英才教育をひざの上で    ~新米ママの実践偏~

平凡な専業主婦の私が、
家庭で楽しい英才教育を始めました!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

賢く育てるにはスピリチュアル!

2012年04月28日 | チル大*アウトプット*基礎偏
vol, 16 賢い子はスピリチュアルに育てる②



わたしは息子ちゃんが赤ちゃんの頃からこんな歌を歌っていました。

「ここは~おじいちゃんに似たところ~♪
ここは~おばあちゃんに似たところ~♪
ここは~ちゃん(義父)に似たところ~♪
ここは~あーちゃん(義母)に似たところ~♪
ここは~お父さんに似たところ~♪
ここは~お母さんに似たところ~♪」



息子ちゃんの顔のパーツや、手や足や身体を触りながら、

似てないパーツも似ているパーツも、どこでもかしこでも。

そうすることによって、自分は大好きなみんなと繋がっている。と言うコトが

自然と分かるのではないかな。と思ってきました。



単なるわらべ歌かと思っていたら、

このvol, 16 のホームワークで、このことかしら。。。と、

頭にフッと浮かんできたのです。





私は宗教は持っていません。

私の育った環境も、父さんの育った環境も無宗教なので、

それが普通だと思っていました。

なので精神的なことは私から息子ちゃんに教えてあげなくちゃいけない!

そのことに気づかされました。

スピリチュアルって今までピンとこなかったけど、

すっごく大事なことなんですね!





