BLOG STATION
東京発世界行

written by Ken
 



こんな世の中を妄想してみる。
 (■オトコのキモチ■: ジェンダーもしくは血液型について
無義さんは、“血液型による性格診断によって格差や差別の蔓延する社会”について、「妄想」と書かれている。
しかし、こういうのって、あながち妄想ではなく、実際にあるのではないだろうか。

■性格を類型化しすぎることの弊害
血液型と性格類型を結びつける、という考え方が流行し始めたのは、1970年代ではないだろうか。詳しくないのだけれど、その手の書籍が繰り返し出版されるきっかけとなった本がベストセラーになったのは、その頃だったと思う。
その後、割とまじめに研究するひとも現れ、血液型を元に職種、配属先、組織編制などを決定する企業がニュースで取り上げられていたことを記憶する。(ああいう企業は、どうなったのだろう。)
そして、今や血液型性格診断は、飲み会のときの定番の話題となっている。
軽いノリの話題だからいいや、などと思っていると、ひどい目に遭ったりもする。
人の性格を勝手に類型化して語るぶんには罪がなさそうにみえるのだが、コトが“相性”の話になってくると、真剣に語りだす連中が、必ず現れるのである。
「あなたは×型だから、私とは相性が合わない」
などと、真顔で言われたら、どう返せばよいのか。
かといって、「血液型と性格は関係ないんだよ」と言って、その証拠を列挙したりすると、空気の読めないヤツというレッテルを貼られてしまうから、始末が悪い。
しかし、血液型性格診断によって相性が悪いという結果が出たために別れてしまったカップルや、上司との相性が悪そうだからという理由で退職を決めた OL を実際に目撃するに及んで、僕はもうまじめに返事をするのを止めることにした。

■血液型性格診断信者対策
即ち、以下の二点を実行したのである。

  • 自分の血液型は、原則として明かさない。
  • どうしても血液型を明かさざるを得ない状況になったら、うそを教える。


  • もちろん、緊急の輸血などの場合に、うそをついてはならないわけだが、これは友人・知人との会話場面の話である。
    経験上、血液型性格診断の信者にうそを教えても、自分の血液型は絶対にばれない。また、「あなたって絶対、×型でしょ!」と信者から言われても、当たる確率は1/4程度である。
    しかし、それに続いて、「×型のひとの性格というのは……」と信者が仰る類型的な項目に、半分くらいは自分が当てはまっていることに気づく。そうすると、その後、適当に話を合わせやすいわけである。(しかし、残りの半分くらいは、当てはまらない。自分の本当の血液型の“性格”だとしても、当てはまらないのだ。)

    「今まで三十数年間生きてきて、ずっとA型だと思っていたのに、血液検査をしたらB型だった」
    あるとき、信者の友人がこう言った。
    彼にとって、それはショッキングな出来事であったらしい。
    しかし、これが現実なのだ。これからは、B型人間として生きていくがいい。

    ところで、血液型性格診断の信者には女性が多いのではないか。などと書くと、これはジェンダーの話になってくるので、やめておくことにする。

    ---
    ◎参考リンク
    血液型性格判断をやめよう

    コメント ( 16 ) | Trackback ( 1 ) このエントリーを含むはてなブックマーク



    « ひなまつり セロニアス・... »
     
    コメント
     
     
     
    Unknown (54)
    2006-03-07 05:26:31
    血液型が違えば分泌される化学物質も違ってくる。それが性格に影響をあたえるのではないか。そう考えると、血液型性格診断はある程度科学的なのではないかと思える。

    もっとも、遺伝子や、環境、経験など多くの要因が性格に影響を与えるので、血液型だけで性格が決まるものではないが。
     
     
     
    よく解らないけど (nana)
    2006-03-07 09:15:49
    nanaはAB♪
     
     
     
