キーワード広告の世界
2児の母
 



AdMissonというのは
日本広告業協会が中心となって運用を行っている
メディア入稿システムのことです。

以前は地上アナログ放送がCMフィルムの出稿先でしたが、
最近は
・地上デジタル放送
・衛星デジタル放送
・インターネット放送
・サーバ型放送
と出稿先メディアが花盛り。

それぞれ必要な使用条件が異なっているので、
それらを事前にチェックできるようにしようと、
業界団体がよってたかって作り上げたシステムです。

CMにはとてもたくさんの使用条件、許諾情報が
メタデータとしてくっついています。

主なところだけでも
・広告主名
・広告商品名
・タイトル名
・使用地域制限
・配信方法制限
・使用期限
・フォーマット
・ビットレート
・画素数
などなど。

楽曲を使う場合はJASRACにお金を払う必要のある曲かどうか、
というところまでチェックします。

GyaOもこのシステムから出稿させる形になっていて
AdMissonに日本中の広告データが集まってきます。

Googleのビデオ広告もAdMissionを経由したデータが
出稿される事になるのでしょうか?

うまく使用地域制限や配信方法制限をクリアしないと
いわゆるTVCMなどを打っている広告主のCMは
なかなかGoogleのビデオ広告に流れてこないと思います。

心配なのは
Googleのビデオ広告に広告代理店(AdMission)を経由しない広告が
出稿されそうな点。

Googleの審査はJASRAC情報まで
チェックしたりするのかしらん。

AdMissionを経由しないことによって
権利情報などを無視した広告の氾濫する
無法地帯にならなければよいのですが…。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )



« ブランド名の... 日本語版AdWor... »
 
コメント
 
 
 
AdMission必要? (gonta)
2006-05-31 08:28:42
http://googlejapan.blogspot.com/

に「動画広告」=「TVCM」じゃないと書いてあるので心配する必要ないのではないかしらん。



少なくともうちの会社ではAdMissionへの不満のほうが多いです。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。