こんにちは!広島観光親善大使です。

広島の魅力をPRする「広島観光親善大使」の活動をお伝えするブログです。

沖縄市へ親善訪問に行ってきました②(4・5日目)

2017年10月11日 | 広島観光親善大使の活動
今回は、第37回沖縄親善訪問の4日目と5日目について、お伝えします。

<4日目>
糸満市米須にある「ひろしまの塔」、糸満市井原にある「ひめゆりの塔」と「ひめゆり平和祈念資料館」、そして糸満市摩文仁にある「沖縄県平和祈念資料館」と「平和の礎(いしじ)」を訪れ、平和学習をしました。


≪ひろしまの塔≫


≪ひめゆりの塔≫


≪ひめゆり平和記念資料館≫


≪沖縄県平和祈念資料館≫


≪平和の礎≫

「ひろしまの塔」は、内地の戦場化を救った沖縄戦及び沖縄に近い南方諸地域での広島県出身の戦没者を慰霊するため、広島県を望む方向に建てられました。



≪ひろしまの塔≫


≪ひろしまの塔≫

戦争体験のない私のように、戦争の時代を生きていた人も、その当時はどんな事が戦争なのか、戦争が起こるとどうなるのか分からなかったでしょう。

太陽は輝き、鳥や子ども達の声が聞こえ、家族で食卓を囲む、そんな当たり前の生活の中で、人ごとのような"戦争"に向けて準備や対策が行われる。

そして、爆弾が投下され、銃がこちらを向き、血の海が広がる。
恐怖でしかたなかったと思います、誰かに守って欲しかったと思います。

私は、過去、沖縄が広島と同じような辛い戦争の経験をした事を詳しく知りませんでした。
しかし、映像や証言を見て、沖縄の歴史を学び、平和の大切さと戦争の恐ろしさを改めて感じました。


≪平和の礎≫


≪平和の広場にて≫


≪平和の礎には、国籍問わず、沖縄戦などの戦没者の氏名が刻まれます≫


≪平和の礎にある広島県戦没者1,352名の氏名が刻まれた刻銘碑≫

〈5日目〉
文化体験として、三線(さんしん)体験をしました!
三線は沖縄の三味線で、エイサーでも弾かれる楽器です。
たった三本の弦ですが、奏でる音は、エイサーを踊りたくなるような沖縄らしさを感じる音でした。



「キラキラ星」をゆっくりと演奏できるようになりましたが、正確に弦を押さえ、指の位置を覚えることが難しかったです。



次の機会には、「涙そうそう」を演奏できるようになりたいと思っています!



その後は地元のガイド、大城さんのご案内で、まちま~い(街歩き)に参加しました。



沖縄市の歴史と生活を教えてもらいながら、色々なスポットをめぐりました。











特に、大きなお墓に驚きました!
沖縄のお墓参りでは、お墓の前で、家族でご飯を食べる文化もあるそうです!


≪これが沖縄のお墓です。このように大きいものが市内にいくつもありました。≫

私は今回、初めて親善訪問で沖縄市を訪れました。沖縄の方々の温かい人柄と、美味しいお料理、勇壮なエイサーに、沖縄の虜になりました!
沖縄のエネルギーを感じるため、また訪れたいと思っています。
これからも沖縄市と広島市の繋がりが長く続くことを心から願っています。
今回、温かく迎えてくださった沖縄の皆さま、本当にありがとうございました!
感謝の気持ちでいっぱいです。


≪表敬訪問などでお世話になったハイビスカスタクシーのドライバー、井上さん≫


≪沖縄全島エイサーまつりのスポンサー、沖縄市の「新里酒造」の新里社長と「泡盛の女王」と一緒に≫


≪桑江 沖縄市長と、夕食交流会にて≫

(中上 優)

     

広島広域観光情報サイト ひろたび

広島観光親善大使がタイムリーに広島の魅力をお伝えする
広島観光親善大使Facebookページ

広島観光親善大使経験者が観光などの話題を発信する
ひろしま観光PR大使Facebookページ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 沖縄市へ親善訪問に行ってき... | トップ | 「ツーリズムEXPOジャパン」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

広島観光親善大使の活動」カテゴリの最新記事