少しでも長く

夫のがんに、子育てに、右往左往しています。

手術後の食事のタイミング

2017-05-15 13:25:09 | ☆自宅での取り組み
抗がん剤1.2→手術→抗がん剤4.5とした後の食事のタイミングについて

胃を取って最初の頃、本当にすぐにお腹がいっぱいになってしまいます。

その上、夫には途中で詰まるような感じがあって、飲み物や汁物と一緒が必須でした。

最初、コーンフレーク牛乳蜂蜜かけや、卵粥、小田巻(うどん入り茶碗蒸し)、ポタージュスープにショートパスタ入りなどの一皿ものから開始。

少しでも空腹を感じたらまた食べる、を繰り返しました。

でも食べる度にお通じが何度も出たりすると、もうそれだけで疲れてしまい、ひたすらミルクティーとクラッカーを齧るだけの時もありました。

もう何回とかではなく、食べられるだけ度々食べる生活でした。

そして手術半年後ぐらい、お魚食の時、初めて就寝中に逆流し嘔吐、大惨事になりました。(それまで食後に吐く事はありましたが、就寝中はありませんでした。)
その後も度々就寝中の逆流は起こり、鼻は痛いわ、嘔吐でお腹はヒクヒク痛むわで、夕飯を16時に食べて20時半に寝るようになりました。

そうなると6回食など無理で、頑張って4回食程度でした。
朝5時に1人で食べて、8時に家族と朝ごはんをつまんで、11時にランチ、16時に夕飯です。

手術後1年間で、二回だけ夫婦二人で夜中におやつを食べたことがあります。嬉しかったので良く覚えています。
23時頃夫が寝室から降りてきて、家事をしていた私にコーヒーを入れてくれて二人でケーキを食べました。
そして私は0時に休みましたが、夫は2時頃まで座っていて、それから横になったようでした。

ベッドサイドの明かりが点いていて、消し忘れかと覗くと、身体を起こしベッドの背に、もたれかかって本を読んでる夫でした。
時々、その姿勢で寝息が聞こえる事もあり手術後のあまりの不便さに、夫を不憫に思ったりしましたが、本人は淡々と飄々としていました。
元々愚痴の少ない人で、「自分の抱える問題」を聞かなければ話さない人です。
私だったら毎日、ヒーヒー、ピーピー言うだろうなと思うので、聞き役としても長生きしてもらいたいなぁ(笑)

手術後半年たってから、夜中に逆流するようになったことを、「胃の圧が高まるようになったのでしょう」的な説明を受けました。
今ひとつ???ですが‥‥

手術後に抗がん剤をやらなければ、逆流はもっと早くに起こったのかな?

その頃、1回の食事でほぼ普通の量を食べていたので、食べ過ぎも原因だったのかな?

などと疑問も残りますが、
上体を起こしていれば逆流は起きない(上体を起こしていても寝入ると起こる時がある、とも夫は言っています)傾向なので、手術後1年4ヶ月経った今も、早めの夕飯、せめて2時間は待ってから横になる生活です。
帰りが遅くなった時は食べずに寝て、起きてから食べてます。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手術後のタンパク質 | トップ | 退院したら »

コメントを投稿