薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

薪の移動、積み直しに4時間かかった



薄曇りで直射日光がなかった昨日、ビニールハウス内での作業はそれなりに暑いけれども、
両サイドの巻き上げと、前後の出入り口を全開にすると風が抜けて、
心地良いとは決して言えないが、そんなに苦にならなかった。

4時間かかってカビた薪をすべて移動した。
これで、薪割大会の前の状態まで戻すことが出来た。

表面がカラカラに乾くまで待って、それから積み上げた薪にカビは生えてない。
やっぱし、やり方を変えたらあかん(笑)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】
スルーの人もたまには!


薪積は2列までなら、そこまで拘らなくてもあまりカビないんだが、
空気の動きが最小限になる積み方の場合は、ある程度乾燥させてから積まないとダメた。

経験則で分かっていたはずなのに、間違いを犯してしまう。

次の薪割大会では積まないでランダム放置して、あとで自分で積んだ方が良さそうだ。
もう直ぐ次の原木が届くんで、自分の薪作りの基本は厳守したいと思う。

ビニールハウスに空きスペースが無くなったら、プラパレの上で表面が乾くのを待ち、
それからビニールハウス内に運ぶしかない。


次に届く原木は、殆どが自宅用になる。

自宅前の薪棚がガラ空きなので、そこに運び込むんだが、
完全に自然乾燥を待つことになるので、次シーズン用ではなくて、その次のシーズン用の薪だ。

ビニールハウスでないと、細薪は別として焚けるまでに2年はかかる。

次シーズン用としては、3~4年物の薪が6立方mと、
去年の10月に割った2立方mの薪があるんで8立方mは確保してある。

今の家なら、10月から焚き始めても冬が越せると思う。
旧宅時代よりも4立方mは確実に少ない。






それにしても4時間だ。

ビニールハウスの中は暑いし、単調な作業で飽きるし、
もうやりたくないね(笑)






 こっちも面倒見てやってください。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



※今朝の気温 17℃


薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
薪ストーブオークション




閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 茗荷が生えて... 世界の異常気... »
 
コメント
 
 
 
グーな薪貯金 (薪G)
2019-06-03 19:10:01
イヤー
見な眺めですなアー
薪の色も綺麗だし、整列された積み形。
お見事!拍手!
 
 
 
薪Gさん (薪焚亭)
2019-06-04 05:25:37
薪焚亭規格があるもので(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。