薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

面倒でもアンビションのワクワクは継続中!(意外と断熱性能が良い部屋だ)




新しい部屋での暮らし、そこで薪ストーブを焚いて快適に過ごす。
毎朝、薪を組み火を入れるのが楽しみでならない。


アンビション(バッフル機)の焚き付けは木っ端が必要なので、
ダンパー機のアンコールより面倒だが、燃え方が違うからワクワクは継続中!

て言うか、この部屋にはアンビションしかないので、
面倒でも焚くしかないんだけどね(笑)



メンドクサイとは思うけどヨロシクです。



隠居部屋の断熱材は、壁も床下も天井も全て、
自分の手で時間をかけて丁寧に、たっぷり仕込んだからなのか?

なかなか保温性能が良いみたいで、
今の時期、薪ストーブは朝だけ焚いたら夜は焚かなくて済む。


アンビションは鋼板製の薪ストーブではあるが、
熾きが無くなるまでは、余熱で部屋が冷めないこともあると思う。

寝る時間になっても、20℃を下回ることはまずない。


ただ、夜になるとリビングで薪ストーブを焚くので、
26~27℃の暖かい部屋での晩酌後には、20℃の部屋は肌寒く感じる。

寝るだけなら布団にもぐってしまえば良いのだが、
自分だけの個室が嬉しくて、寝るのが1時間くらい遅くなった(笑)



 


ウイスキーや焼酎のグラスを持ち込んで二次会、
ブルートゥースで懐メロを聴いていると、ついつい聞き入ってしまうのだ。

そんな時は、出入口の引き戸を全開にしておけばいい。
そうすることで、極端な温度差がなくなって快適な空間になる。







一昨日、ラパルマ島の噴火が凄いことになっていると書いたんだが、
群発地震も起きていて、その震源が問題のようだ。

ラパルマ島の南西斜面全体がとても不安定な状態らしく、
大西洋へ滑り落ちる可能性があると言う。


そこがもし崩れた場合、コンピューターモデルによれば、
高さ30~50mの大津波がアメリカ東海岸を襲うことになるようだ。

で、ここからがウソのようなホントの話?

群発地震の震源地がグリッド状に整列していて、
しかも震源の深さは、どれも10km前後で起きていると言うのだ。


EMSC(欧州地中海地震学センター)で調べてみると、
確かに、震源の深さが10km程度の細かい地震でたくさん揺れている。

グリッド状で同じ深さの震源なんてありえないと言う事で、
これは人工地震による攻撃だと、動画で主張している人もいるんだが!?

アメリカ東海岸の壊滅を狙っているのだと・・・


想像を絶する話だし、真偽のほどは分からないんだが、
今の世界は何が起きてもおかしくない。

けれども、たとえ外国だとしても、そんなことは起きて欲しくない。
DS最後の悪あがきで、失敗に終わると思うけどね。




■ディープな話はこちらで!



ここまでスクロールしたと言うことは、記事を読んでくれたんだよね。
つまんなかったとしても、↓クリックお願いしますよぉ~
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





 こっちも面倒見てやってください。


※今朝の気温 10℃


薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ



閑居人のブログ おヒマなら見てよね!




    
コメント ( 0 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 今年も大蒜(... 紅葉と頭の痛... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。