鹿能リコのおしらせ

BL作家鹿能リコの新刊発売等の情報をお知らせするページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日はすごい日だったなぁ

2016年08月09日 00時45分40秒 | Weblog

はい、どーも!

 

作家の人には、ホラーな話をひとつ。

同人誌で出した「男子高生いまさら新婚日記」を、ラルーナ文庫さんが電子書籍にしたいといってきたんですよ。

これ、元々商業用の没プロットを同人誌にしたものですので、分量的には単行本一冊はあります。

で、これを3冊分冊で出したので、ラルーナ文庫さんに送るべく、データを結合しようと思ったのです。が。

 

2冊目の本文データが、どこをどう探してもなかった……。

 

 

はい、同人誌見ながら、再入力確定です。

怖いですね、怖いですね……。

泣きながら、「毎日○ページ入力!」と、目標立てて再入力中です。

なるべく早く、終わらせたいです。

 

 

さて、タイトル回収。

今日一番のトピックは、「象徴としてのお務めについての天皇陛下お言葉」ですか。

天皇陛下がこういう形で直接お言葉を話されるというのは、実は、かなり滅多にないことです。

前回は、東日本大震災の時でした。

ということは、つまり、今回はそれと同じレベルでお言葉を発表する必要性がある、と天皇陛下や宮内庁他が判断した、ということです。

 

これの前提は、前に私が日記にちょっとだけ「マスコミがやっちまったねぇ」と書いた件です。

話の流れと、必要なデータを以下につらつらと

天皇陛下「生前退位」のご意向 数年内、ご公務・祭祀負担大きく 2016.07.14 産経新聞

 

結局、宮内庁次長の山本氏がその件については否定したけど、宮内庁としての公式の抗議はしていないまま、今日になったわけです。

 

これで私がアウト! って思ったのは、

そもそも天皇陛下は、こういう政治や法律に関係する発言を一切なさらないからなんですね(今回のおことばでも、2回、くり返していらっしゃいました「天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら」と「始めにも述べましたように、憲法の下(もと)、天皇は国政に関する権能を有しません。」)。

 

つまり、いってないことをいったことにしちゃったことが、もう、ありえないほどアウトなのですよ。

私は、オカルトさんなので、「これは、天皇陛下に対してマスコミが呪詛をかけた」ってことになる、と判断したの(どういう呪詛かは、畏れ多くて書けないレベル。日本は言霊の国なのですよ。そして、言霊を使う人のトップが天皇陛下なのです)。

こう考えるともう、最初に発表したNHKも、それに追従したマスコミも、全部アウト!

(だから、私は、この件に関して、このタイミングまで一切なにもいわなかったのです。皇室とオカルト方面で敵対する=呪詛に協力する、度胸はありません)

 

これで、正しい反応をしたのは、さすがの安倍総理でした

 

ちなみに、生前退位に関しては、皇室典範にはなにも書いてません

憲法の第一章はこちらになります。

 

ということで、天皇陛下のおことばの内容に関しての考察は控えます。

いっこでも読み違えたら、私がアウトです。

とはいえ、「いってないことをさもいったというように語った人々に対しての返し」は、きっちり行われたな……とは、いっても問題ないかな、と思います。

なにがすごいって、返しの風が一番強烈に吹く(下手したら、何年に一回のレベル)、今日という日を選んだ皇室のオカルト担当部署ですかね。

 

思考停止はいかんのですが、それでも私は、自分の身が一番かわいいのですよ!!

ということで、天皇陛下と皇室の弥栄をお祈りしつつ、日記を終わります。

ふー。宮内庁オカルト担当は、世界でもトップクラスの凄腕集団らしいのですよ。ソースは言えないですが、その手の世界の人から、酒飲みながら「ここだけの話」で、聞いたから、マジだと思います。ではでは。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小ネタ日記 | トップ | 追記ですわよ »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事