英才教育をひざの上で    ~新米ママの実践偏~

平凡な専業主婦の私が、
家庭で楽しい英才教育を始めました!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

母子沖縄旅行 その後

2013年03月16日 | 日記
さてさて、母子沖縄旅行のその後ですが、、、

なにぶん4歳児との旅行なもんで、相変わらず計画は無し。
お土産も買わないつもりでしたし、ハードな計画もNGだと思っていました。
夜、息子ちゃんが寝た後に次の日の計画をベッドで考えて寝る、といった具合でした。




で、どうしても行きたかったところは1箇所。
沖縄宇宙通信所です。
日本の一番西にあるJAXA~!






観光客も誰一人いなくて貸し切り状態だったけど、息子ちゃんが一番興味のあるところだけに、ここでしか見られないものも観れて大満足でした。


その他、美ら海水族館。





そして何よりも、3日目にお会いした会いたくて仕方なかった人!
かーかーちゃんと、まなりんさんと合流!

かーかーちゃんは想像していたよりも可愛い~!そして、少し話しただけで頭の回転の速い人だな~って感心しました。
息子さんのいっくんもとっても可愛くって!やっぱりかーかーちゃんが真心込めて子育てしてるだけある、2歳児とは思えない指先の器用さでした。
恥ずかしがりやだと聞いていたのに、こんな短時間で「だっこ!」って私に言ってくれて嬉しかった~。また会いたいよ~、いっくん~。(かーかーちゃんも。笑)
旦那さんもとってもおおらかで優しそうで、似たもの夫婦、ほんわか家族にすっかり癒されました。

その後、かーかーちゃん一家とお別れして、まなりんさん宅へ。
まなりんさんは、想像通り、細かなところまで気を使ってくださって、スッピンの肌もピカピカだし、面白いし、やっぱり憧れの方でした~。
なんといっても素晴らしいお宅にビックリ。家具や絵、何一つとっても思い入れがあり、オシャレでいてくつろげる、そんな素敵なお家でした。
も一つ驚いたのが息子さん。専門知識が深すぎて話しについていけず。。。「も、もう一度言ってもらってもいい?」ってことが何度もあり、大人顔負けのしっかり屋さんでした。息子さんに寄り添って子育てをしてきたまなりんさんの愛を目の当たりにしたって感じで、息子さんを見ているだけでいい刺激になりました。

それから、翌朝もバタバタとしていたので何一つお手伝いできず…。(まなりんさん、ごめんなさい~。また是非お伺いさせてください~。)


そして、
ホエールウオッチング、海中道路、首里城、と最終日も満喫してケーキを買って帰り、息子ちゃんと二人で最終日の晩餐。
「楽しかった沖縄にカンパイ!」と、フォークがないのでガブリと美味しいケーキをいただきました。

翌朝ホテルの部屋を出る扉の前で、「〇〇くん、沖縄旅行、本当に楽しかったね。お父さんが居ない分、たくさん頑張ってくれてありがとう!この旅行のこと忘れないでね!」と、ギューっと抱き合って、狭いけどたくさんの思い出の発信源の愛着のある部屋を出ました。




後もう一つ、この旅の最後の目的、
行きの飛行機では寝てしまったので出来ませんでしたが、帰りの飛行機では出来ました。



機長さんと副機長さん。
客室乗務員の方に予めお願いしてお会いすることができました。
「遠いところから安全に運転してくださってありがとうございました!」と、息子ちゃんの言葉ではっきりと伝えられて息子ちゃんも嬉しそう。「僕達の仲間になりましょう!」といってもらえてもっと嬉しそうでした。




この旅を振り返って、やっぱり一番初めに思うのが、
《たくさんの方に助けていただいた旅。》でした。

行きの空港まで送ってくれた父さんの愛に始まって、帰りの空港まで迎えに来てくれた父さんの愛で終わった旅。

飛行機で話しかけてくれたおばちゃん、
いつもホテルの朝食で仲良く話してくださった方、
私が車の荷物を入れ替えている時に、何も言わないのに息子ちゃんと遊んでくださっていたホテルの方、
息子ちゃんと二人で食事をしているとき話しかけてきてくださった方々、、、
息子ちゃんにおやつをくれた方々、笑
公園で遊んだお父さんと娘ちゃん、
かーかーちゃん一家とまなりんさんと息子さん、
優しい機長さんと副機長さん、、、


本当に本当に、たくさんの愛をありがとうございました!
感謝の気持ちでいっぱいです。

癖になってまた二人旅、したくなりそうです~。うふ。



母子沖縄旅行記、おしまい~。
ここまで読んでくださってありがとうございました!