    信者はコワい (無義)
    2006-03-07 09:44:38
     血液型に限らず,○○による性格診断とか相性占いとかはいろいろありますね。どれもあたっているような,いないような。

     でも,たまにある「あなたは○型だからそうなのよ」とか「俺は○型だからこうなんだ」といったものが,「○型らしさ」を形づくり強化させていく,というのはあるかもしれません。占いが性格をつくりあげてるようなもんです。

     俺の場合,「○型だから,こういう性格なんだ」と,逃げの言い訳に利用することがほとんどですが…。(笑)
     
     
     
    こんにちは。 (Ken)
    2006-03-07 11:38:11
    >54さん

    > それが性格に影響をあたえるのではないか。



    …という仮説が、いつの間にか一人歩きして、当然のことのように語られてしまうのかもしれませんね。
     
     
     
    こんにちは。 (Ken)
    2006-03-07 11:39:33
    >nanaさん

    じゃあ、僕との相性バッチリですよ。



    ↑という具合に使えば良いわけですね。
     
     
     
    こんにちは。 (Ken)
    2006-03-07 11:46:51
    >無義さん

    占いというのは、一種の信仰心みたいなものだと思いますので、一概に否定するつもりはないんですけどね。

    占いを信じることによって、「占いが性格をつくるあげる」というのは、実際にありそうです。
     
     
     
    お遊び程度なら (涼華)
    2006-03-08 00:38:49
    はじめまして。

    血液型診断をコミュニケーションを円滑にするために利用するのであれば、いいと思うのです。結構場が持ちますし、主婦の間では良く登場する話題ですから。・・・ただ、相手の人格を決め付けたり、その血液型だから自分とは合わないんだと思い込まれると悩んじゃいますよね。



    「えー、しし座のB型なの!それって、女王様タイプで、自己チューで性格悪くて、絶対に奥さんにしたくない組み合わせなんだよね。」と真剣に言われた私は、キレることはしませんが「なんか可哀相な奴」と思いましたね。何がどう凄いのか分からなくて困りました。何事もお遊び程度、ほどほどというのがよろしいかと思います。
     
     
     
    こんにちは。 (Ken)
    2006-03-08 09:14:30
    >涼華さん

    お遊びのまま終われば、たいして問題にならないんですけどね。

    どうしても、執着してしまうひとが出てくるので、僕はかなり辟易しています。

    何事もほどほどが良いですね。
     
     
     
    輸血について (高橋雅奇)
    2006-03-11 20:35:14
    >>もちろん、緊急の輸血などの場合に、うそをついてはならないわけだが、

    輸血の場合、本人の申告ではなく(誤った血液型を自分の血液型と思い込んでいる場合があるため)検査によって血液型を確かめてから行うようですので、極端な話「本当に」自分の血液型を知らなくともよいのではないでしょうか

    (以下URL参照)

    http://www.tsukuba-kinen.or.jp/faq/shouni/archives/2004/11/post_1.html

    http://www.asahi-net.or.jp/~dw3r-isbs/kosodate_59.html

    http://www.mh.nagasaki-u.ac.jp/safe/0009f/indispensable_1.html

     
     
     
    こんにちは。 (Ken)
    2006-03-11 21:15:28
    >高橋雅奇さん

    輸血については、する側もされる側も経験したことがあります。

    日本の医療機関の対応につきましては、まったくご指摘のとおりだと思いますし、実際に本当の血液型を知らないひともいるわけですね。

    (だからといって、緊急時に“うそ”をつくのはどうかと思いますが。)
     
     
     
