薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

薪の減らない冬と薪棚の設計図のようなもの

 


寝室にはカーテンもブラインドもないんで、
満月の夜は、布団に入ると東の窓からの月光がやけに明るいんだが、妙に心地よい。

月灯りで眠りにつけるなんて、風情があっていいじゃない?

で、朝起きて煙草を吹かしに外へ出ると、今度は西の林の上で月が笑っている。
東から西へ寝ている間に移動していて面白い、月も生きてるね(笑)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】



あったか過ぎて、まだ1月の中旬だと言うことを忘れてしまいそうだ。
昨日は10℃を超えたんじゃないかな、風もなく晴れたり曇ったりで3月みたいな陽気だった。

薪ストーブは朝だけ焚けば十分で、日中、こんなに焚かないで済む1月は初めてのことだ。

当然ながら薪も減らなくて、厳寒期には月に2立方m程度焚くのが例年だが、
その半分くらいで済んでしまいそうだ。


このまま暖冬ペースが続くとすれば、薪の消費が激減するのはほぼ確実で、
今シーズンはこれまでにない記録的な数量になりそうだ。

終わってみたら5立方m?
いやいや、もしかしたら4立方mでも足りてしまうかも知れない。


旧宅時代はデファイアントだったこともあり、1シーズンに12立方mほど焚いていた。

閑居に住み替えてからは、住宅性能の差からアンコールで十分暖かく過ごせたことで、
薪の消費は半減して、6~7立方mあれば足りてしまう。

それが、今シーズンは暖冬のせいで更に少なくて済むのだから、
嬉しいような、そうでないような、薪ストーバーとしてはなんだか複雑な心境だ(笑)



昨日コメントいただいて、薪棚の寸法が知りたいみたいなことだったので、
そのリクエストに応えて、オイラが描いた絵を貼っておこう。

分かりやすい写真は、薪棚は1枠3列で3立方m にあるんで、それも参考まで・・・





これは位置図みたいなもの、コの字型の配置と寸法だね。




これは側面の立面図と言ったところですかね。





で、これが正面の立面図。






これは3列になる薪棚の詳細寸法で、格納想定は40cmの薪だ。

使った柱の寸法は3寸角で、一番安いグリーン材だ。




 こっちも面倒見てやってください。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



※今朝の気温 -1℃


薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション




閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



    
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 良い薪にはな... 薪ストーブの... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (qoo)
2020-01-13 08:13:01
投影図書いて貰えれば理解できますのに!
 
 
 
qooさん (薪焚亭)
2020-01-13 08:25:05
さすがにブログのためにそこまで時間かけられません(笑)

大工さんはこれで理解して刻んでくれましたし・・・
 
 
 
薪小屋 (Debuji)
2020-01-13 08:51:22
ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
 
 
 
Debujiさん (薪焚亭)
2020-01-14 05:38:21
大体は分かるかな?

まぁこんなもんです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。