BLOG STATION
東京発世界行

written by Ken
 



本記事では、「文章の構成」のあり方について、述べてみたいと思います。

「論文の書き方」といった本を読むと、文章は全体の構成をまず考えてから書き始めるべきだということが書かれています。ところが、当ブログでは、文章論を書くにあたって、前回の記事「書く文章は誰のため?」のように、いきなり文体の話から始めてしまっており、構成上、失敗しています。当ブログが将来、書籍化された暁にはこの点を改善し・・・というのは嘘で、本当はただ思いつきで書いているだけですので、ご容赦ください。
また、本論は、僕自身が文章を綴る上で、ふだん考えていること、目指したいと思っていることを、書いていますので、僕にしか当てはまらない事柄が多く含まれています。
「あたしの文章には当てはまらないわ」
と思われるかもしれませんが、比較対象もしくは反面教師として、お読みいただければ幸いです。

■起承転結の実際
◎例文1
私は家から最寄り駅まで行くのに自転車を使っている。
今朝も、駐輪場へと急ぐサラリーマン達の流れに乗って、
ペダルをこいでいたのだが、信号待ちで私の前に、
若い男の子が乗った自転車が立ち止まった。
そのとき、私の目は、その後ろのタイヤカバーに釘付けになった。
『いらっしゃいませ』
と、大きな文字で書かれていたのだ。
信号が青に変わる。
私は小さな声で、「とりあえずビール」とつぶやくと、再びペダルを踏んだ。
春の風が、肌にやさしく当たった。
(30代・OL)
これは、友人が書いた日記の文章を、僕が勝手に改竄して、最後にオチを付け加えたものです。この例文を見ながら、ちょっとした解説を加えていくことにしましょう。
「文章の構成」という観点でこの文章を読むと、起承転結がはっきりしていることがお判りいただけるかと思います。この構成を作ったのは僕ではなく、原作者の友人なのですが、非常にわかりやすくまとまっていると思います。
<起>「私は家から~」の部分ですが、説明的で、ちょっとつかみが弱い感じがします。簡潔な説明だと思いますが、もうちょっと膨らませたいところですね。
<承>「今朝も、駐輪場へと~」。行動の描写です。この部分がきっちりと書かれていないと、わけのわからない文章になってしまい、次へ展開していくことが出来なくなってしまいます。
<転>「そのとき、私の目は~」。まさに急展開。文章のキモです。普通だったら、自転車の後ろの部分には持ち主の名前などが書いてあるわけですが、ここではわざとそのような説明や語り手の心理描写を省き、情景のみを淡々と書いています。
<結>「信号が青に~」。いわゆるオチの部分ですが、最後まで淡々と進行します。面白いかどうかはともかく、(30代・OL)さんのキャラを立てることに、ある程度、成功したのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

「起承転結」という言葉を検索すると、一番上にこのようなページがヒットします。(「起承転結は役に立たない」と述べているリンク先のページの文章が、起承転結の明確な構成になっているのが面白いですね。)
もちろん、例文1のような4コママンガみたいなものならともかく、全ての文章を起承転結の構成にするのが良いわけではありませんが、文章に起伏を作ったり、面白く読ませるための手段として、十分、有効だと思うのです。
僕が書く文章には、比較的、起承転結がはっきりしているものが多く、最近、書いたSF短編小説「SAKURAの記憶」はその典型です。(興味のある方は、読んでみてください。)

---
長くなってしまいましたので、今日はここまでにします。
次回は、「文章の構成」の続き。章立て、ストーリーの組み立て方などについて、取り上げてみたいと思います。

コメント ( 22 ) | Trackback ( 0 ) このエントリーを含むはてなブックマーク



« 桜と欅 続・起承転結... »
 
コメント
 
 
 
ありがとうございました (よよ)
2005-04-13 00:55:10
誉められてるんですよね?

なんでもいいです。

取り上げられたことに感謝です。

これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
 
 
 
こんにちは。 (Ken)
2005-04-13 09:13:44
>よよさん

褒めているかどうかは、微妙なところなんですが、

(30代・OL)さんの原文の構成がわかりやすいのは

確かですね。

で、わかりやすいということは、いじりやすいというのも

あるわけで、と思っていたら、すしバーさんがすでに

いじられているようです。

http://susibar.blog2.fc2.com/blog-entry-2002.html

僕も、もうちょっと考えてみたいと思います。
 
 
 
勉強になります。 (フジコ)
2005-04-13 10:22:19
講義を受けてる感じです。

大変、面白かったです。



フジコもレポ提出して

ken教授に赤ペンつけてもらおうかな・・・(笑
 
 
 
前の会社で (さくら)
2005-04-13 11:06:51
新人の頃「人にモノを教える時は起承転結をはっきりさせるのが基本だ」と教わりました。

この記事を読んでそれを教えてくれた先輩の事を思い出してしまったのですが

今は文章の書き方の話ですよね(すいません。笑)



自分の文章どうなのかなぁって考えた時「その時思ったことや結果を1・2行にまとめて

先に伝え、それについて中の文章組み立て 最後はまた頭に繋がるように戻る」って

書き方が最近 多い気がします。

タイトルからそのまま文章に入るようにしたり「続きを読む」設定にしているので

敢えて その「続きを読む」を効果として使ってみたりもします。



題材によって全然書き方も違うので どれも一概には云えないのですが…。



よくよく考えたら 起承転結にはなってないかもです(ダメじゃん…。笑)
 
 
 
こんにちは。 (Ken)
2005-04-13 15:43:44
>フジコさん

レポート提出ありがとうございました。

って!