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村






コメント (2)

母子沖縄旅行記 1

2013年03月02日 | チル大お知らせ
こんにちは~!
いつも訪問ありがとうございます!

さて、2月20日~25日で沖縄旅行に行ってきたので、その報告を兼ねて旅行日記みたいなのを残させていただこうと思います。

昨年末より呆然と「沖縄に行きたいな~。」って思っていて。
なぜなら息子ちゃんが今年の4月から幼稚園に通うようになると、なかなか平日に長い旅行も行けなくなるから何か記憶に残る思い出を作りたいと思っていたのです。

父さんは残念ながら仕事の都合がつかなかったので、思い切って私と息子ちゃん、二人だけの旅になりました。
このことを快く承諾してくれた懐深い父さんに感謝です。

そして、沖縄在住のチル大の先輩ママ、まなりんさんにも連絡をさせていただいて、その旨を伝えておきました。
偶然、チル大仲間のかーかーちゃんも同時期に家族で沖縄旅行に行くかもしれないという情報を得て、直前になって日程を合わせてバタバタと行ってまいりました。

母子旅行だったので、計画をちゃんと立てていくとイライラしてしてしまいそうなので、のんびりと息子ちゃんのペースに合わせて楽しめたらいいな~と思い、特に下調べをせずに(←後で考えるとある意味すごい。)出発の日を迎えました。




出発の日。羽田を11時出発だったので早起きをして車で空港まで父さんに連れて行ってもらいました。
母子旅行なんて初めてだから搭乗ゲートを入って遠くに小さく見える父さんにバイバイをするとドキドキ緊張~。

でも、いろんな人に優しく声を掛けていただいて、なんだか心に余裕もでてきました。

飛行機では幸運なことに窓際席を用意していただけて息子ちゃん大喜び。
イヤホンで音楽を聴いたり、色んなボタンを押して確認作業がしばらく続きました。



ちょうど左翼のところの席だったので、気流とかで微妙に揺れる翼をみて、「緊急事態発生、緊急事態発生!翼が折れそうです!」と大きな声で言い出したのにはちょっとヒヤッとしましたが(笑)、無事沖縄に到着!

今回は、航空券+同じホテルの連泊(朝食付き)+レンタカーの格安パックのだったので、さっそくレンタカーでホテルまで。
初めて乗る車を私が運転するので息子ちゃん的には不安に思えたのか、「お母さん、この車運転できるの?なんで?大丈夫?」と運転中質問攻めに。(汗)この人、こんなに心配性だったのかしら。

そして、何か力をつける物を食べに行こう!と、偶然ホテルの近くにジャッキーステーキハウスがあったので歩いていきました。



そこで「この沖縄旅行、フルパワーで楽しもうぜ~!」と、水で乾杯をし腹一杯ステーキを食べました。
途中父さんの話をしながら食べていると、息子ちゃんに「お父さんと〇〇くん、どっちが好き?」と言われ、「申し訳ないけどお父さんかな~。だってお父さんは優しくて力持ちだし、かっこいいし~。」と言うと何故だかとっても嬉しそうな息子ちゃん。それからご飯をモリモリ食べ始め、帰りに買った水も持ってくれ、寝る前に私にトントンしながら子守唄を歌ってくれました。
頑張り屋の息子ちゃん、心も随分成長したな~としみじみ。お父さんが居ない分、自分がお父さん役をしてお母さんを守らないと!と思っている様子でした。(注:普段父さんに子守唄を歌ってトントンされたことはありません。笑)

どうなることやら、この母子旅行。
その日は早めに就寝。朝の朝食が楽しみだな~と、腹いっぱいにも関わらず朝食を楽しみにして寝る私でした。


それでは続きはまた今度~。



ありがとうございます!
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村
コメント