私は父方の祖父母とは殆んど面識がなく、私の父も私が23歳の時に亡くなったので、

父方の祖父母の話を聞くことはもうできません。


母方の祖父母は、私が小学校の低学年のころに亡くなりましたが、

遊びに行ったときの、あの優しさに包まれた居心地の良さと

断片的に覚えている心温まるエピソードはまだ色褪せることなく私の心に残っています。

今日の夜、私の故郷である岡山に帰省するので、いい機会なので祖父母の話を

母から根掘り葉掘り聞いてみようと思います。

そして息子ちゃんに昔話を話すように聞かせてあげたいです。









今日からいよいよ岡山です~。

広い田舎の大地でピクニックは一番の楽しみ♪

そこで、今回安いテントを購入。

リビングで広げたら、たためなくなった~。

広げるのは一瞬で広がるのに、何でたたむ時ってこんなに難しいのかしら。プンプン。

嬉しいのは息子ちゃんだけ。

何やら、ごっこ遊びが始まったようです。

















いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村
コメント

固定概念よ、さようなら。

2012年04月27日 | チル大*アウトプット*基礎偏
vol, 15 賢い子はスピリチュアルに育てる①





このvol, 15 を読んでいて、息子ちゃんの摩訶不思議なお話を思い出しました。



ある日お庭で遊んでいると、息子ちゃんが何かの種を手に大事そうに持って来て、

「お母さん、この種、おち○ちんの種だよ。」と言って、土に埋めていました。

私は内心、(なんだそりゃ。)と思いながら

「芽が出るといいね~。」と一言返して、そんなことすっかり忘れていました。

それから一週間ほどたった時のドライブ中に、

「ねぇ、お母さん、おち○ちんの芽、出たかなー。」

と突然言われ、全く記憶が吹っ飛んでいた私は、息子ちゃんが何の話をしているのか

思い出すのに時間がかかりました。

「そろそろ出る頃かな?」と返すと、

「今頃、おち○ちんの芽が出て、木になって、その木におち○ちんがなって、

そのおち○ちんからオシッコが出てるんじゃない~?」と言うのです。

私は面白すぎて運転しながらブーーーッとふき出してしまいました。

そして、

あ~、子供って本当に大人とは違う世界で生きているんだなと実感しました。




そしてこの前は、

「お母さん、○○くん、パイロットになる!」と言い出した息子ちゃん。

「いいじゃない~。どうしてパイロットになりたいと思ったの?」

「あのね、雲を取りたいの。

雲を取って食べたら、お腹の中で雨が降るかな~。」

何とも微笑ましい夢に愛おしくてたまらなくなりました。






…しかーし、

日常の多くはそんな甘っちょろい事ばかりではない~。。。汗

私は息子ちゃんが何かする毎にぎゃーぎゃー言ってしまいます。

「いつもこうしてるの、○○くんも分かってるよね~!」とか、

「何回も同じこと言わせないで。」とか。

小さな子供の目線が大人とは違うと分かっていても、

やっぱり、つい言ってしまう。。。

やだやだ。もう病気です。

一呼吸置いて、冷静に。そうするよう努力してみます。



子供と自分は全く違う人間で、親子だからと言って

考え方や見方は違う。一人の人間として尊重しよう。



道端に転がっている石を何個持って帰ろうが、

お絵かきで雲を緑に塗ろうが、ダンゴ虫を可愛いと言おうが、

一応否定はしてません~。

興味があることだから、そこから学びを増やせばいんですよね。







余談ですが、私も留学中にマサチューセッツのボストンでメイフラワー号の

モデルの船に乗船しました。

こんな船で本当に来航できたのかと思うくらい小ぶりな船で、

船内も狭かったのを覚えています。

海に浮かんだ船にしばらく気が付かなかったと言うお話も衝撃でした。



私が大人になり、母になり、子供ができてまたこの話に出会えて、

前回とは違った学びが出来たことに感謝しています。











さて、2日間シトシトと続いた雨。

2日目の今日は何をしようかと考えていたところ、

チル大アウトプット仲間のしのふるさんに刺激されて

絵の具の作業となりました。

先日、図書館で借りてきた『タンタンコロリン』にはまっている息子ちゃん。

「タンコロリン描く~。」と言うので、絵本を側においてあげました。



ん。どことなく似ているような気がする。

暫らくすると、「お母さーん、足がみどり色になったよ~♪」

急いで行って見ると、足の裏が真緑に。。。

「おっと。足の裏がみどり色になってますね~。…どうする?」

「拭く~。」

一件落着でございました。




















ポチッとクリックお願いします~。
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村




コメント (2)

絵本のようなホットケーキ

2012年04月26日 | おやつ作り

今日はちょっとチル大熟成期間として、チル大の学びはお休みです~。






おやつ作りが大好きな私は、よく息子ちゃんと一緒におやつを作ります。

よく作るのは、我が家の朝食にもなるホットケーキ。

(この前3歳児健診が終わったばかりなのに、保健センターの人に怒られそう。)

絵本の、『しろくまちゃんのほっとけーき』と同じ材料で作ります。

小麦粉、お砂糖、膨らし粉、塩、牛乳、卵



市販のホットケーキミックスを使うよりも膨らみが良いと思います。

それに市販の物だと膨らし粉にアルミニウムが入っているのがほとんどですが、

RUMFORDを使っているのでアルミフリーで安心です。





RUMFORDは、アウトレットモールにあるコーヒー店で売っていて、

なくなるといつも数缶買って、おやつ作りの好きなお友達のお家に遊びに行く時に

手作りおやつと共にお土産に持って行くと喜んでもらえます。



息子ちゃんは粉を混ぜるとき、必ず「だれかボールをおさえてて~。」と言います。

しろくまちゃんになりきっているらしい。

あの、私しか居ないんですが。と思いながら押さえています。



最近では、フライパンに生地を落とすのも集中してやっています。

一枚目が焼けると、食べるのに徹していますが。









もう直ぐGW!

我が家は私の故郷である岡山に帰省するので、息子ちゃんもソワソワしていて

毎日、「今日行く?」と聞かれます。

久々に会うおばあちゃんに、近所のお兄さんから習得した変顔を

見せてあげるらしい。。。













あれ、今日の記事ってチル大バナーでいいのかな~?ぷぷぷ~。

クリックよろしくお願いします~!
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村









コメント (4)

『直感と閃き』に必要なもの。

2012年04月24日 | チル大*アウトプット*基礎偏
vol, 14 直感と閃きの子育て③






「この子といる時は私の時間全てこの子のもの」

そう思って一緒に過ごしているのに、やっぱり思う家事のこと…。

そして夢中になると、生活習慣や家事がおろそかになる。

あー、わたしって本当に不器用~。

私が盛り上げたせいで息子ちゃんこんなに楽しそう~。もうお風呂の時間なのに~。とか、

違う遊びに発展していって収拾がつかなくなってグダグダになってしまったり。

その辺の折り合いが上手くいけばいいのですが。

まだまだ修行が足りませぬな。




ついでに、ホルモンバランスが悪いときとかに(←どんな時だよ…)

