薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

もうそろそろ薪ストーブの切り替え時期だ!




世界中で半ワク〇ンのデモが凄いことになってるね。
日本じゃ殆ど報道されないし、自分も含めて日本人は大人しすぎる(苦笑)

世界同時デモで、イタリアオーストリアも、メルボルンでもやってる。
素晴らしいね、これが民衆の団結力だ。


ウチは地方紙なので知らなかったんだが、
因果関係不明としながらも、ようやく新聞で書き始めたみたいね。

デマでも陰謀論でもなく、これが現実だぜ!



【ポチると何かいいことあるかもよ?】



昨日は勤労感謝の日だったようだが、別の意味でと言うか、
だからこそ勤労に感謝しつつ、オイラはいつものように仕事をしていた(笑)

梱包発送もしたし、午後は夕方までの2時間と少し、
薪場で黙々と薪割りもしていた。

これで作ってあった200個の玉木は、ぜんぶ割り終えたので、
次はいよいよ原木の玉切りに手を付けることになる。



 


12月が近づくにつれ、我が家のリビングの広さだと、
そろそろノルンじゃ暖めきれなくなってきた。






全方位300℃になるアンビションだったら、まだ行けると思う。
カタログデータが、ここまで有効だったとは(笑)

ノルンはヒタのラインナップの中では一番非力な存在だ。

出力で考えれば、隠居部屋にノルンでいいんだよね。
でも、オープン付の薪ストーブは、リビングだからこそ置きたい訳で・・・


当初の予定通りにスクルドを置いたなら、
アンビションほどのミスマッチにはなってなかったと思うね。

どちらも出力的には同じなんだが、炉の使い勝手がまるで違う。

燃焼室の奥行きは大体同じとしても、
幅が347mmと482mmで、スクルドはアンビションより3割も狭い。


たぶん、実際に焚くことを考えると、
アンビションの方が炉が大きい分だけピークパワー寄りで焚くようになる。






残念ながら我が家は中断熱・中気密住宅なのでね(笑)

廊下も含めるとLDKは36畳あるんだが、
他の部屋も洗面脱衣室も開けっ放しなので、実質48畳の暖房になる。

そうなると、もうノルンじゃ無理なのよね。




■ディープな話はこちらで!



ここまでスクロールしたと言うことは、記事を読んでくれたんだよね。
つまんなかったとしても、↓クリックお願いしますよぉ~
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





 こっちも面倒見てやってください。


※今朝の気温 2℃


薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ



閑居人のブログ おヒマなら見てよね!




    
コメント ( 0 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 冬の玉切り会... ヒタのアンビ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。