薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

小江戸の街並みを歩いていたら・・・ このアプローチ嫌いじゃない




きのうも朝から終日の雨降りで、いい加減ホント嫌になる。

この辺りは大きな災害は無いんだけれども、3週間も続いてる梅雨の大バカ野郎のせいで、
九州や中国、東海や信州辺りじゃ大変なことになっている。

そんな悲惨な光景を見せられるのはもうウンザリで、
いっそのこと、新聞もテレビもネットも、すべての情報を遮断したくなってしまう。

それらと縁を切れたら、世の中から災害も消えるし、新型コロナのバカ騒ぎも無くなり、
時は穏やかに流れ、そこには自分らしい暮らしがあるだけだ。


雨降りの中、他の野鳥が息を潜めていても、カッコーだけは元気なようで、
裏山の谷間で鳴いているのだろう、反響してエコーのかかった声が聞こえてくると癒される。

カッコー以外では、ホトトギスの囀りも聞いていて心地よいものだ。

夜になれば、ヨタカやフクロウの声が、静まり返った森の中から聞こえてきて、
これもまた癒しで、酔っ払って外で吸う煙草がうまくなる(笑)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】



小江戸での晩酌はどうしよう?

昼は念願だった 小川菊の鰻 を食べれたんで良かったが、
夜の店については全くの未定だった。

果たして、観光地に落ち着いて飲めるような店があるのだろうか。



土産物屋が並ぶ小江戸の街並みを歩いていたら・・・

店舗と店舗との間に、他よりも一際狭い路地があって、
そこの木戸が、まるで二人を待ち受けていたかのように、ひっそりと開いていた。

小さな門灯と目が合うと、不思議と吸い込まれるようにして奥へ進んだ。







途中で誰かと行き合うことにでもなれば、
体を横向きにして、やっとすれ違うことが出来る程の狭い通路だ。

踏み石の数を数えながら奥へ進むと、全部で9枚だった。


7枚目で直角に右へ折れると、
門灯にあった文字、風凛と書かれた暖簾にようやく会うことが出来た。


こういうアプローチ、嫌いじゃない。







決して広々としてはいないが、丁寧にあつらえた踏み石と庭木たちの醸し出す、
和の雰囲気がなかなかいい感じだ。

こんな店を探していたんだ。


晩酌タイムの6時まではまだ5時間あるので、
とりあえず、カウンター席を二名で予約できたことは幸いだった。






 




 こっちも面倒見てやってください。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ




※今朝の気温 18℃


薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ



閑居人のブログ おヒマなら見てよね!

2020年収穫累計 / キュウリ : 72本
ナス : 29本



    
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 小江戸のCOEDO... ニセモノとホ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。