薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

残った熾きで焚付けて、細枝の木口はジューシーで、小春日和に酒を飲むのも悪くない

 


とうとう 琉球朝顔 が枯れた。 

22日の-1℃が堪えたようで、翌日から徐々に葉っぱが萎れて枯れだして、
昨日はついに、花が咲かなくなった。

今朝も0℃台まで冷え込んでいて、晩秋と言うより、もう冬だね。

アンコールに残っていた熾きをかき集めて、いま焚付したところなんだが、
最後の薪から7時間半後なら、なんとか着火剤なしで行ける。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】
スルーの人もたまには!



気温はそれ程上がらなかったが、風のない凪の一日は、快晴の青空の下で陽射しもあって、  
きのうは写真の通りで、一昨日の午前中 よりも小春日和な一日だった。  

ドウダンツツジが最後の赤色を見せてくれてるが、林の木々の半分くらいは葉を落として、 
既に冬支度も完了してるようで、里の紅葉もそろそろお終いだ。 

なので、琉球と名が付く朝顔が枯れるのは当たり前だな。 



夕方のテレビでは、翌朝は冷えそうだと天気予報がしきりにアナウンスしてた。

細君に訊いたら、薪ストーブオーブンを使う予定は無いと言うんで、
ロギの焚付はせず、昨夜の暖房はアンコールに決定だ。

追加薪をして長く焚くならば、アンコールの方があったかい。
て言うか、暖かさのコントロールをしやすいし、結果として薪を効率よく消費できるのだ。



昨日は一日中動いていた。

午前中は通常業務で、前夜のメール対応と注文品を梱包する発送業務で、
昼には知人宅へ薪を届けて、家に戻れば待っていた佐川急便の配達があり、また梱包だった。

全ての発送業務を終えたのが14時半で、そこからは薪場で作業だ。



保管していた2立方mの玉の半分を割り終えて、16時に家に戻ると、
次の仕事は、窪んで雨水が溜まりそうな所にスコップで砕石を敷き詰めていた。

それが一段落すると、次は薪場から持ち帰ってきた薪の整理、
軽トラからウッズマンカートに積み替えてる作業中に、細君が仕事を終えて帰ってきた。

話が前後したが、これで上で書いたアンコールを焚くことになった経緯が繋がる。



三月の終わりに伐り倒した柿木は、太い部分はちゃんと割って薪棚に重ねてあるが、           
細い枝木 はログフープに集めただけでずっと雨ざらしだった。

あれから8ヶ月経ってるんで、試しに細めの枝を焚いてみたら・・・
そうね、予想通りなんだが、木口がぶくぶくと泡吹いて、まぁこんなもんだろう。

それなりには燃える(笑)






こんなに穏やかな良い天気はなかなかない。

仕事なんか止めて、日向ぼっこしながらお茶でも啜っていたいものだ。
いや、肴は漬物だけでもいいから酒でもいいね(笑)





 こっちも面倒見てやってください。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



※今朝の気温 0~1℃


薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション




閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )