薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

また仕込みたい榾木と、放出した無駄な熱は戻ってこない




大好物なので大喜びで食べたなめこは、おとといが最後の収穫だった。
結局、1本の榾木だけで3回も収穫できた。

来年の秋もまた食べれたらいいんだが、どうだろ?


適度な太さの桜の原木、誰か伐って来てくれないかい(笑)
できれば来年、また仕込みたいんだけどなぁ~






椎茸はまだ生ってくれてはいるが、来週の中ごろには寒波が来るみたいだし、
いくらなんでも、もうそろそろ限界だろうね。

こちらも次世代として、出来れば来年仕込んでおきたいが、
粋のいい楢や椚の原木が5本もあれば十分なので、誰か伐って来てくれないかね。

どうだろ? たかしやん(笑)



 


それにしても、グランデノーブルは良い薪ストーブだ。
て言うか、6坪足らずの狭い隠居部屋にはソープストーン以外は考えられない。

とにかく温まり難くて冷めにくい特性が向いてるのよね。
朝に焚いただけで寝るまで暖かく過ごせるなんて、ホント最高だと思うわ。


鉄の薪ストーブではそうはいかない。
直ぐに熱くなるから、部屋が無駄に暑くなりすぎてしまう。

そしてピークを過ぎると、特に鋼板製は直ぐに冷めてしまうから、
また焚かなくてはならなくなってしまう。

放出してしまった無駄な熱は、もう戻ってこないからね。






鋼板にソープストーンを組み合わせた薪ストーブは、
それを纏っていないものと比べたら、もちろん冷めにくいのは確かだけれど、
焚いて200℃オーバーのソープストーンと、その半分の温度じゃエライ違いなのだ。

蓄熱しても、冷め初めのスタートが200℃と100℃じゃ全然違うでしょ!


だから、同じソープストーンの薪ストーブでも、
蓄熱・保温の時間が違うと言うか、用途を別に考える必要があるよね。






この世界地図いいね。
一枚欲しいんだが、どこかで売っていないかな。

額に入れて飾りたいんだけど(笑)


世界の陸地の位置関係は、実際はこれに近いんじゃないかと思ってる。
少なくとも球体でないことだけは確かなようだ。

みんなも、心の窓を開けて風通しを良くするといいよ。




■ディープな話はこちらで!
 
 
 
ここまでスクロールしたと言うことは、記事を読んでくれたんだよね。
つまんなかったとしても、↓クリックお願いしますよぉ~
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
 
 
 
 

 こっちも面倒見てやってください。
 
 
※今朝の気温 8℃
 
 

薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ

 
 
閑居人のブログ おヒマなら見てよね!
 
 
 

    
コメント ( 0 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 枯渇しそうな... 2時間36本180... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。