くよくよ悩んでしまうこと、発表します。




私はチル大に息子ちゃんが生後4,5ヶ月のときに入校しました。

なので、息子ちゃんが興味を示したことは全てやらせてきたつもりです。

もちろん、使い始めは私が隣にいて使い方をみっちり教えて。

ハサミやカッターナイフ、台付きのセロハンテープ等の危ないと言われる文房具や、

包丁も2歳前から使っています。

息子ちゃんの「やりたい!」に応えてきました。



ですが、3歳になった息子ちゃん、最近は益々「やりたい!」がヒートアップして

いつでもどこでも「あれやる、これやる!」と少し大変です。

今まで思う存分好き勝手やってきたので、そのセーブが難しくなってきました。

そろそろ話せば分かる年ではあるのですが、まだまだ時と場合を理解しづらいようで。



たとえば、

食事の用意をしている時に、彼は何かに夢中でいつもやるお味噌を溶く作業を

私がやってしまったとっします。すると、後になって「やる~。」と言い出し、

「もう終わったから、次にする時にお願いね。」と言っても「だめ~やる~。」

とダダをこねて泣き出したりします。


雨が降っているのに、「自転車する。」と言って聞かなかったり。



分かってもらおうと、私もゆっくり説明するのですが分かってくれることは少なく、

聞き分けの悪さは、本当にピカイチです。

そういう時は(面倒くさいのもあって)やりたいだけやらせてしまします。

雨が降っていても、「こんな雨の日に遊んでる人いないよ。」と言って、

息子ちゃんに「何回(自転車で)周ったら終われる?」と聞いて、

自分で決めた回数で終わってもらったり。



でも、たまに会う親戚に「もっと厳しく叱ればいいんだ。」的に言われたりして、

育て方を間違ったのかな。と深く落ち込んだり考えたりすることもしばしば。



なので、このvol,14 でマミ~の息子さんのDuganくんは小さい頃から

ほとんどダダをこねたことが無いというのを目にして衝撃を受けました。

それは、私の言っているダダをこねるのとはニュアンスが違うのかもしれませんが、

もっともっと、息子ちゃんの立場になったり、目線を落としたりして考えてあげなきゃなー。

って反省です。



まぁ、親戚にどう思われようが、味噌汁の味が濃くなろうが、雨に濡れて風邪ひこうが、

「死にゃしない。」と心で思って、息子ちゃんの「やりたい!」を受け入れてあげたい。

時間と心に余裕があれば、ですが。なるべくね。





まとまりが無いことをタラタラと書いてしましました。

読んでくださってありがとうございます。

きっと何ヶ月後かにこれを読んで、そんな時期もあったなーと思えるように、

一つ一つきちんと考えていこう。

後は、私の得意な「バカになる」こと。

変なことばかり考えて、父さんによく呆れられていますが。。。

明るく正直で単純なところが私のいいところ!

頑張れ!母さん!











さて、ホームワークですが。

英語の苦手な私にとって、『渇!』のフラッシュビデオはチンプンカンプンで…。

なんとなくカンでクリックし、次のページに進んで行き、

流れていく単語を読もうとしても直ぐ消えていって読めなくて。(涙)←アホ

結局最後のページで英文が止まったので、せめてそれだけでもと辞書を引きました。

『Zen can be experienced anywhere at anytime.

You will find time and occasion in your daily lives

to regulate your breathing and to meditate.』

ふむ~。

呼吸を規則正しくすることによって何時だって瞑想することができるってことかな。

定かじゃない。あはは。

とにかく、心の濁りをなるべくキレイにしていよう。

いつも呼吸を整えて、私の「直感と閃き」が磨かれるように。









文頭の写真は、昨日昼間に読んだ本『ふしぎなふえ』を

何回も読んでと言うので、体感させてあげよう♪と思い、

おもちゃのチャチャチャの音楽に合わせて、ハーモニカを吹いてもらいました。

音階はめちゃくちゃですが、ちゃんとチャチャチャのところで合わせちゃったりして、

面白い~。

私は「勝手に身体が踊りだす~。」とか言って、踊りながら昼食の支度をしていました。

あ~、楽しかった~。










ポチッとお願いします~
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村



































コメント (5)

意識を今に集中すると…

2012年04月23日 | チル大*アウトプット*基礎偏
vol, 13 直感と閃きの子育て②



何かをやりながら、心はどこかに行っている…

砂の入った私の心のコップの水は、濁りっぱなしじゃないか~。

落ち着け、落ち着け。

コップの底に砂が沈むまで。









息子ちゃんとご飯を食べてても

息子ちゃんとお風呂に入ってても

息子ちゃんを寝かしつけてても



ありゃりゃ。

気づいたらいつも過去に行ったり未来に行ったり。

自分の意識って余り気にすることなかったけど、

ほとんどどこかに行きっぱなし!



