Reflections

時のかけらたち

息抜き (追記あり)・・・ taking my mind off my work.

2018-03-13 23:35:47 | a day in the life
3月12日




先週、仕事のことですごく落ち込んでいて、ちょうどいとこの方の案内をいただいていた
展覧会にお誘いして、会って話を聞いてもらうことにしました。
唯一今の職場で話しができる方です。

とにかく私語はほとんどない職場。黙々と仕事をして、自分自身を出すことはほとんどありません。
4時間、ノンストップで手を動かして帰るという毎日です。最初仕事を教えてもらったYさんは
以前、一般企業にも努めていたので、お互い分かり合うことができます。




フランスに住んでもう30年以上になるという菊池正志さんの展覧会です。
現在パリ郊外のサン・ドニに住んでいるとのこと。
茅野で育った菊地さんの心の中の風景です。八ヶ岳や霧ヶ峰など・・イメージで描かれています。

お話しているうちに大学で油絵を習ったのに、卒業してから友禅に携わって、京都で7年くらい先生について
いたとのこと。そして再び油絵の世界に。もしかすると和の色合いが出ているかもしれないと話されていました。
私は若い頃大好きだったががボナールを思い出しましたが、ボナールの色合いはあまり好きではなく、他の方の画家の
名前を出していましたが、忘れちゃったので、今聞いてもらっています。
























夕方、月が輝くことがあるそうです。





















どの絵も静かに自然に向かい、とてもきれいでした。
心のあり方が絵に現れているようでした。

しばらく、フランスでのお話しとか聞いてから、歩いてお茶を飲みに行きました。









美味しいコーヒーを飲みながら、話は尽きません。
東中野で上映中のドキュメンタリー映画「人生フルーツ」がとてもよかったという話をお聞きして
見に行きたくなりました。

彼女の息子さんも画家で、来月個展があります。高校の時からアメリカで、その後イタリアにも行ったりして、
今は北海道ニセコに住んでいます。まだ20代なのに頑張っていますね。






お互いあまり知らないようですが、不思議に何か似ているところがありそうです。


追記:菊池さんの好きな画家はボナールと同じナビ派のヴィヤールとヴァロットンということでした。
   ヴァロットンは知りませんでしたが、比較的最近三菱1号館の美術館で紹介されたようですね。
   ヴィヤールの色合いがボナールより好きと話されていました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 梅の花の咲くころのお墓参り... | トップ | 時間の旅人 ・・・ travele... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一茶 (久我山散人)
2018-03-14 21:07:46
色彩を削いで人物を小枝のように抽象化すれば、小林一茶になると思いました。一茶は、当時の花のパリといえる江戸に捨てられた男の子ですが、郷里に帰ってがぜん悪人になりおおせます。そういう句作は、他の俳人とちがってearly近代を感じさせる。現代は中途半端なポストモダンでは乗り切れないけど、この絵は何かを暗示させますね。ちょっとあいまいにゴッホとかムンクっぽいけど。
一茶 (カンカン)
2018-03-14 23:52:41
一茶のことを何も知らなかったことに気が付きました。
自然を詠んだ俳人ということだけ・・

菊池さんは卓也君の絵をムンクっぽいと言っていました。
職場の友人の親戚の方の絵ですが、思ったよりずっと良くて
短い期間の展示会ですが載せました。
とても苦労されていると思うけれど、暗くないのです。
一瞬熊谷守一の線を思い出したり・・
一茶 (久我山散人)
2018-03-15 00:27:57
小林一茶や鴨長明は、はっきり言って、はみ出し者、怠け者、エゴイストだと思います。石川啄木や中原中也と比較しても、それ以上です。鴨長明は庵に逃避できましたが、一茶は旧宅を半分に仕切ってまで義弟と遺産争いをしつつ、農事は妻に任せっきりで放浪。
Unknown (カンカン)
2018-03-15 00:58:36
小林一茶も弱い者の味方かと思っていたけど
結構人間臭い人だったのですね。
方丈記は高校生のころ読まされましたよね。
あのイントロが好きでした。
徒然草は面白くて時々いろいろなところを
見ていました。

昔、若桑みどりさんがマニエリズムか何かの美術の講座があって聞いていたことがありましたが、彼女はミケランジェリあたりを指してか、芸術家はどんなにインモラルでも素晴らしいものを残してもらえばかまわないと言って、驚いたことがあります。人間性が現れる芸術もあれば、全く切り離されたものもありますね。
方丈記 (久我山散人)
2018-03-15 05:00:30
方丈記の冒頭は美文ですが、中には切実なことも書いています。住む家は移り住むたびにどんどん小さくなり、ついには方丈(四畳半)になってしまった。方丈で清く生きるはずなのに楽器を持ち込んでしまった、など。

それから冒頭に近いところに京都大火の記事がありますが、私がかつて読んだ記憶では、火元は「病人の泊まる宿」とあったのに、最近採用されている写本(自筆とも言われている)では何と「舞人の泊まる宿」になっているので大ショック。おそらく後者が正しいのでしょう。舞人の宿から出火した炎が、京の街をなめつくす。漢字一字違うだけで、ぜんぜん違うではないですか。これは昨今流行りの書き換えではなく、写本の写し間違えですが。
職場 (あるばとろす)
2018-03-15 13:50:08
私語が一切許されない職場って、私には無理かも。50を過ぎて再就職した時にいろいろ仕事を変えましたが、ここは自分の精神衛生上よくないと思ったところはすぐ辞めました。無理しないで下さいね。
方丈記 (カンカン)
2018-03-16 01:13:14
薄い本だったけど、今家ではもう見つからないだろうな~。傍に置いているのは万葉集と徒然草だけかも。
舞人の方がかっこいいですね。昔は全部写本したから大変。

私は冒頭のところが無常観というより、表面が変わっていないようでも、底で同じ水は流れていないという感じがとても好きです。
職場 (カンカン)
2018-03-16 01:19:51
あるばとろすさん、コメントありがとうございます。
再就職でいろいろ仕事してみたのですね。
私も最初3か月のつもりで引き受けたのですが、前任者のお子さんの登校拒否がなかなか治らずにずっと来ています。
いつでも戻ってほしいのですが。
今の職場で一人でも話ができる人がいて良かったと思っています。仕事って1年くらいやってみないとわからないのですが、人間関係ってすごく難しいところです。確かに精神衛生上良くないです。まぁ子供が好きなのと、子供の面倒を見てくださる方に協力したいというのはありました。手を使う仕事もいいものかと。
さすがこの年になってくると時間も貴重だし・・
半年の契約をしているので、そのあと長くて再契約1回かなと思っているところです。

コメントを投稿

a day in the life」カテゴリの最新記事