く「五藏六府の寒熱相移すは何ぞや」と。

 岐伯曰く「腎寒を肝(脾)に移せば廱腫少氣す。脾寒を肝に移せば廱腫筋攣す。肝寒を心に移せば隔中に狂す。心寒を肺に移せば肺消す。肺消すとは飲むこと一たび溲すること二たびす。死して治せず。肺寒を腎に移せば涌水を爲す。涌水とは腹を按ずるも堅からず、水氣大腸に客し、疾行するときは則ち鳴り濯濯として囊に漿を裹(つつ)むが如し。水の病なり。

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

本体価格

250g 8,000円

500g 15,000円


コメント   この記事についてブログを書く
« 黄帝内経素問 刺瘧篇 第三... | トップ | 黄帝内経素問 気厥論篇 第... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事