薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンス薪ストーブ情報バナー

すべてが自由で余命+10年?


一昨日の最高気温は27℃で、5月らしい爽やかさだったんだが、昨日は暑かった。

風のない30℃はちょっとイヤらしい。
家の中は涼しいんで冷房はまだ要らないが、外では歩いただけで汗が出た。


毎日お手数かけますがヨロシクです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】


朝起きると、そこは住居であり職場でもあると言う生活は、早いものでもう15年になる。

とりあえず人並みに生かされてるんで、毎日色んなことを思いつくままに考えたりしてるんだが、昨日はふと、そんなことが頭に浮かんだ。

通勤かぁ~ 今ではまったく縁がない。 懐かしい響きだ。

この15年間、仮に片道30分の職場へ週5日で通っていたとしたら、1日1時間の通勤と言うことで3910時間にもなり、それはなんと163日分の時間になる。

30分と言うのはサラリーマン時代の通勤時間なんだが、それ以降も職場への通勤は続いたんで、これまでの人生のトータルでは相当な時間的ロスになってると思ってしまった。

振り返ってみると・・・

事務所近くのマンションに住んでいた時ですら、Door-to-Door で10分かかったし、東京暮らしの3年間は車と電車と自転車で通勤してたが、どれもだいたい片道30分だった。

東京では中央区に住んでいたので、都心に向かう人の流れとは逆の行動パターンになり、息苦しい人混みや地獄のような満員電車、車の時でも道路渋滞はなく、通勤時間帯にそんな混雑を経験しないで済んだのは幸いだった。 逆行の電車なんていつもガラガラだった(笑)


トータルの時間はさておき、通勤者よりも毎日1時間ずつ自由時間が多いことになる。

考えてみると、これはすばらしいことだと思う。

その1時間で出来ること?

改めて自問すると、まぁ確かにこれと言って何かをしている訳じゃない。
そりゃそうだ。 それが当たり前なんだから、特段何がどうだと言う認識がなくて当然だ。

それを敢えて今の暮らしの中に当てはめて言えば、それは季節の草花を愛でながら散歩したり、煙草に火をつけ、ゆっくりと珈琲を飲んでる時間と言うことなのだろう。

珈琲タイムは、お気に入りの 「リサ・エクダール」 のCDを聴きながらだったり、JAZZだったり、これからの季節なら大滝詠一の 「ロングバケーション」 もいいね。

なにより、時間に追われることが無いのがいい。
決まった出社時間が無いのだから遅刻はありえないし、勤務時間や就業規則などの拘束もない。

全てが自由だ。


特に今の暮らしになってからの自由さは快適で、ストレス? あるのかなぁ~(笑)
この調子だと寿命が10年は伸びそうだ(笑)



だらだらと書き始めて、終わり方がワカランようになったんで終わりだ。

まぁアレだ。 柿が実ったら、柿食いに来なせー(笑)



こっちも面倒見てやってください。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】



※今朝の気温 17℃


閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



    
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 縄文人からア... アンコール琺... »
 
コメント
 
 
 
僕も (えー)
2018-05-17 22:31:32
社会人になって、今で3社目ですが通勤時間10分前後です。今はたまにヘルプで他の店に40分かけて行くことがありますが新鮮ですね^^;
満員電車で1時間以上かけて通勤される方はすごいなぁ~といつも思っています。

柿食べに行きたいっす!出来れば硬くて甘い柿が大好物です(笑)
 
 
 
えーさん (薪焚亭主人)
2018-05-18 05:02:18
そう、それよ。
満員電車で1時間、それが毎日だぜ!
おまけに、ついてないと痴漢の冤罪まで付いてくる(笑)
やってらんねぇ~

転職だな。
どうしても辞められないなら、職場の近くに住むね。

今年はとにかく量より質を目指すんで、
期待してくだされ(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。