そんじゃ、ちょっと意識を今に集中してみよう。







なんだか、いつもの自分より子供目線な気がする。

時間を忘れて一緒に遊んでたり、作業したり。

集中してるからこそ、色んなアイデアも浮かんでくる。




意識を今に集中する。

これこそが、『直感と閃き』に繋がるんですね!





さ~、今日も気をつけて意識するぞ~!















ポチッとお願いします~。
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村























コメント

まるで魔法のような!?

2012年04月19日 | チル大*アウトプット*基礎偏
vol, 12 直感と閃(ひらめ)きの子育て①



子育てにおいて迷ったり、悩んだりした時どうしますか?

この回では、まるで魔法のような導き方を学びました。







私は理論的に考えるよりも、猪突猛進型。

いつも考えるより先に行動したり言葉を発してしまうので、

失敗することも多々ですが…



子育てに関していえば、感じたままに行動ですることは大切な事なんですね。

そのためには、固定概念やエゴやしがらみを取っ払って、

自然のままに直感で考えて行動しなきゃね。





…でもそれって、雑念の中で生きている大人にとっては意外と難しいかも。

目を閉じて心の自分と話さないといけないね。

心をそこに集中させ、自然な流れに身を任せる。



それにまつわるマミ~のお話も

とっても身に沁みました。



常にアンテナをはらなきゃ!と肩に力を入れてしまうのが母親です。

だけど逆に、リラックスしてた方が「直感」や「閃き」は

味方してくれるのかもしれませんね。










近くのお兄さんに原っぱで遊んでもらっている様子。











そして、ホームワーク。




私たち夫婦の子育てのビジョン(希望)とは、、、




昨晩、やっと父さんとじっくり話せる時間が持てたので

夫婦で子育てのビジョンについて話し合いました。



先ず、


優しい人になること。

これは、「人の気持ちになって相手を思いやること」につながり、

同時に、物を大事にすることでもあります。

そうすることによって、↓

友人がたくさんできる。

そして、↓

人と人との繋がりを大事にする人になって欲しい。



もう一つは、

何にでも興味を持つ人になって欲しい。

そして、↓

それについて深く学ぶ力持ち、挑戦し、努力する力や方法を身につけて欲しい。

そのためには、↓

感性豊かであって欲しい。



そして将来は、

自分の持って生まれた才能を理解し、それを開花できたらな。って思います。

そんなパワーを持っていれば、自然とそれがうまい具合に物事と回転し、

人の役に立つ、世の中の役に立つ人になっているのではないかと思うのです。








あ~、ホームワーク難しかった~。

でも、これを期に夫婦で話し合うことが習慣になるといいな。























ポチッとお願いします!
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村



コメント (2)

脳を鍛える方法。

2012年04月17日 | チル大*アウトプット*基礎偏
vol, 11 頭と身体は切り離して考えれない③





ひ~~~

マミ~が姑になった~。

ハイ、ごめんなさい…気をつけるよう努力します~。





といっても、私は野菜大好きで、近くの八百屋さんの常連でもあります。

ここは胸を張って、

「お母さん!わたしちゃんとやってますよ!」と言えるとこかな~。(←いつまでその設定なんだ)



今日も、グリーンピースが安かったので

さっそく息子ちゃんに手伝ってもらって、

美味しいお豆ご飯を炊きました!

