英才教育をひざの上で    ~新米ママの実践偏~

平凡な専業主婦の私が、
家庭で楽しい英才教育を始めました!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マザーグース22 : Three children sliding on the ice♪

2012年11月28日 | vol,41~60*(MG13~25)
vol,55



子供にもしものことが起こったら…。
ん~。まだそれほど危機には陥ったことが無いから分からないけど、たぶんパニックになるだろうな~。

自転車で坂道下っててバランス崩して顔から砂利道に突っ込んだときは鼻の下やら口の中やらスゴイ血で、一瞬思考が停止しながらも私も血だらけになりながら意外と冷静に(私が乗っていた自転車の荷台に息子ちゃんの自転車を乗せて)家まで戻って車で病院へ連れて行った事や、

登り棒を熱心に登っていて足を滑らせ、おちんちんを打っておちんちんの先が割れて(ひ~)血だらけになった時も、様子を見て外科に連れて行った事もあるな…。

けど、これって危機ではない?気がするから、危機の時は自分がどうなってしまうのか分からない~。


息子ちゃんが赤ちゃんの頃から、危なそうなことをしていても(頭だけは打たないようにして)手助けはしないようにしていたので、他のお母さんから「〇〇くん、危ないから降りようか~。」とかよく言われていました。
怪我をして痛い想いをしないと運動神経が発達しないと思っているから、少々コケても泣いていない限りは助けません。
「死にゃしない。」の精神です。


『本日の学び』では子供の危機のときこそ、親が健康でなければ子供を助けることは出来ない。
マミ~からヨガの提案がありました。

ある!ある!
これこれ!

はじめよう! キッズ・ヨーガ 親子で楽しいヨーガあそび (エンターブレインムック) [ムック]
伊藤 華野 (著)


1ポーズごとに子供がポーズをとっている写真があり、子供は子供の真似をしたがるので食いつきがいです。
そして、「集中力が増す」とか、「持続力がつく」とか、「内臓が強くなる」とかの効果も書いてあるから選んでポーズをとることが出来ます。巻末に分かり易いポーズカードが付いているので、ポーズがマスターできたらカードを見るだけで出来るので重宝しています。

もともとは、体の硬い父さんに息子ちゃんと一緒に遊びながらだったらやってくれるかな。と思って購入したんだけど、あまりしてくれない…。体が硬すぎて老後が心配~。

だから、私が息子ちゃんと遊びながらやっています。





(チラッと見える積み木は国際宇宙ステーションらしい。片付けちゃダメなんだって。ぷぷ。)


30代、息子ちゃんを産んでから体調を崩すことも多いので先ずはお家ヨガを続けて体の声も聞いて家族の為、自分のために健康維持することを努力しないといけませんね!





そして今回のマザーグースは……

長い!

とりあえず、読んで内容を話しながら暫らく会話をしていると、息子ちゃんから割れた氷に落ちちゃったお兄さん達を救い出す提案が。息子ちゃんとしては、落っこちてしまったことがすごくショックだったようです。笑
「紐で引っ張ってあげたらいんじゃない?」
「足を引っ掛けて手を伸ばしたらどうかな?」
「大人の人はいないの?」
「なんでお友達みんな逃げちゃったの?」などなど、興奮気味に話していました~。

帰宅した父さんにまで、「今日ね、マザーグースでお兄さん達氷の下に落っこちちゃったの!」って言って用紙を持って行き、「読んで!」ってお願いして、英語が苦手な父さん断るかな~と思って遠くで聞いてたら、つたないながらも読んでた!スゴイぞ父さん、成長したね!

息子ちゃんが居るところで作曲してたら出来上がる頃には息子ちゃん口ずさんでた~♪
ただ、作曲した私のメロディが不安定で、ついでにいつもながらヘタッぴな発音でお聴き苦しくて申し訳ない…。

Three children sliding on the ice♪



ありがとうございます~!
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« 読み聞かせは将来の貯金 (PR ... | トップ | サバイバルに生きよう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

vol,41~60*(MG13~25)」カテゴリの最新記事