Kannaishizu.blog

イ キ カ タ ノ チ ガ ウ イ ノ チ ノ ツ ナ ガ リ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Sakura fair

2012-03-29 | Weblog
少し遅くなってしまいましたが、広報します。

昨年壁画を描かせて頂いたイタリアンレストラン「Posto Felice」にて
3月初めから4月の中旬まで桜フェアをやっとります。

店内には本物の桜の木。
料理も春の食材がわんさかの鮮やかメニューです。

そんな桜フェアのお手伝いで、
私も2階の横7メートル程の大黒板にチョークアートを描くことになり、
どうしようかなー・・と空想し妄想し、

FIRENZEの街に桜を咲かせることにしました。




だいぶ昔FIRENZEに数ヶ月間暮らしていたのですが、
街を離れる時、ある人にこんなお別れの言葉をもらいました。

「この街は、ある時点で進化ではなく歴史を選んだんだよ。
 だから貴方がおばあちゃんになって戻ってきても何ひとつ変わってないからね。」

その人の言う通り、FIRENZEは自分の家ですら外壁ひと欠片直すのに国の許可が要ります。
時を止めたので、何百年前に誰かが見た同じ景色を今も見る事が出来ます。

それを素敵と思う心とどうかなと思う心、ふたつ抱えてこの街を好きになりました。

そんなFIRENZEに桜が咲くことはありえないから、
行った事がある人は、違和感がある不思議な感覚になる(かもしれない)。
でもFIRENZEに桜って、私はとても似合うと思うので
行った事のない人には幻想的な街に見える(かもしれない)。


そんな風に映ればいいなと思いつつ、描きました。
もちろん人それぞれ映り方は違うので、ぜひ感想を聞かせてください。








あ。あと4月から‘PostoFelice ジェラート専門店’が自由が丘にオープンしますよー。
これからジェラートの季節!私のおすすめはピスタチオです。
詳細はこちらから→ Posto Felice BLOG



Comments (7)

at Fukushima

2012-03-22 | Weblog

旅行記です。


私の中で10代の頃から「誕生日は違う土地へ行く」という勝手なルールがあって、
大人になるにつれ当日は難しくなりましたが、今年は福島へ行きました。


目的は8000万年の歳月をかけて創られた、鍾乳洞。


本当はずっと気になってた諸橋美術館にも行く予定でしたが、直前に冬期休業中が発覚。
「3月って春ではないの?」とぼやきつつ、少しご不満な誕生日の夜の出発。


でも到着すると納得。

まだ玄関口の駅なのに、一面白銀の世界。
これから更に山奥へ行く私は、「甘く見てごめんなさい。」と反省し、
いそいそと防水ブーツを買いました。








鍾乳洞は、原発立入禁止区域のボーダーギリギリにありました。

のにもかかわらず、震災後1ヶ月半で入場を再開した、肝の座った洞窟。
でもやっぱり震災後のお客さんは皆無に近いらしく、
タクシーの運ちゃんにも稀な観光客だと言われました。



魔の巣窟(右の小さな白い柵が人のいる所)



気持ち悪くて素敵。




ついしてしまう影遊び(ずんどう注意)





片田舎に突然時空を切ったように現れる異次元な世界。
秘境好きの方におすすめです。「あぶくま洞





それと、今回のもうひとつの目的。




原発立入禁止区域内に取り残された動物の世話をしたり、
被災し、行き場を無くしたペット達を保護している施設です。

突然訪ねた私を温かく迎えてくれて、
「毎日警察と追いかけっこでね、お陰で車の運転が上手くなったよ。」
「放射能?もう浴び放題よ。」などと、他にも公表できないような笑えない話を、
フラットに穏やかに話しているのを見て、芯のある人達だなと感じました。

(詳しい活動はこちら にゃんだガード@福島


*今回この施設に、昨年Cafe&barSmileEarthで展示した売上げとその他お預かりした支援金全てをお渡ししました。作品をご購入頂いた皆様、大変遅くなりましたが報告致します。




私利私欲だらけの旅でしたが、やっぱり「自分で見る」って一番シンプルですね。
現地の人とも沢山話せて、自分の尺度を持ってお付き合いをしていきたいと思いました。

Comments (4)