薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

断舎利と、丘から見える阿武隈の山々と、大信州の以和為貴


きのう5月3日の憲法記念日は、暖かいを通り越して暑いくらいの快晴だった。

多少暑くても行楽日和? 若いカップルや子供と出かける家族たちには、まぁそうなんだろう。 そして、昨日は大安だった。 関係ないけど(笑)

毎日お手数かけますがヨロシクです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】


古いカップルは何処かに出かける予定もなく、午前中からリビングの物置と収納棚の片付けをしてたんだが、物を捨てるというのはなかなか難しいもので、ついつい取っておきたい衝動に駆られるんだが、住み替えが現実的となっている今回ばかりは、思い切って縁を切ることにした。

若い頃に録音して聴いていた大量のカセットテープは、これまで4度の引越しを生き抜いてきたんだが、そんな彼らでも5度目はなかった。 VHSのビデオテープも同じ末路だ。

でも、CDとDVDでは随分と迷ってしまった。 結局、特にお気に入りのCDと、家族の記録になってるDVDだけを残して、他はぜんぶ捨てることにした。

1度も使ったことのないバッグや容器の類、便利グッズなんてものがたくさんあって、記念品と称して展示会などで持たされた物たちが一番可哀そうなエンディングを迎えてる。

どうしてこんなに物があるのだろう。

自分で買って使わなくなったものは仕方ないとしても、記念品とか粗品とか、安易にくれなきゃいいのに、て言うか、貰ってこなきゃいいのに、本当にそう思うね。

そんなこんなで、断舎利の甲斐あって畳2枚分程の収納スペースはキレイさっぱり片付いた。 このまま取っておいても、死ぬまで使うことはないと思われる3/4は廃棄処分だ。


写真は昨日の続きで、地目は山林なんだが現況は原野の平場だ。 柿木がぽつんと1本だけ残ってるんだが、古屋の裏庭にある柿木が甘柿だと言うので、たぶんこれもそうだろう。

食べきれないね(笑)


これは小高い平場から南東方向の景色なんだが、眼前に広がる田園地帯があり、その先には郡山市の南方に位置する市街地があり、写真の左、東の方角には阿武隈山地の鞍掛山と黒石山、更に奥にある1番高い山が1192mの大滝根山まで見える。

ここに東屋でも建てて日がな一日、焚き火でもしながらのんびり過ごすのも悪くはない(笑)


柿木の新芽・若葉がキレイです。



先日のこと、自分じゃ絶対に買えない日本酒、桐箱入りの 大信州・以和為貴 と言う名の、精米歩合35%の大吟醸を1升いただいたので、この連休中に細君も味わいたいとリクエストされ、片づけを終えた後、2人で大信州の肴を求めてぶらぶらりでした。

結局、買ってきたのは、いつものメバチマグロなんだがね(笑)


※今朝の気温 : 10~11℃


こっちも面倒見てやってください。

まきたきてー発電所 毎日の発電実績


    
コメント ( 8 ) | Trackback (  )
« 住替えの地は... 薪割会の前に... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (べっち)
2017-05-04 06:50:39
うまく進んでいるようでなりよりです!!
 
 
 
べっちさん (薪焚亭主人)
2017-05-04 06:58:16
おかげさまで・・・

始まって、
まだ1ヶ月なんだけどさ(笑)
 
 
 
Unknown (なべさん@郡山)
2017-05-04 12:36:31
右側の目印見つけた!どこだかわかりました(笑
確かにここなら申し分なしですね。
 
 
 
イイね~ (薪G)
2017-05-04 15:25:26
終の棲家造りですかぁー

土地が広すぎて管理が大変そう。。風は?
でも見晴らしが抜群で言う事なしか!

考えてみたら、未だ50代だから出来る話なんですね。

楽しみが増えて何よりです。

 
 
 
なべさん@郡山さん (薪焚亭主人)
2017-05-04 16:42:38
あの建物は、郡山市民なら、分かる人は分かるよね(笑)

ここね、生活の便がすごく良いのよ。
細君がOKしたのはそれ(笑)
 
 
 
薪Gさん (薪焚亭主人)
2017-05-04 16:44:21
広場の草刈は年に何度もでしょうね(笑)

今住替えないと、10年後、2階への薪運びで挫けそうなので(笑)
 
 
 
Unknown (パンキー )
2017-05-04 17:45:03
奥の方、鎮守の森ですよね(笑)
 
 
 
パンキーさん (薪焚亭主人)
2017-05-04 20:18:47
よく見つけたね(笑)

そう、それもありがたい土地だと思ってて、
火の神様なのよ。

二十数年前焼失して建てかえられたんだが(笑)

でも、いいなぁと・・・
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。