鹿能リコのおしらせ

BL作家鹿能リコの新刊発売等の情報をお知らせするページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鹿能さん@がんばらない

2016年06月03日 22時18分53秒 | Weblog

こんにちはー!

 

ここのところ、遠隔でヒーリングのメンバーが増えて、初めてのことも多く、色々やっておりますが、それでわかったこと。

私、頑張ったこと、ないかも……。

いや、あのね、私、痛いの苦手なのね。ツライのも嫌いね。ストレスは天敵なのね。おかげさまで、アレルギー含め、持病が一切ないのですけどね。

ついでにいえば、生理痛の時はしんどかったらすぐ寝るし、インフルなんかも気功で1日休んで治しちゃうのね。だから、薬飲みながら頑張る、的なこと、ほとんどしたことないの(歯医者の予約待ちで鎮痛剤使用くらいです)。

 

さすが、一回休みの人生だ!

楽してんなー。楽させてもらってるなー。って、しみじみ感謝しました。いや、二十代で気功が使い物になるまでは、かなり(自分比)しんどかったけどさ!

ありがとう気功! というか、気功をやろうと思った15歳の自分、ナイス判断! 過去の自分にも、感謝しておこう。過去の自分、すごい慧眼だったわ。今の私より、賢いわ。

 

と、思わずいいたくなるレベルで、他の人って、体痛いの我慢して、薬飲んだり病院行ったりして、仕事してるんですね……と、気功に関わるやりとりで、わかった。

とりあえず、さすがに頑張らなさすぎだろうと反省したので、もうちょっとこう、頑張ってもいいかも? って思いました。

頑張ってる人に、申し訳ないレベルで、ノーストレス! 健康です(デブなのに、数値も健康だしのう……)。

 

さて、がんばらない私ですが、姉と次回の聖地巡礼はどこにするか、相談する。

姉は「大甕神社!」で私は「鹿島神宮!」です。まあ、どっちもいずれ行くので、それはいいとする。

そういえば、鹿島神宮のHP見てて不思議に思ったこと。

 

なんで、最初の鹿島神宮である跡宮の扱いが悪いんだろう?

いや、地図でざっくり地形を見ただけだけど、風水的にいい場所って、跡宮の方じゃないかなーって思った。水場の問題かなあ……。

これって、熊野の神倉神社の方が速玉大社より土地の力は強かったり、熊野本宮より跡地の大斎原の方が土地の力が強かったりするのと、同じなのかなぁ?

そして私は、ふらふらとそっちに行って、まあなんですか。ここでは言えない話になります。

まあ、私、ずれてるから……。私にとっていい神社、いい場所っていうのは、私がつながりやすいかどうかで決まるし。つながれなかったらどんなにすごくても「???」なんですよね。

 

あと、古代の鹿島=香島にいた人々が、ヤマトタケルの捕虜になって、伊勢の神宮(当時は遷移中だったから、今の伊雑宮にいた頃だったような……。ウロ覚え)に連れて行かれて、倭姫に「煩い」って避けられて、その後西国に行って、佐伯氏になったそうな。

佐伯氏といえば空海なので、空海のルーツはここなのか。そういや、藤原鎌足もここ出身ね、とか、色々とこう、調べれば調べるほど、感慨深いです。

そして、鹿島神宮の跡宮について調べてたら、鹿島神宮って、物忌という高位の巫女が跡宮の地に住んで、男子禁制で鹿島神に仕えるというシステムらしい。お仕えの期間は、死ぬまでだそうです(ちょっと、沖縄のノロを思い出した)。

んー。どっかで聞いたシステムですね……。ちなみに、鹿島神宮の創建は、初代の神武天皇の時

初代伊勢の斎宮、倭姫は十一代目の垂仁天皇の娘です(天照大神を宮中内で祀ったのは、第十代崇神天皇の時からですね)。

 

あれ? もしかして、伊勢の斎宮システムって、鹿島神宮のパクリ?(というか、天皇家が渡来系だとしたら、日本の土地神の気に入るやり方を知らなかったと思うから、どこかに教えてもらう以外にないと思うので、それをそうしたのなら、それは正しいことだと思います)

そんでもって、鹿島が香取とふたつシステムだから、何かの安定のため、わざわざあとになって外宮を作ったとか?(外宮が出来たのは、天武の時代。でも、最初は崇神天皇が天照大神と倭大国魂神を宮中内に祀ろうとしたけど失敗したのだなぁ……。二神システムの方が安定には、有効なのかな??? でも、東国三社っていうくらいだから、本当は三社システムが一番いいのかな?? わっかんないなー。とはいえ、BC4500年くらいの時代、世界で最初に宗教を作ったと思われる、現イランやインドあたりの人達は父と母と子っていうシステムだったから、三社システムが、一番古いのかもしれない。三って数字が聖なる数字というか……ぶっちゃけ、右と左と真ん中があって(上と下と真ん中でもいいです)、中庸が一番、人間の生活には有益って思想なんじゃないのーと、シンプルに思う、仏教は中観スキーの鹿能です)

参考元だから、神宮の名を冠した、とか?

 

とか、妄想が、みなぎっております。

とりあえず、鹿島に行くなら、跡宮にも行きますともさ!(あと、大生神社が本宮という伝承もあるので、そこも行きたいなぁ……) 

 

あ、三角っていうのは、最小限の結界が貼れますね。各頂点をつないだエリアは、人の住むエリア……って考え方。結界としては円が一番優れてるんだけど、まあ、それはそれとして。

山の中に行くとね、古代……縄文の人は、見わたす限りこういう環境で、それでも生きていかなきゃいけなくて、そうだったら、神社とか道祖神的ななにかを置いて「ここからここまでに住まわせてください」ってお願いするしかないよなーって思う。すごく。

 

あと、山ってね、いろんなエネルギーがあるのね。

それがね、わー、すごいなーって思う。だから、私は山が好きなのです。海も好きよ! 埼玉県民の例に漏れず、海を見ると大興奮しますともさ!!

自然は厳しいけどねー。でも、私は、優しい面ばっかり見えちゃうなぁ。なんでだろうなぁ。熊野本宮なんて、行くたびに記録的な豪雨に遭ってズブ濡れになってますけど、でも、熊野本宮、好きです。

そんなかんじでー。がんばれないけど、ちょっとがんばって仕事しまーす。絶好調!