    あるある大辞典の捏造 (まなみ)
    2007-04-11 02:30:29
    あるある大辞典で、血液型相性診断で男女の相性をランキングにして放送した回がありました。
    あの時は、気が付かなかったのですが、O型の男性は、すべての血液型と相性が良いように放送されていました。
    最近、他のサイトで、あるある大辞典の制作プロデューサーが、O型の男性だったと知り、血液型相性診断を利用して、こんなことをする人が、テレビ番組を作っていたのかと、がっかりしました。
    実際、あるある大辞典の放送は、私にとって、影響がありました。
    その頃、付き合っていたB型の彼と別れるはめになってしまったのです。
    詳しい経緯は、書きませんが、あの番組を見てから、私が、彼にたいして、試すようなことをしたり、神経質に接したのが原因でした。
    番組を作った人は、軽い気持ちだったのかもしれませんが、私にとっては、重大問題でした。
    ダイエットしている人にとっては、納豆の捏造も重大問題だったと思います。
    捏造番組を作った人には、もう番組作りをして欲しくないです。
     
     
     
    こんにちは。 (Ken)
    2007-04-12 09:24:43
    >まなみさん
    あまりうかつに血液型と性格・相性の関係を信用するものではありませんね。
     
     
     
    血液型性格診断信奉者って・・・ (sam)
    2007-04-13 11:35:21
    真剣に血液型性格判断について語っている人をみると、内心、この人ホントバカだなといつも思ってしまう(笑)

    何十億といる人間が、たかが4種類に画一的に分類できるわけがない。

    それに、血液型と言ったってABO式だけじゃないし、白血病などの治療後、血液型が変わってしまう場合だってある。

    血液型が変わったら性格まで変わるなんてことがあるはずがない。



     
     
     
    こんにちは。 (Ken)
    2007-04-13 14:46:02
    >samさん
    > 白血病などの治療後、血液型が変わってしまう場合だってある。

    血液型が後天的に変わるというのは初めて聞きました。
    おもしろいですね。
     
     
     
    血液型&性格は戦争時代の話では? (とらお)
    2007-06-04 16:21:07
    先日、何年ぶりかに職場の人から「血液型あてようか」話をされたので、未だに流行ってるのか?と思い、ネットで検索してみました。

    結構いるんですね!血液型気にしている人!
    私、こういう話って祖父母やその世代の人がよく話していたので、迷信なんだと小さい頃から理解していました。

    でも、その迷信を今の20代30代の人も信じちゃってることになりますよね。
    まあ、人って信じたいものを信じるものですし。

    また現代で流行ってきたということは、血液型性格判断で一儲けしようと考えている輩がいるのでしょうかね。。^^;
    何を信じようと人の自由ですが、本質をみてもらいたいものですよね。

    ネットでは血液型性格判断や肯定するようなブログが多いような気がしますが、実生活で周りの人が話しているのはそんなに聞きません。
    信じてる人はそんなに多くないのでは?


    私は過去を引きずってなかなか立ち直らなかったり、トイレに人を誘ったり、自分を追い詰めたり、人に対してしつこいようで、A型とよく言われますが・・・

    実際は、6人家族全員B型の生粋Bなんですよね。
    つまり、一般に言われているA型の性格にぴったりハマる、というだけのことなんです。
    よく、家族バラバラでしょう?と言われますが、一緒に揃って行動すること結構多いしまとまっています。

    血液型情報に頼ったため、人間の本質を知らずに一生を終える人が今後減ることを祈ります。。
     
     
     
    こんにちは。 (Ken)
    2007-06-04 19:16:19
    >とらおさん
    血液型性格診断が流行りだしたのは、せいぜい30年くらい前からだと思います。
    罪のない占いのたぐいならまだしも、擬似“科学”として広めようとするひとたちがいるので、始末に終えませんね。
     
    コメントを投稿する
     
    名前
    タイトル
    URL
    コメント
    コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
    数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
     
    血液型による性格分類や相性、兄弟姉妹タイプの話。 ([+] 俺視点 - GOING MY WAY)
    兄弟姉妹タイプというのは、兄(姉)がいる人は弟(妹)タイプ、 逆に弟(妹)がいる人は兄(姉)タイプという俺の勝手な分類。 他には両方...
     
     


     
    HP制作