英才教育をひざの上で    ~新米ママの実践偏~

平凡な専業主婦の私が、
家庭で楽しい英才教育を始めました!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マザーグース19 : Bah, bah, black sheep♪

2012年09月08日 | vol,41~60*(MG13~25)

vol,51



すっかりご無沙汰してしまいました。
休み中もこのブログを訪問してくださったみなさま、本当にありがとうございます。



帰省後、体調が優れず気のせいだと思うようにしていたのですが我慢が出来ず病院へ行ったところ、採血で甲状腺の数値の異常を医師から告げられました。動悸や心臓の痛みはみなさんもお気をつけて。
少しずつ痛みも落ち着いてきているので、様子を見ながらブログも更新していきたいと思います。宜しくお願いします~。

今までの体に溜まったストレスが今年になって爆発しているようです。自分と家族の健康を見つめなおすいい機会かもしれませんね。




そして、最近の息子ちゃんはというと…



もうっ。何度言ってもパンツを前後ろ逆に穿く息子ちゃん。ハミケツしてんじゃん!笑
言えば言うほどそうしてしまう3歳真っ只中でございます。。。








そんなことはさておき、
さて、本日の学びです。

3才8ヶ月の息子ちゃんが『泣く』ときは、

●ダダをこねて泣くことが一番多いです。(大半は怒られて)
ご飯を食べる前にバナナを食べたくなったり、眠くて理不尽なことを言っていたり、外出先で色々と親の都合で我慢をしなくてはいけない時 etc...

●怪我をして泣くのが次に多いかな。男の人ですから。

今のところ、悔しくてシクシク泣いたり、思い出してなくようなことはありません。
そして、MG19のプリントを見て「何で泣いてるんだろう?」と聞いてみると「わからなーい。」
そう、最近の息子ちゃんは質問をするとほとんど「わからなーい。」と応えてしまう、分からない星人になっているようです。
なので。図書館で借りてきた本を読み聞かせすることにしました。






ゆうれいとなきむし [大型本]
くろだ かおる (著), せな けいこ (イラスト)
やはり虫歯は歯医者さんで治してもらうのが一番です。それがイヤなら、毎日ちゃんと歯磨きすることです!息子ちゃんは少し怖かったのか、リピ読みはしませんでした。



ティップトップとゾウ―これはティップトップとなきむしのゾウのおはなし [大型本]
マーカス・スパング(著), ダニエル・ナップ (イラスト), イシグロ ケン (翻訳)
ゾウがオシャレになりたくてないてる~。ティップトップにオシャレにしてもらったけど、クジャクはしらんぷり。クジャクって好きな相手に羽を広げるってのを分かっていると面白いです。息子ちゃんは一応説明はしたけど分かっているのか謎でした。気に入って何度か読みました。


どうしてかなしいの?・どこにいるの? [大型本]
マイケル グレイニエツ(著), Michael Grejniec (原著), ほその あやこ (翻訳)
この絵本は変わっていて、表紙からも裏表紙からも読むタイプの本です。ぬいぐるみを失くした女の子の気持ちと、ぬいぐるみを拾った男の子の気持ちが分かり易く描かれていて、息子ちゃんも何度も読みました。


ラクダのなみだ―モンゴルに伝わるいのちの物語 [大型本]
宮田 修(著), タブハイン スフバートル (イラスト), Tavhain Sukhbaatar (原著)
ラクダは優しいから時に涙を流すみたいですね。母親と離れた子ラクダ。新しいお母さんラクダと打ち解けた時、読んでるほうも涙が出そうになります。息子ちゃんは、「ラクダって泣くんだねぇ。」とボソッといっていました。



なんだかかなしい (児童図書館・絵本の部屋―心のなやみにこたえます) [単行本]
ブライアン モーセズ (著), マイク ゴードン (イラスト), Brian Moses (原著), Mike Gordon (原著), たなか まや (翻訳)
なんだか悲しい、誰でもそんな時はある!楽しいこと考えて乗り越えよう。そんな風な内容です。息子ちゃんも何となく感じ取ったような表情でした。



かえるくんはかなしい [大型本]
マックス ベルジュイス (著), Max Velthuijs (原著), 清水 奈緒子 (翻訳)
元気の無いカエルくんにどうにか元気を出して欲しくて、友達が頑張ります。そっとしておくのも友情ですね。
息子ちゃんとは、「〇〇くんだったら、歌を歌ってあげる~!」とか、「ケーキを焼いてあげる~。」とか、言って具体策をあげてもらって一緒に考えてみました。



なきむしぞうきんのまき (ゆかいなさんにんきょうだい) [単行本]
たかどの ほうこ (著)
3兄弟が知恵を振り絞って考える楽しいシリーズ本です。物にも心がある。大切にするために色んなグッドアイデアを思いつくまま話しました。



最近ますます話すことが上達してきて、いろんなことについて議論をするのが面白くなってきました。
一人の人間として未来に羽ばたく練習をしているのだと、たのもしく思えます。
母さんは、家族が心身ともに健康でいられるようにより一層頑張らなくてはいけませんね。





ウル覚えすぎる~!笑




ありがとうございます!
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村


コメント (10)