旬な野菜を新鮮なうちにいただきまーす。










えっと、

ホームワーク。




私は、マミ~の鬼軍曹なところに憧れて(笑)

でも、まだ息子ちゃんが小さかった頃は出来なくて、

小5と小3の甥っ子たちで試してみたことがあります。

100mくらい離れた木を指差して、

「あの木にタッチして帰って来て!どっちが早いか、よーいドン!」

て言うと、本当に走って行ったのです。

しかも、ゼイゼイ言ってるのに負けたほうが「もう一回させて!」と言うのです。



いつもゲームばかりしてる子が楽しそうに身体を使っているところを見て、

「これは間違いない。」そう思いました。



息子ちゃんも3歳になり、ルールも理解できるようになってきたので

最近は、道路の白線の上を「そこから落ちたら下は深い海だぞ~」って言ってみたり、

(でもこれは「お母さん、ここは道路だよ。海じゃないと思う。」と冷静に言われた。)



公園で、長い線路を書いてそこを電車になった気分で走らせてみたり。

徐々に息子ちゃんと共に楽しめてきました。



一つ気づいたのは、公園とかで遊んでいるとき、

ベンチでじっと息子ちゃんが遊んでるのを見てるだけだったり、

相槌をうってるだけのときって、

「はい、時間だから帰りますよー。」と言ったら

必ず「まだ遊ぶ~。」と言われます。



時間が短くても私も一緒に遊んだときは、

気分良さそうにあっさり帰ってくれます。



きっと、マミ~が言うように、

他の事を考えず、今その時を集中するようにすれば、

子供の心も満足するんだろうなーと思います。







ま、

息子ちゃんに

「お母さん、早く帰ろ~。」

と言われるようになるのには、…まだまだ修行が必要ですが。















ポチッと、お願いします!
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村










コメント (2)

賢い子を育てるには…

2012年04月16日 | チル大*アウトプット*基礎偏
vol, 10 頭と身体は切り離して考えれない②


賢い子を育てるには…
最大のヒントがこのvol, 10 に書かれていました。





ウチの家は埼玉県にあります。

近くには、所沢航空記念公園稲荷山公園

彩の森入間公園など、無料で遊べる広ーい公園がいくつかあります。

そして何より、家から徒歩2分ほどで、林や森がある環境に住んでいます。

子育てするにはとても恵まれているのだと思います。

(だけど、うちの近くの森に入れるようになったのは最近のこと。

だって薄暗くて小さい息子ちゃんと二人はちょっぴり怖いのよー。)



今年に入って、父さんが森林を守る会みたいなサークル(←謎。)に入ったので、

週末は家族で近くの林に行き、枯れ木を運んだり、

シイタケ栽培のお手伝いをしたりして過ごしています。

自然の中に居ると、息子ちゃんもずいぶんたくましくなったなーって思います。





ウチの中や公園遊びのときは、もちろん私も一緒に遊びますが、

自然の中に居ると、一人で落ち葉や木の実を拾ったり、虫を捕まえたり。

私が一緒に居なくても、どんどん一人で夢中になって離れていきます。

「楽しんだろうなー。」と、そんな息子ちゃんの後姿を見ながら夫婦で会話しました。



この何もない自然の中で、自分で楽しいことを次々と発見する、へとへとになるまで遊べる、

そんなたくましい子供になってもらいたいですね。





















ポチッと一つ、お願いします~。
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村










コメント (4)

身体を使う大切さを身につける

2012年04月13日 | チル大*アウトプット*基礎偏
vol, 9 頭と身体は切り離して考えれない①








昨日は息子ちゃんと二人でお花見をしてきました。

自然の中に居るだけで、清々しい気分!

鳥のさえずり、木の枝や枯葉を踏む音、風の音、草の香り…

五感が働くと、頭がすっきりとしますね。



ましてや、息子ちゃんなんて、桜の花びらや木の実を拾ったり、虫を捕まえたり、

木の根っこにつまづいたり、ジャンプしてみたり。

自然から色々なことを身体を使って学んだようです。



vol, 9 のホームワークは『プレイジム』でしたが、

なるほど、マミ~のおっしゃるとおり、身体を使って遊ぶほうが

より複雑で高度な運動だなと実感しました。







水の中の生き物やアメンボを目で追ったり、虫を追いかけるのは本当に難しい!






