こんにちは!広島観光親善大使です。

広島の魅力をPRする「広島観光親善大使」の活動をお伝えするブログです。

姫路菓子博2008

2008年04月28日 | 広島観光親善大使の活動
4月24日(木)、先日お知らせしました「姫路菓子博2008」に、広島観光親善大使の岩谷 久美子さんと寺崎 典江さんが参加し、広島のPRを行いました。(写真はにしき堂の大谷社長と広島観光親善大使)

      

みなさん、こんにちは。

先日、私は「姫路菓子博2008」に参加するため、姫路に行ってきました!!4~5年に一度開催されるというこのお菓子の博覧会、特に女性は興味があるのではないでしょうか?

4月18日(金)からスタートしていますので、ニュースで見たという方もいらっしゃると思います。
当日は広島は朝晴れていたのに、残念ながら姫路は雲行きが怪しく、小雨がパラパラでした。世界遺産でもある姫路城をバックにパビリオンが並び、お菓子のブースも沢山でした。

驚いたのは平日の雨の日なのに、会場はたくさんの人で溢れていたことです。姫路城を50分の1のサイズで作ったお菓子の展示がしてあるテーマ館はなんと3時間待ち!!!ゴールデンウィークにはどうなることやら…と勝手に心配していました(笑)

私達はあまり会場をぐるりと見る時間はなかったのですが、お仕事はしっかりしてきましたよ!にしき堂のもみじ饅頭を計1000個、広島の観光パンフレットと併せて来場者へ配布しました。

「わぁ嬉しい」と声をかけてくださる方、「三次から来たの」とおっしゃる方、聴覚障害者の方が手話で「ありがとう」と話してくれた方いろいろで、大好評でした。喜んでいただけて、本当に嬉しかったです。ぜひ皆さんに広島に来ていただいて、温かい焼きたてもみじ饅頭を口にしてもらいたいですね!

また、ステージで行われた公開ラジオにも参加させてもらい、にしき堂大谷社長と寺崎さん3人力を合わせて銘菓「もみじ饅頭」と広島の観光PRをしました。ステージにいらっしゃった観客だけでなく、ラジオのリスナーにもしっかり広島の魅力を届けられたらいいなと思いました。
(岩谷 久美子)

      

皆さん、こんにちは。4月24日、「姫路菓子博2008」に行ってきました。

ところで、菓子博ってご存知ですか??
今から約100年前の明治44年頃、東京で「第1回帝国菓子飴大品評会」が開催され、それから数年おきに全国各地で開かれているお菓子の祭典なんです。実は、過去に、広島でも開催されたことがあるようです!!

今年は初開催から約100年!記念すべき第25回目!開催地のシンボル姫路城は完成して400年目!そして、世界文化遺産登録15周年!節目にあたる年なんですね~
ということもあり、会場にはたくさんの方で熱気ムンムン。この日は弱い雨が降り、足元の悪い中、各パビリオンには傘の花が列を成していました。待ち時間はどこも一時間以上。

私達はお菓子めぐり館の広島県ブースにてパンフレットを配ったり、午前と午後に一回ずつ、入口にてもみじ饅頭の配布を行いました。予定では一時間という時間が設けられていたのですが、大変好評いただきまして、あっという間の15分間で各500個がなくなりました。皆さん喜ばれており、配布時間に合わせて、早くから待っていた方もいらっしゃいました。

そして、ふれあいステージにて、公開ラジオにも参加させてもらいました。ここでは、春のイベント「2008ひろしまフラワーフェスティバル」を紹介しました。

時間の関係上、会場内をすべて見学することはできませんでしたが、一日かけて、まわる価値はじゅーーぶんにあると思います!!職人さんによる工芸菓子など、「これもお菓子でできてるの?!」と思わせるものばかり。まさに芸術品。

皆さん、「姫路菓子博2008」は5月11日(日)まで開催されてます。ちなみに、この菓子博終了と同時に、姫路城は平成の大改築をするそうです。しばらく見ることができなくなりそうですね。ぜひ!この機会に行ってみてはいかがでしょうか??広島ブースには広島を代表するお菓子がたぁくさんありますよ(^O^)!!
(寺崎 典江)

      

姫路菓子博2008のホームページ

広島の観光情報ガイド ひろしまナビゲーター
コメント   この記事についてブログを書く
« 造幣局広島支局 花のまわりみ... | トップ | 2008ひろしまフラワーフェス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

広島観光親善大使の活動」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事