コメント
 
 
 
Unknown (もんも)
2016-01-26 13:19:23
「薪ストーブ焚いてるやつは変人だ」

静かに深く頷いています。
手間はかかるし薪の入手は大変だし…
シーズンオフの手入れも高い屋根の上に
のぼって「きゃっ 恐い!!」なんて
言いながら手を煤だらけにしてる。
そして冬になれば「寒くなれ」と願う。

これが変人じゃなきゃ何なのでしょう?

今回の寒波で鹿児島でもパウダースノーに
お目にかかれました。
今シーズン、もう一回くらい来てくれても
いいよ、寒波さん。
 
 
 
もんもさん (薪焚亭主人)
2016-01-27 09:26:17
鹿児島で雪なんて、こっちの人間からしても何となく変な感じです。
稀なことなんでしょうね。

どのくらい冷えるかは分かんないけど、
また来るよ寒波!

たぶん来週、変人ぶりを発揮してください(笑)

 
 
 
ポールさんの場合… (おぼう)
2016-01-29 09:45:34
http://fireside-essay.jp/paul/country/1318.html
によると
「私のアンコールの場合は平均15cmの薪を1日6~8本使用します。」
とのこと。
6~8本てえらく少ないですよね。うらやましーっ(´▽`)
 
 
 
おぼうさん (薪焚亭主人)
2016-01-30 05:58:39
アンコールで15cm程度の薪を1日に6~8本と言うのは、
まぁ妥当な量だと思いますよ。

ただ、これは大割の薪の本数であって、
焚き付けや追加薪の時に使う小割や中割りを含んでないと思うんで、
1日に必要な薪の量としては、実際にはもう少し多いでしょう。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。