幹事クリタのコーカイブログ

テニスをはじめあれこれ好き勝手書いています。「幹事クリタのコーカイ日誌」のブログ版です。

ポイ捨てされる役人たち

2018-03-13 23:39:53 | 政治
 森友文書の改ざん問題の報道を見ていると、つくづく役人が可哀想に思えてなりません。かつては政治家を裏からコントロールして、政治家は三流でも官僚が一流だから日本はもっているんだ、なんて言われていましたが、今じゃ政治家の政争や汚職の道具にしか過ぎず、それもすぐにポイ捨てされる道具に成り下がったようで、あの高慢で憎たらしかった官僚様たちはどこにいったのやら。

 人事権を官邸に握られているから政権の意向に逆らえないという解説もありますが、本当にそれだけなんでしょうか?いくら人事権を握られているとは言え、公文書の改ざんまでやらされて罪に問われるのは自分たちだけという大損な役回りを引き受けるんですかね?正義感や倫理感のある立派な役人はやらないだろうし、逆に頭の回る悪い奴もそんなリスキーな橋を渡らないような気がしますが。

 それとも最近の官僚はレベルが下がってしまって、正義感もなければ頭も悪い連中ばかりなんでしょうか?それはそれで日本にとって大ピンチです。日本は役人が優秀だから政治家がアホでも大丈夫という神話はすっかり過去のものになっていたということですから。

 こういうことが起きると、ますます日本の有能な若者は役人にはならなくなっていくでしょう。霞が関が単にかつて勉強ができただけの無能な集団に変質していっているのなら、日本の先行きは暗いと言わざるをえません。森友自体の発端は大したことではなかったかも知れませんが、その尻拭いで起きた改ざん問題の方は世の中に重大な影響を及ぼそうとしています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大坂なおみとダニエル太郎 | トップ | 池の水を抜いたら魚は死ぬ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事