そして、私はマミ~から学んだように、部活の監督のように

「はい、あの木まで何秒で着くかダッシュ!」と言ってみたり、

「あの木の枝までジャンプで届くかな~。」と言ってみたり、

とにかく身体を使って動かしまくっています。

子供って挑戦したがりだから、やってくれるんですよね~。







息子ちゃんは身体を動かした日は必ず(お昼寝をしなければ)、夕食を食べながら眠くなります。

今日もそのパターンで早く寝てくれました。

しめしめ。
















ポチッとお願いします~。
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へにほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村


















コメント (2)

父さんの大切さ

2012年04月10日 | チル大*アウトプット*基礎偏
vol, 8  ご主人との連携









ウチの父さんは、子育てにとっても協力的です。


私が息子ちゃんを妊娠してからというもの、


悪阻も酷かったせいか、洗濯、掃除、お風呂の掃除、洗い物、ごみ捨て、


ご飯を作る以外の家事は全てしてくれます。


息子ちゃんが3歳になった今でも、変わらず積極的にしてくれます。




その上、テレビ好きなのにテレビまでリビングから追い出され、


文句一つ言わず、息子ちゃんの為、家族の為なら何でも受け入れてくれます。




そんな父さんと、子育てについて日々色々なことを話し合い、相談し合って


力を合わせて3歳児と向き合っています。


そんな父さんだから、何一つ不満は無いし、


子育てに関してのズレもたぶん(私が思ってるだけ?)無いと思います。








いま一番夫婦で気を付けている事は、


息子ちゃんがビックリするようなことを言っても、


「すげー、そんなこと考えてるんだー。息子ちゃんったら天才的!」


と頭の中では思っても、動揺することなく普通に受け答えするように心がけています。


子供はみんな天才的な発想が面白いですよね~。


その発想を大切にしてあげたい、


褒めるのではなくて、その発想に乗っかってお話して、一緒に楽しめたらいいな。


と思っています。





だけど、息子ちゃんが寝たりして夫婦だけになると、


「今日こんなこと言っててさー、びっくりしたよ~。」とか、盛り上がって話します。笑










今日はお天気が悪かったので、昨日図書館で借りてきた本をたーっぷり読みました。


思いつく質問をたくさんしたつもり。←自信がない。笑


今朝6時半に目覚めた息子ちゃんは、夕食を食べながら眠くなってしまったので、


寝る前の読み聞かせは出来ませんでした。















ポチッとお願いします~
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へにほんブログ村































コメント (6)

vol, 7 英才教育とは? 実践偏②

2012年04月09日 | チル大*アウトプット*基礎偏
vol, 7 英才教育とは?実践偏②



先週末のお花見のとき、突然自転車に乗れるようになりました。





私としては、乗れない自転車(しかも補助輪を取り付けれないタイプ)


を持っていくのは面倒くさくてイヤだったのですが、


修理したばかりの自転車を息子ちゃんはどうしても持って行きたかったみたいで。


着いてしばらくしてから自転車に乗りたいと言い出した息子ちゃん。


父さんは「今日で乗れるようにするぞっ。」と意気込んでいて。


私は、乗れるはずがない。と思っているので、サラッと聞き流していました。


今日は父さん一緒だし♪「お父さんお願いね~」と言って、私は義母と楽しくお話をいていたら。


「おい、今の見てた~!?」と言われ、なになに~?って見たら…


なんと乗ってるーーーーーー!


びっくりして「何か特別なアドバイスみたいなのしたの?」って聞いたら


「アイツを信じるだけ!」と言って息子ちゃんのところに走って行ってしまいました。




かっこいい!父さん。親として本当にかっこいいよ!


信じる力は子供を一段でも二段でも上に成長させるんだなーと心から思いました。


vol,7の学びでもそうですが、親の都合で物事を考えたり押し付けたりせず、


やりたいことを出来る環境とやり方さえ教えてあげれば、


意外と出来ちゃったりするものかもしれませんね~。





息子ちゃんは鉄道のてっちゃんなので、プラレールの分解やおもちゃの分解をよくします。


元通りにならなくて、おもちゃの病院行きのおもちゃもいくつかあります。汗。


常に手が届くように、鉛筆立てにドライバーをさしてあるので好きなときに分解。汗、汗。


ハサミやのりやカッターナイフもすぐ手に取れる場所に置いていて、


好きなときに作業出来るようにしてあります。


よーく使い方を教えてあるので、使うほうも慎重に使ってるよ。


もちろん、間違った使い方をしてしまうこともあるので、その都度修正~。




もしチル大で学んでいなければ、絶対に触らせない物とかやらせたくないこと、


たくさんあったんだろうな~。




まだ3歳。


これからもっと大変なことが起きるかもしれないけど、


息子ちゃんを信じて、色々な「挑戦すること」を可能にしてあげたいな。














ポチッとお願いします~。
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へにほんブログ村















コメント

vol, 6 Beyond 英才教育 実践偏①

2012年04月05日 | チル大*アウトプット*基礎偏
vol,6 Beyond 英才教育 実践偏① 




フラクタル…

きれい~

自然って全てにおいて法則が決まってるんだね。

こうやって無限に枝分かれして広がっていくのって、チル大の学びと同じ!

