Kannaishizu.blog

イ キ カ タ ノ チ ガ ウ イ ノ チ ノ ツ ナ ガ リ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

IVENT:アースガーデン秋

2009-10-20 | Weblog

恒例のアースガーデン出展します☆

Data:2009/10/24(sat)・25(sun) 10:00~17:00
At:代々木公園(JR渋谷駅徒歩7分/JR原宿駅徒歩3分/千代田線明治神宮前駅徒歩3分)
Booth:ENIMAL&SMILE EARTH PROJECT(クラフトエリア内)
URL:http://www.earth-garden.jp/eg/

今回はエニマルと、スマイルアースプロジェクトも一緒に出展!
[http://smile-earth.com]
旅、地球、動物、自然、人間と戯れたい方、散歩がてら遊びにきーてね!
Comments (2)

24の質問。

2009-10-15 | Weblog



24の質問に出会いました。

その日は根岸森林公園にイベントを見に行き、秋晴れの中ポイの練習をして、
元々財務省があったという趣のある建物の「ZAIM CAFE」へ連れていってもらい、
ビリヤードに弄ばれ、ライブペインティングを見ながら珈琲を飲みました。

こう書くとなんだか素敵だけど、
あたしのビリヤードはひどいものでした。

そのあと、オクトーバーフェストっていうドイツ祭に行くことになって、
会場の赤れんが倉庫へ向かう途中、偶然立ち寄った「象の鼻テラス」。

そのギャラリーはガラス張りで、横浜の景色と一体になっていて、
ガラスには、谷川俊太郎さんからの24の質問が一面に描かれてました。



〔谷川俊太郎 24の質問〕

Q 1.「この風景にひそんでいるあなたの過去はどんな過去ですか?」

Q 2.「この風景の中で三百年後に残るものは何だと思いますか。」

Q 3.「あなたの横にいるヒトに話しかけるとしたら、それはどんな言葉ですか?」

Q 4.「ロッテルダムの海はここの海とどんな風に違うと思いますか?」

Q 5.「ケープタウンという地名からどんなイメージが浮かびますか?」

Q 6.「たったいま、あなたは三歳の子供と百三歳の老人どちらになってみたいですか?」

Q 7.「この風景の前で、あなたが大切にしているものを三つ思い出して下さい。」

Q 8.「いまこの場所にはどんな匂いがふさわしいと思いますか?」

Q 9.「横浜という街に必要だと思う言葉はどんな言葉ですか?」

Q.10「この風景の中に何か詩的なものを見つけましたか?」

Q11.「ここから船出するとしたら、どんな船でどこへ行きたいですか?」

Q12.「いま心の中に〈水平線の彼方〉に憧れる感情がありますか?」

Q13.「いまから三億年前のここはどんな所だったと思いますか?」

Q14.「いまここで歌いたい歌はどんな歌ですか?」

Q15.「もし無限の富をもっているしたら、ここをどう変えますか?」

Q16.「彫刻の象〈ペリー〉の隣に本物の象がいるべきだと思いますか?」

Q17.「眼をつむってみて下さい。何が見えますか?」

Q18.「ここの絵を描くとしたらどこをどんな構図で描きますか?」

Q19.「いまここであなたが質問するとしたら、誰にどんな質問をしますか?」

Q.20「この場所と月はどんな関係にあると思いますか?」

Q21. 「もし落書きが許されるとしたら、ここにどんな落書きをしますか?」

Q22.「今日のあなたは昨日のあなたとどこが違っていますか?」

Q23.「いまここに何か足りないものがありますか?」

Q24.「港という場所のどんな所が好きですか?」


え?なになに??ってなっちゃう質問ばかり。
それに答えのない質問は困っちゃうし疲れちゃうよ?
なんてそんな言葉とはうらはらに、
あたしはわくわくしながら自分の答えを探してました。
そしていつの間にか、頭で考えるんじゃなく想像の世界に変わってました。
・・・谷川さん。そゆこと?

横浜の景色と質問が一枚の絵になった状態の、あの空間は素敵。
けど、きっと今居る場所で置き換えても面白い。
よかったら、やってみてね


「スペクタクル展」http://www.zounohana.com/event/post_6.html
[ZAIM CAFE]http://www.zaimcafe.com/
[Octoberfest]http://www.yokohama-akarenga.jp/oktoberfest2009/index.html
Comments (4)

ナマステ☆インディア

2009-10-02 | Weblog
インド祭行ってきましたー

東京中のインド人が代々木公園にいた気がする。。。
そんなお祭りで、旅人数十人で大宴会!
いろんな人といろんなお話しをしました。

インド人が頭いいこと再確認したり、
年の功の人の話ではっとしたり、
いつもの友達と意外と初めて深く話したり、
言葉じゃないものを写真から感じたり、
科学と哲学のつながりの話を聞いたり、
旅の珍話で涙が出るほど笑ったり。

みんなゆるさの中に軸がある。
好き勝手だけど、優しい。
いろんな感情や経験を詰めた笑顔って、泣き顔より胸を打ったりするのね。

素敵なお友達がまた、たくさんできちゃいました。

昔、兄から言われた
「強くなければ生きてはいけない。優しくなければ生きる資格がない。」
って言葉をなんか思い出したよ。

あ。あとあたし、大特訓を受け、ポイの虜にナリマシタ!
ポイ部つくろー☆




〔ウィキペディアより〕
ポイ (ジャグリング)
ポイは、ジャグリングの道具の一。紐の片側の先に玉がついていて両手に
ひとつずつ持って回す。もとはニュージーランドの先住民、マオリ族の儀式
に使用されていたものである。それがいつしかパーティ・シーンに登場し徐
々に広まっていった。元々オーストラリアのバイロンベイでさかんに行われて
いた。そしてワーキングホリデー・ビザなどを使いオーストラリアを長期旅行
する若者により日本に輸入されたものだと思われる。

↓youtube
http://www.youtube.com/watch?v=RFGaSO2MyKo&feature=related


Comments (6)