英才教育をひざの上で    ~新米ママの実践偏~

平凡な専業主婦の私が、
家庭で楽しい英才教育を始めました!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宇宙ロマン

2012年11月22日 | 日記




朝からお寝巻きのままで図鑑とロケットの絵本を3冊並べて見比べています。
「お母さん、この煙りはこっちに出てるけど、この煙はこっちに広がってるねぇ!」知らないよ~そんなのぉ。
「この大気圏を通過する時ってなんで高温になるの?」 うっ。←ダメージ1
「ビッグバンってどうやっておこったの?」 うっ。←ダメージ2

……なんだか、苦しくなってきた~。

しょうがない。
調べようじゃないか、調べようじゃないか~。
毎日親子で図鑑と絵本を読み、父さんも私も宇宙は詳しくはありませんでしたが、今ではそこそこ理解できるようになってきました。


月へ アポロ11号のはるかなる旅
ブライアン・フロッカ (著, イラスト), 日暮 雅通 (翻訳)


息子ちゃんの宇宙への入口はこの絵本でした。
巨大なロケットが轟音と炎を出して地球を飛び立ち、エンジンを切り離し、司令支援船と月着陸船がドッキングをして月を目指し、そして月面着陸!地球に戻ってくる時は小さな司令船コロンビアだけになって帰ってくる…。そんなアポロ11号の月への旅のお話がとってもワクワクで面白い!

で、月面着陸した時のイーグルを折り紙で毎日鬼ほど製作。

  

作りすぎやろ~。



そして、憧れのスペースシャトルの絵本、
宇宙をみたよ!―宇宙へ行くと、ほんとうがみえてくる [大型本] 毛利衛・監修 松田素子・文/構成


宇宙からみた地球は、体の一部(細胞)のよう。地球も生命体なんだなー。


そうそう、ちょうど星出彰彦宇宙飛行士がISSから長期滞在を終え11月19日に地球に帰還したので、そのLIVE映像もPCで朝の7時から観ていました。超~エキサイティング~!無事で良かったー!お疲れ様でしたー!


そして、息子ちゃん(というか、家族全員)の宇宙好きに拍車がかかってきたので…
筑波宇宙センターに行ってきました~。



視聴覚室で実際のロケットの発射時の轟音を聞かせてもらいました~!
すごい!地響きがする~!

その他、実際の衛星が何台も展示してありびっくり。
私としては国際宇宙ステーションの『きぼう』の中に入れたことに感激!息子ちゃんも父さんも!

図鑑や本で見ていたものに実際に触れると嬉しいですねー。


そして、お土産に1500円ほどのプラスチックでできた4Dパズルのスペースシャトルを購入。
ん??似てる!



スペースシャトルの模型を買ったのに、まだ手作りでスペースシャトルを作る息子ちゃん…。
情熱が伝わります。





久々の絵の具でのお絵かきもやっぱり…



ロケット(これはサターン5型らしい)を描きました~。



いつまで続くのやら、この宇宙好き。
今の内に私も宇宙のこと詳しくなろっと。

あ、今年のサンタさんへのクリスマスプレゼント希望は、望遠鏡らしいです。
それで月のクレーターを見みたいんだって~。




ありがとうございます!
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村







コメント   この記事についてブログを書く
« 愛情と継続(PR vol.2) | トップ | 読み聞かせは将来の貯金 (PR ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事