私たちは我が子にその手助けをしているんですね。

行かすも殺すも親しだい~。こわー。






息子ちゃんは生後4ヵ月の時から『おむつ無し育児』をしていました。

おトイレで成功しても出来たことを褒めず、「スッキリしたね~」って

一緒に喜ぶようにしてきました。

息子ちゃんが成長して、色んなことを一人でするようになっても

褒めないように努力して。(ん~、、褒めたいけど…我慢~みたいな。)

その代わりに、「化学的に褒める」努力を夫婦でしてきました。

息子ちゃんの気持ちに沿って、共感する感じ。



最近の例えだと、

今日の夕食は小松菜のお浸しを作ったのですが、

息子ちゃんには、すり鉢でゴマをすってもらいました。

しばらくするとキッチン中にゴマの良い香が…

そして息子ちゃんの「できたよ~」の声。

行ってみると思ってたよりもちゃんと擂(す)れてる!

ビックリしたけど「ちゃんと出来たね~すごい~!」とは言わず、

「ゴマが全部きれいに擂れてるね~。」と冷静ににっこり伝えます。

息子ちゃんはとっても満足そうでした。



まだ3歳だからやってきたからどうこうってことはまだないけど、

反対の立場でも、その方が嬉しいかも。





数に関しては、今のところは何か数えられる物があれば一緒に指差して数えてる感じかな~。

おもちゃの電車を長く並べた時とか(汗)、おやつのクッキーとか、

とにかく物が並んだ時に意識して数えるようにしています。

教えてるんじゃなくて、数えて遊んでるよ。

あと、2つのうち1つお母さんが貰うと、残りは1つになるね~とかいった具合にも。

いや~、tamaこと石井さんとこみたいに小学4年生にもなると問題を出すほうも大変~。

私なんて暗算苦手だから今からドリルで頭の回転早めとかなくちゃ~(汗)(汗)(汗)










今日の読み聞かせで『ぷくぷくぷく』を読んだせいで、



お風呂に浮輪を持って入ると言いだした息子ちゃん。

私と一緒に入っていると狭くてぷかぷか出来ないらしく、

「お母さん出て~。」と言われ、ぶつぶつ文句を言いながら出た母さんでした。   




















ポチッとお願いします~。
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へにほんブログ村
























コメント (4)

vol,5 Beyond英才教育とは?④

2012年04月03日 | チル大*アウトプット*基礎偏
Beyond英才教育とは?④



家の近くにはモンテッソーリ園がありません。


見学に行くにしても遠く、指をくわえてPCで調べています。


あ、でも近くにあったとしても保育料が高くてウチにはとても無理なのですが。笑。





私なりに勉強しまして、


●毎日なるべく同じ習慣を繰り返すようにする。

●おもちゃの置き方や本棚を常に整頓しておく。

●息子ちゃんが好きそうなお仕事を用意しておく。


などは日々試行錯誤でなんとかかんとかやっております。




だけど問題は…


私自身がもっと賢くならなけりゃ!


このvol,4の、賢い母さんになるための4つのことを今年の目標にした!(←遅っ)


そして、息子ちゃんの成長に合わせて色んな遊びに本気で挑戦していきたいです♪





今日は大変な暴風雨で、一日家の中…


久々に息子ちゃんが縫い物の紙を出してきたので「縫いたい?」ってきいたら「縫いたいっ!」


以前は私が穴あけまではしていたのですが、今日は自分で穴あけして、





直線縫いしかしたことなかったけど、出来そうだったのでお家の図案を作って縫ってみました。





色も変えて、二回縫いして出来上がり!


かなり集中して作業をしていたので、完成すると満面の笑み。


お家の図案だったのに、なぜか「路面電車~♪」と言って遊んでいました。汗(彼は鉄道マニア)





そして、おやつにココアケーキを一緒に作り(すぐ食べたから写真撮るのを忘れる。)、


夕方は積み木で遊びました。


何やら大掛かりに作っているので見ていたら、


「お父さんと、お母さんと、○○くんのお家!」と、素敵な家族のお家を作ってくれました。





ん?なんかこれって機関車っぽくない?


