薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

これが現実なのだ! やるなら休みながらやるべし!




昨日の心臓の鼓動はヤバかった。

立っているのが辛くて椅子に座ると、まるで地震のように上半身が揺れた。
こんなに激しい動悸は滅多なことじゃ起きない。

さすがに少し焦ってしまったが・・・


 



確かに、きのうは働き過ぎたんだと思う。

朝の8時過ぎから、動悸が起きた夕方5時まで、
9時間ずっと何かしら動いていた。

その間の休憩は殆ど無し、1日2食なので昼休みはないし、
椅子に座ったのは煙草を吹かした数回と、トイレの便座に2~3回座っただけだ。

あとは水分補給で、朝摘みオレンジ天然水を数回飲んだ。



 


晩の肴にしたいと言われ、竹の子掘りから始まって、
そのあと、モミジのカイガラムシと新芽についたアブラムシの駆除をした。

のんびりやれば良かったのだろうが、
やってしまいたいと考えていたことが多過ぎたようだ。






次に向かったのは薪場で、ご覧の通り2時間程度の薪割りをした。
たぶん1立方mと少しが薪になった。

その後は家に戻り、薪棚の物置スペースの片づけをした。
雨に濡れないのを良いことに、仮置きのつもりが溜まる一方のガラクタたち、
それらを整理してゴミと分別だ。


そのあとは、一昨日に続いて薪の入替と掃除をしたんだが、
薪をブラッシングしながらの積み直し作業で、これが一番カラダに堪えたようだ。

延々とひたすら薪弄り、立ったりしゃがんだり・・・

そして激しい動機の時を迎えた午後5時だった。


還暦+1歳は、もう若くないってことだ。
特に肉体労働は程々に、やるなら休みながらやるべし!

悲しいことだが、これが現実なのだ。


 
■ディープな話はこちらで!
 
 
 
ここまでスクロールしたと言うことは、記事を読んでくれたんだよね。
つまんなかったとしても、↓クリックお願いしますよぉ~
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
 
 
 
 

 こっちも面倒見てやってください。
 
 
※今の気温 10℃
 
 

薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ

 
 
閑居人のブログ おヒマなら見てよね!
 
 
 

    
コメント ( 4 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 薪の入替と中... のんびり過ご... »
 
コメント
 
 
 
その後大丈夫でしたか? (おぼう)
2022-04-27 12:25:51
そんなに激しい動悸ってあるんですね。

身体にかかった負担って、気付きにくいのかも知れないですね。

私はかなり鈍感らしく、疲れとか心労とかちっとも実感できないので、
判るときは眩暈がするとか、発熱するとかになっちゃいます
 
 
 
おぼうさん (薪焚亭)
2022-04-28 05:35:19
眩暈とか発熱はほとんどないんだけどね。

ここ1~2年のことなんだが、時々動悸を感じることがあって不快なのよね。
しかし、あんなに激しい動悸は初めてだった。

おぼうさんはいくつか知らないが、
還暦過ぎの自覚を持たないとダメなのかねぇ~(笑)
 
 
 
Unknown (おぼう)
2022-04-29 18:27:27
私はまだ47歳ですが、
「きっと体力低下が進んだり、どこかの不調が増えたりはするのでしょう」
と気構えてはいます。

以前よりは体の声に耳を傾けるように、とか、
それほど空腹じゃないなら食べないでおく、とか。
そういうぐらいですが。

あと、今は「春の土用」ですから、畑作業とか、薪作業は少な目が良いのでしょうね。

先人の教えはダテじゃないのでしょう、という気もします。
 
 
 
おぼうさん (薪焚亭)
2022-04-30 05:36:58
そう言うことなのかも知れないねぇ~

疲れも取れにくくなってきた。

1日2食にして10年以上になるが、あれは良い決断だったなと・・・
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。