こだまダイアリー|納得のハウスメンテナンスとは!

湿度管理された家、シロアリに食べられない家、雨漏りしない家!快適な住まいづくりのためのハウスメンテナンスヒントを掲載。

台風で被害が起きているかも‥お住まいの点検をしましょう!

2021年09月18日 | 屋根

日本は台風による被害が多く、私たちの生活に大きく影響を与えています。

特に台風シーズンの7月から10月にかけて台風の被害に関するご連絡をお客様からいただくことが多いです。

台風でどんな影響があるのか、住宅の注意ポイントをご紹介します。

台風が去ってしまった後にも被害が出ている可能性があるので点検を検討しましょう!

 

あなたのお家は大丈夫?プロの点検やセルフチェックをおすすめします!


瓦の欠け、ズレ、外れ、浮き

割れた瓦の様子

台風で被害が多い箇所は屋根瓦です。

瓦に欠け、割れやズレ・浮きなどがあると風に煽られて瓦が剥がれたり、瓦の飛散や落下など周囲に被害を及ぼす危険性があります。

また雨漏りのリスクも高めてしまい被害が拡大する可能性もあります。

家の下から屋根を見上げてもわからない箇所や細かい部分の確認が必要なため、プロの点検をおすすめします!

 

 

漆喰

写真の丸で囲ってある白い部分が漆喰です。

棟瓦、丸瓦、のし瓦を固定している大事な役目を果たしており、経年劣化すると固定力が弱まり瓦の飛散や落下する原因になります。

また瓦を固定する土が雨で崩れないよう漆喰を詰めていますが、劣化で漆喰が崩れてしまうと土が見えたり・流れ出てしまいます

瓦の崩壊の原因にも繋がってしまうので、漆喰の剥がれや割れが起きていないか注意が必要です!

 

雨樋

雨樋は屋根に降った雨水を地面への排水溝へと排水する機能があります。

しかし雨樋に落ち葉やゴミが詰まっていると、排水がうまくいかなくなり屋内に水が侵入してしまうことがあります。

また台風時の強風で、樋が破損・変形してしまう場合も多いので注意が必要です。

樋が曲がっていたり、雨の日に水が溢れていないかなど異常がないか点検してみましょう。

 

カーポートやベランダ屋根

カーポートやベランダに使用されている素材は軽いため、強風や台風の被害が出やすい箇所です。

飛ばされた破片が、まわりの人に当たって怪我をさせてしまったり、建物を傷つける危険性があります。

大きな被害が発生する前に必ずチェックするようにしましょう!

 

ご自分での点検で多いのが屋根からの落下事故です
屋根から落下してしまうと命に関わる怪我を負ってしまう可能性があるので
点検は私たちプロにお任せください!
台風で被害に遭ってしまった方や万が一の応急処置もご連絡ください

 

屋根の状態を調査ご希望の方は、無料住宅診断🔍をご利用ください。

屋根の葺き替えなどの大型工事もご相談ください😁

☆その他ハウスメンテナンスもお任せください。まずはお気軽にご相談ください☆

0120-46-0171

※電話口でこだまダイアリーを見たとお伝えください

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

facebook Likebox