英才教育をひざの上で    ~新米ママの実践偏~

平凡な専業主婦の私が、
家庭で楽しい英才教育を始めました!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マザーグース17 : Little Tommy Tittlemouse ♪

2012年07月20日 | 2012夏のキャンペーン
vol, 48 Little Tommy Littlemouse





猛暑続きなので家の中で遊んでいると、頭に汗をかき過ぎる息子ちゃん。
いちいち拭くのが面倒くさくなったのでタオルを巻いてみたよ。
「お!似合ってんじゃーん。」の言葉に、息子ちゃんも嬉しそうでした。







さて、今回はトミーくんが釣りをしているイラストでした。
歌の内容を話すと息子ちゃんは、
「トミーくん、よその家に入っちゃいけないよ!」とトミーくんに話しかけ始めました。

どうやらトミー兄さんが気に入った様子で、一日中話しかけてままごとみたいなのをしていました。
もちろん、私がトミーくん(の声)役で。笑

私がつけたメロディーも気に入ってくれて、進んで歌ってくれていました。



Little Tommy Tittlemouse ♪




せっかくなので釣りをしに行きたかったのですが、連日の猛暑で外に出る勇気はなく
もっぱら涼しくなった夕方近くに2時間程度近所で遊ぶのが精一杯でした。

っていうか、釣りって何年して無いだろう。。。
子供の頃はよく父親や友達のお父さんに連れて行ってもらっていたけど。
せっかく男の子の親をやってるのだから、棒の付いた網くらいあってもよさそうだよね。
ホームセンターとかにもあるのかな。今度探してみよ~。


そして、絵本の中で疑似体験~。
今回図書館で借りてきた絵本は、

つりめいじん めだる (ひくまの出版幼年絵本シリーズ―あおいうみ) 東 君平
字が少なくて読みやすいです。

ねずみのさかなつり [単行本] 山下明生
息子ちゃんが好きなねずみシリーズ。ねずみさんたちの母親を思う気持ちが温かい~。

しっぽのつり (チューリップえほんシリーズ) せな けいこ (大型本 - 1999/11)
このお話は有名で、いろんな絵本(作家さん)の作品があります。人には親切にしようという趣旨です。小さい子供でもこの絵本なら理解できるんじゃないかな?

うみやまがっせん (こどものともコレクション2009) [単行本]
長谷川 摂子(著), 大島 英太郎 (イラスト), 上沢 謙二
ずーっと引っ張り合って、最後の落ちが面白い。

つりはもういいんだけどな、パパ! [大型本]
クロード・K・デュボワ (著), 原 光枝 (翻訳)
息子ちゃんが大好きなクロード・K・デュボア シリーズ!パパに言いたいんだけどがっかりさせたくないから言いにくい…。読んだ後は優しい気持ちになれます。





自然遊びといえば、まぁまぁな田舎に住んでいるので自然はたくさんあります。
今は月に2度ほど家族で近くの森に遊びに行っています。
そこでカブトムシを捕まえたり、農作業のお手伝いをさせていただいています。
息子ちゃんは森が大好きで、家に帰ると直ぐに「森に行く!」と言って、私たちを驚かせたりします。

木の葉が覆い茂る隙間からみえる空を見たり、虫を追いかけたり、木の実を集めたり、綺麗な葉っぱを見つけたり。
家族で五感を高めています。


そして、明日からもうちょっと田舎に家族旅行に行きまして、田舎体験をしてこようよ思っています。
せっかくなので、帰ってきたら体験談を記事にしますね~。




いつもありがとうございます~。
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村


コメント

夏のキャンペーン中だよ!

2012年07月17日 | 2012夏のキャンペーン
こんにちは!いつもブログ訪問ありがとうございます!


わたくし、かんたろうはチル大メンター34になりました。
メンターとは、チル大公認のサポーター制度なんです。

ちょうどいま、2012 夏のキャンペーン(7/24まで!)をしているので、迷ったり、悩んだり、相談したいことがありましたら、コチラまでお気軽にメールしてくださいね~。


そうだ、私を通して入学するとアマゾンギフト券2,000円分のプレゼントがもらえるんだって。いいな~。
この機会に是非!

子育ての魔法の杖 奇跡はもう起きている!21世紀の早期教育
ランディー 由紀子
文芸社


すっごく内容が濃くて考えさせられるので、私は読むのに時間がかかりました~。
子育てで何かにぶつかる毎に読み返す、バイブル的存在です。
ママ友のお誕生日にもプレゼントしちゃってます。
みんな、「読み聞かせしなきゃ~。」って言ってるよ。
ってか、マミ~のサイン私も欲しかった~。





いつもありがとうございます!
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村




コメント