BLOG STATION
東京発世界行

written by Ken
 



■オウム返しの術
π氏の雑記(PCのジャンキー):■題名が先?記事が先?
…という記事に対して、トラックバックする際、同じタイトルの記事を書いてしまう誘惑に陥りやすい。
この現象を、「オウム返しの術」と名づけることにしよう。
「そんなの別にいいじゃん。自分にとって(または、自分のブログの読者にとって)、わかりやすければいいんだから」
と思っているひとは、トラックバック練習板:1つだけ願い事が叶うとしたら?(9月16日) に並ぶ数百のエントリーの中から、読みたくなる記事を選んでみるといい。

■タイトルのつけかたと個性
以前、文章の題名~読みたくなるタイトルという記事で、例文を提示して、「あなたなら、どんなタイトルをつける?」というトラックバックを募集したことがあるのだけど、実に個性的な「タイトル」が集まった。
これらは全て、「記事が先」で、タイトルを後から考えたものである。
同じような内容の文章であっても、タイトルのつけかたで個性を表わすことが可能なのだ。
もっとも、あまり奇を衒いすぎて、見掛け倒しの題名に、中身の薄い文章というのも、困りものではあるのだが。

■文章のテーマとタイトル
文章における主題(テーマ)とタイトルは、必ずしも一致させる必要はない。
しかし、テーマとタイトルが一致している文章は、注目されやすく、そういう記事が続けて書かれているブログは、読者を獲得しやすいのではないかと思う。
π氏さんの「■題名が先?記事が先?」という記事のタイトルは、テーマとタイトルが一致していて、なおかつ読者の興味を惹く内容になっている。
一方、「■秋の楽しみ」というタイトルは、記事を読まなければ、内容を想像することが困難だが、π氏さんの人柄や趣味を知っている読者にとっては、なるほど!と思わせる仕組みになっている。巧いタイトルだと思う。

π氏さんは、土日がお忙しいらしいのだけど、ぜひ、「運動会~熱血オヤジの応援記」という記事を読ませていただきたいと思う、秋の夕暮れである。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 ) このエントリーを含むはてなブックマーク



« コメントのガ... 『ブログシュ... »
 
コメント
 
 
 
オウム返しの術 (π氏)
2005-09-17 23:41:14
なるほど・・・



実はですね、

>一方、「■秋の楽しみ」というタイトルは・・・



こちらの記事は いつもと違って

後で題名をつけてみたんですよ。



自分でも ちょっと変わった雰囲気あるのかな・・・って思ってましたが、私は 先に題名をつけたほうがしっくりくるような気がしました。



熱血オヤジの応援記は ちょっと待ってくださいね。

後で 持ってきますから。
 
 
 
こんにちは。 (Ken)
2005-09-18 01:03:26
>π氏さん

> こちらの記事は いつもと違って

> 後で題名をつけてみたんですよ。



やっぱり、そうでしたか!

なんか、他の記事と違うなあと思ったんですよね。

熱血オヤジ、楽しみにしております。



 
 
 
Unknown (LSTY)
2005-09-20 10:26:28
 僕はMyBlogListで、巡回ブログの「タイトルのみ表示」をしているんですが、これをやっていると「(自分が)踏むタイトル・踏まないタイトル」が分かって面白いです。
 
 
 
こんにちは。 (Ken)
2005-09-20 15:20:00
>LSTYさん

RSSリーダーなどで「タイトルのみ表示」にしているひとは、タイトルが最重要になってきますよね。

そこで、読むか読まないか、というのは、個人の趣味や嗜好が入ってくるのでしょうね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
HP制作