“記念日だらけの毎日”            今日は何の日?

毎日なにかの記念日になっている現代、
「今日は何の日?」かを知ったなら、
心トキメク、素敵な一日に変わるかも!

一月七日(七草・七草粥、人日、爪切りの日、千円札の日・・・)“記念日だらけの毎日”

2019年01月07日 | 1月

<PR>たびノート!! 京都の観光スポット<PR>

金運UPのパワースポット 京都 御金神社

俳句でイジメが解決できる?

今日の気になるアイテム
象印 圧力IH炊飯器 極め炊き プラチナ厚釜[5.5合炊き]

BlogPeopleガチャガチャブログ←「ガチャガチャブログ」どんなブログに出会えるか?ブラウザの「バック」アイコンをクリックする毎にランダムジャンプします。

七種,七種粥
春の七種を刻んで入れた七種粥を作って、万病を除くおまじないとして食べる。
七種は、前日の夜、俎に乗せ、囃し歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れる。呪術的な意味ばかりでなく、おせち料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能がある。
「春の七種」とは以下の7種類である。

芹(せり)
薺(なずな)
御形 (ごぎょう)
繁縷 (はこべら)
仏の座 (ほとけのざ・シソ科のホトケノザとは別のもの)
菘蕪 (すずな)
蘿蔔 (すずしろ)

人日
五節句のひとつ。
古来中国では、正月の1日を鶏の日、2日を狗の日、3日を猪の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていた。そして、7日目を人の日として、犯罪者に対する刑罰は行われないことにした。
また、7種類の野菜を入れた羹を食べる習慣があり、これが日本に伝わって七草粥となった。日本では平安時代から始められ、江戸時代より一般に定着した。

爪切りの日
新年になって初めて爪を切る日。
七草を浸した水に爪をつけ、柔かくして切ると、その年は風邪をひかないと言われている。

千円札の日
1950(昭和25)年、初めて千円札が発行された。
肖像画は聖徳太子だった。不出来の500億円分が廃棄された。

七日正月
六日年越し 1月6日

消防出初め式

夕霧忌
大坂の遊女・夕霧の1678(延宝6)年の忌日。


「毎日が記念日」より転載 秋桜歳時記

楽天トラベル 東京ディズニーリゾート

『イベントニュース』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 一月六日(色の日、ケーキの... | トップ | 一月八日(平成スタートの日... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

1月」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

鷽替(うそがえ) (季語と暮らす生活!★★歳時記で知る日本の四季★★     ~...)
 携帯版『秋桜歳時記』鷽替(うそがえ)《季 新年》一月七日・太宰府天満宮 一月二十五日・東京亀戸天満宮うそかえ【鷽替】福岡県太宰府の天満宮で、正月七日夜、酉(とり)の刻(午後五~七時)に行われる神事。参詣人が「うそ(鷽)(2)」を交換し合う。昨年の凶を嘘(う...
鷽替(うそがえ) (   季語と暮らす生活!                  ...)
 携帯版『秋桜歳時記』鷽替(うそがえ)《季 新年》一月七日・太宰府天満宮 一月二十五日・東京亀戸天満宮うそかえ【鷽替】福岡県太宰府の天満宮で、正月七日夜、酉(とり)の刻(午後五~七時)に行われる神事。参詣人が「うそ(鷽)(2)」を交換し合う。昨年の凶を嘘(う...