Reflections

時のかけらたち

あの頃 ・・・ in those days

2019-01-13 23:42:07 | souvenir

 
                                                   Pillar Cottage Hawkshead

何時もカメラを持って出かける時に、一応試し撮りをしていくことにしています。
前みたいにメモリーカードが入っていなかったみたいなことがないように。
今まではブルーを撮っていたのだけど、本箱の中のスーベニアを撮ってみたらかわいかったので
続けて撮ってみました。



                                     有名なアルベロベッロの家

亡くなった義理の姉が旅行をしたときに、お土産に一つずつ買ってきてくれたものです。
他にも娘のかわいい洋服や、私もパシュミナのストールとかいろいろなものをもらいました。
彼女には私たち家族が一番お世話になり、華々しく人生を通り過ぎた人でした。相談に乗ってもらったり、
娘が熱を出した時とか、保育園に迎えに行ってくれたり、主人が具合が悪くなった時に病院に行ってもらったり
私たちが生きて行くのに誰よりもお世話になった人です。娘は小さい頃土日になると熱を出して
病院周りをしていました。その時の女医さんに3歳児なんて人に迷惑かけないでは生きて行けないわよと
言われました。仕事を持っているとそういうことになります。義理の姉はピアノの先生をしていて、都民劇場も
お友達と行っていたのですが私を誘ってくれました。そのころは私は5階の一番下のランクでしたので、休憩時間
に会ったりしていました。今でもその時のお友達の一人とコンサートをご一緒しています。もう一人の方は悲しみの
あまり、来なくなってしまいました。


                              主人が買っていたSt.George's Church

子どもが保育園に行っていた時の朝とかどうやっていたのかもう記憶がなくなっています。
仕事に持っていくお弁当を作ったり、朝の片付けもして、子どもと一緒に保育園によって通勤して・・
そんな大変なことしていたのかと今では思います。もっと小さいころは夜中の洗濯が大変だったけど。
仕事から帰る時も残業なしで帰る時間までに靴をウォーキングシューズに履き替えて、時間になったら
駆け出して保育園にお迎えに行って・・ 仕事で帰れなくなった時は児童館(学童保育)の頃だったか
お友達のお母さんに連れて帰ってもらって、家に一人でいて、電話をしても泣き声だけで、ものすごく
せつなかったときがありました。主人はそんなに帰りが遅くなかったから入院してたのか、道路が渋滞してたのか
もう生活の記憶も薄れてきています。その時はナショプロの事務をしていて、とても大変だった時代でした。
私の仕事で大変だったのはナショプロと経理の担当になった時と、いきなり国際会議の担当になった時だったけど。
ナショプロで共に仕事をした企業の研究者はその後肺癌で亡くなりましたが、同志という感じでした。
体調を悪くして病院に長くかかっていたのですが、病院で早期発見ができず残念でした。自分が癌になるなんて
信じられないと話していましたが、徐々に受け入れて行ったのでしょうね。亡くなられた後論文賞を
受賞して、代理で表彰された奥様とお嬢様に早稲田大学のキャンパスでお会いしたことがありました。
ナショプロの仕事をしていた頃、奥様は司法試験を目指していてその後パスしてそのキャリアを続けて明日に向かって
いる感じがしたことを覚えています。

国際会議の担当がいきなり回ってきたときが、一番つらくて毎日朝5時に起きてボッチェリのCon te partiroを聴いて
一日をスタートさせていました。上司にはいつになったら笑ってくれるかといつも言われて。それでも時間が解決します。
国際会議が終わりさえすればという。その後パワハラやセクハラ問題で上司が次々変わり、その次の上司は
さすが問題のない人でしたが、出向元の企業の定年となった時に鬱になってこれなくなってしまいました。その後時間が
かかりましたが治って今では定年退職をしたら5つ以上の趣味を持たなければダメと教えてくれました。
なんだかこんな小さな世界でもいろいろなドラマがありました。

聴き飽きるほど聴いたボッチェリの歌っていた曲をこれから練習することになりました。
20年も前の曲ですが、最近歌っているのがあったので貼り付けました。イントロの早口言葉が難しい。



Con te Partirò

Quando sono solo
E sogno all'orizzonte
E mancan le parole
Sì lo so che non c'è luce
In una stanza quando manca il sole
Se non ci sei tu con me, con me
Su le finestre
Mostra a tutti il mio cuore
Che hai acceso
Chiudi dentro me
La luce che
Hai incontrato per strada

Con te partirò
Paesi che non ho mai
Veduto e vissuto con te
Adesso sì li vivrò
Con te partirò
Su navi per mari
Che, io lo so
No, no, non esistono più
Con te io li vivrò

Quando sei lontana
Sogno all'orizzonte
E mancan le parole
E io sì lo so
Che sei con me, con me
Tu mia luna, tu sei qui con me
Mio sole tu sei qui con me
Con me, con me, con me

Con te…



                                 結婚の時お祝いにリクエストしてもらったガラスのオーケストラ

コン・テ・パルティロ Con te Partirò
タイム・トゥ・セイ・グッバイ Time To Say Goodbye

一人きりのとき水平線を夢見た
そして何も言えなくなった
太陽 そうあなたがいないと
部屋に陽の光は降り注がない
私のそばにあなたがいなければ
窓辺からみんなに見せて
あなたが火をつけた私の心を
私を満たして
あなたの人生で出会ったすべての光で

旅立ちのとき
誇りを持って生きてゆけば
水平線も遠くはない
新たな場所で生きていく
さあ旅立ちのとき
船にのり 過去という海をわたり
さあ旅立ちのとき

あなたと遠く離れていても水平線を夢見る
そこに言葉は必要ない
あなたはいつも私のそばにいるとわかっているから
月のように私のもとを離れず
太陽のように私のそばにいて

旅立ちのとき
誇りを持って生きてゆけば
水平線も遠くはない
新たな場所で生きていこう
さあ旅立ちのとき
船にのり 過去という海をわたり
あなたとともに私は生きていく

旅立ちのとき
船にのり
過去という海をわたり
あなたとともに私は生きていく

旅立ちのとき

私はあなたとともに


やっぱり最後はQueenで

Freddie Mercury  Forever




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 新しい散歩道 肥後細川庭園... | トップ | 過去と現在のクロスオーバー... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あの頃 (あるばとろす)
2019-01-14 18:38:35
大変な時に助けて下さったお姉様は、神さまが送ってくれた人だったのかもしれません。子育てをしながら、仕事を続けるだけでも大変なのに、旦那様の病気の心配もあって、振り返ると万感こみ上げることでしょう。小さなスーベビニアを見ていると、一つ一つの思い出が蘇ってきますね。ボッチェリの歌を歌って元気付けていたって、いいお話です。
忘れてはいけない人 (カンカン)
2019-01-14 20:30:15
あるばとろすさん、コメントありがとうございます。
ひとつのものから連鎖的に思い出がよみがえり、つながって広がっていくことがありますね。
義理の姉は恩にきせることもなく、いつも飛んできてくれました。さっぱりしていて、感覚的には男性的でした。ピアノ教師のほかにも家にいても仕方がないからと仕事をして、それで海外旅行に行ったり、娘の学資のために積み立てをしていてくれました。それは東京でピアノを教えるために私たちが住んでもいい実家にいたからという理由でした。いろいろな人に助けられて生きてきたことを時々思い出さないといけないですね。

コメントを投稿

souvenir」カテゴリの最新記事