彼の頭の中は、鉄道のことだらけ~。




寝るときは、3びきのくま

のろまなローラー

I Forgot , I Love You

Kipper's Idea

もりのあかちゃん


を読み聞かせしました。(あ、3びきのくまは2回読まされました。)





あいにくのお天気でしたが、楽しく過ごすことが出来てホッとしました~。













ポチッとお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へにほんブログ村









コメント (2)

vol,4 英才教育とは?③

2012年04月03日 | チル大*アウトプット*基礎偏
英才教育とは?③



愛!


みなさん、『愛』です。(←あんた誰だよ。)

全ての真ん中に『愛』がないと何も始まりません。

『愛』があってこそ、学べるのですね。


あ~、私には深い『愛』があるのでしょうか。

親のエゴではない、親の『愛』。

天と繋がり、親としての役目を果たすべく『愛』。



私って、人前だといい母さんぶる時あるしな~。

ぐずぐずしてるとイラッとするしな~。

思わず手で叩いちゃう時だってあるし。

大声で怒鳴り散らす時だってある。

大丈夫かな、私の『愛』。



でもたまに思い出して考え直せることもあるよ。

私たち夫婦だけの息子ちゃんじゃない、天からの授かりものだって。



『愛』は学びへと続く早期教育ではないかなと、思います。

母ちゃん、頑張るぞ!




そして、とにかくしゃべりまくるように努力努力!

会話の中で生まれた疑問を知るために実践してみたことは…



以前に、息子ちゃんが身体の仕組みについて興味を示したので

図書館で3冊ほど借りてきたらとても面白かった様で、

食事中に度々、「いま、胃のプールに入ったかな?」とか言ってお話を楽しんでいます。






もっともっと知ることって楽しいって思ってくれるようになると嬉しいな。
















ポチッとお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へにほんブログ村







コメント

vol 3 英才教育とは?②

2012年04月01日 | チル大*アウトプット*基礎偏
vol 3 英才教育とは?②





いや~、今日も疲れた~


最近、息子ちゃんを買い物に連れて行くと走る走る!


陳列棚の間を猛ダッシュしたり

自動ドアで遊んだり

売り物をしたに落としたり

カートで遊んで人にぶつけたり

しまいには、外に走って行ってしまう…(危ない~)


もうヤダ。


大きな声で怒りたくは無いのに人前で怒ってしまいました。


注意すればするほど面白がってヒートアップ!


いい方法があればアドバイスお願いします~。








え~っと、、、話は変わりまして。笑

こんな私ですが、前回に引き続き『英才教育』について学んでみました。









私は今まで「絵本さえたくさん読んでいれば安心♪」と思っていました。


この回を学ぶまでは…。





息子ちゃんが生まれてから、私の趣味は古本屋巡りと、ネットでの古本探し。


お蔭で家には中古絵本が山のようにあります。




息子ちゃんは赤ちゃんの頃から比較的、絵本を開くとジッと見てくれていたタイプだったので


私も時間があるとよく読んでいました。




3歳になった今でも絵本は大好きで、これ読んで~とよく持ってきます。←時間が無いときも!笑


飛んだり走り回ったりしていますが、読むときだけはじっと座ります。




そんな息子ちゃんに今回の学びを実践してみました!


チル大に入校した時は赤ちゃんだった(生後4ヶ月)だったので絵本はおもちゃでしたが、


今では一つ質問をするとたくさんの言葉が返ってきます。




するとどうでしょう!今まで無表情でジッと聞いていた息子ちゃんが目をキラキラさせて


絵本とは関係ないところまで話を発展させて楽しそう!


話が脱線しすぎて絵本を最後まで読み終えれないこともあります…。


でも脱線してもいんですよね!


絵本は単なるツールだから。




まだ文字の少ない今だからこそ、動物や乗り物を指差して「これなに?」って聞きやすいし、


同じ絵本を何回も読むから、いつもと違うパターンで質問してみたりして楽しんでいます。







実践してみて思ったのが、話を息子ちゃんの好きなほうにどんどん進めていく方が


なぜだか内容を良く覚えてる。


自分で脳を働かせた証拠だよね。




最近よく、何で?何で?と質問されるので、母ちゃんも負けずに質問しまくるぞ~















ポチッとお願いします♪


にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へにほんブログ村


コメント