どんどん、話におひれがついて、面白くなっているじゃありませんか。

僕も、何か考えなくちゃ。
 
 
 
こんにちは。 (Ken)
2005-04-13 15:47:56
>さくらさん

起承転結というんは、文章の構成のありかたの一つの例ですので、

もちろん、これにこだわる必要性はありません。

それはさておき、文章の書き出しは大事ですね。

特に、ブログの場合は、書き出しの部分で、

読者をひきつけることが重要になってくると思います。

このあたり、次回にでも取り上げてみたいと思っています。
 
 
 
おやおや、まぁまぁ (ともっち)
2005-04-13 16:27:20
なんかオモシロそう♪

私もやってみたくなってきましたよ♪

でも、私の場合、全然文章力が無いからなぁ・・・

じっくり練ってやってみようカナ?
 
 
 
せんせ~ (さくら)
2005-04-13 16:27:43
起承転結結になっちゃいました~。

どうしましょ~(笑)
 
 
 
こんにちは。 (Ken)
2005-04-13 17:00:01
>ともっちさん

もう、どんどん書いちゃってください。



(いつの間にか、企画モノっぽくなってるし。)
 
 
 
●さくら妹へ (Ken)
2005-04-13 17:01:02
あらま。それは大変!
 
 
 
随分と (ぷよぱぱ)
2005-04-13 17:41:04
★kenさん

 良い例、悪い例(俺だけか?)が揃ったようですね。^^

 結構、みんな、自分のスタイルを解ってやっていると言う事が、よく解りますよね。

 さて、これで記事五本分のネタ位に?
 
 
 
こんにちは。 (Ken)
2005-04-13 17:58:11
>ぷよぱぱさん

もう、みなさん面白すぎです。

僕ももうちょい、考えてみることにしましょう。
 
 
 
文章の全体構成を (kuni)
2005-04-13 21:08:21
きっちり考えて書こうと思うと、やはり「起承転結」とか「序破急」の形に沿っていた方が、落ち着くという面はありますね。



一般的に書き慣れていない人が、オーソドックスに文章をまとめあげるには、良いモデル(と言うかスケルトン?)になるんじゃないかと思います。



ただ、独白系とか天才肌の人は、そんなモデルに染まらない方が面白い場合もありますから、一概には言えない面もあるでしょうね。



要は、どういう文章を書こうとしているかによるのではないかと。



誰もがイチロー選手になれるワケではないけど、イチロー選手も彼なりの努力の成果で今があるワケでしょうから、自分はどういう文章を書こうとしているのか、まずは自己分析も必要かもしれません。



などと、ちょっと偉そうなことを書いてしまったかも(汗)

Ken さんの次回を楽しみにしています~
 
 
 
こんにちは。 (Ken)
2005-04-13 23:38:40
>kuniさん

もちろん、起承転結の構成が全てではないわけですが、

詩など一部の文学作品を除くと、構成力を伴わない文章は、

何が言いたいのかわからなくなりがちだと思うんです。

時系列順に並べただけの文章では、読み物になりませんから。

(それでもいいじゃん、という意見もあるかと思いますが、本論の対象外です。)
 
 
 
■みなさまへ■ (Ken)
2005-04-13 23:42:23
1個上に、まとめ記事を書きましたので、

お読みいただければ幸いです。

また、引き続き、トラックバックが送られていますが、

まとめ記事は、明日に追記する予定ですので、

ご了解ください。
 
 
 
遅刻、遅刻。 (はんたろう)
2005-04-15 20:42:41
絵描いてたら遅くなっちゃいました…。

 
 
 
こんにちは。 (Ken)
2005-04-15 20:52:21
>はんたろうさん

「まとめ記事」のほうは締め切ってしまいましたので、

そちらにコメントさせていただきますね。



もう最高!
 
 
 
通りすがりですけど。 (ようすけ)
2006-10-26 14:56:41
最近言葉や文章にすんごく興味がわいていて。

ココにたどり着きました。



文章って楽しいですね。



言葉や文章が持つ魅力が見えてきました。



楽しくなりすぎてついつい書き込んじゃいました。



すみません。
 
 
 
こんにちは。 (Ken)
2006-10-26 19:12:13
>ようすけさん

文章を書くのは楽しいですよね。

もっと楽しくするにはどうしたらよいか、と考えると、果てがなくなるくらいです。

またどうぞお立ち寄りくださいまし。
 
 
 
はじめまして (リック)
2009-08-06 16:05:43
とても勉強になります。
私の文章嫌いが、なおればいいなと思います。
 
 
 
こんにちは。 (Ken)
2009-08-06 18:26:02
>リックさん
いろんな人の文章を読んで、どんどん書けるようになると良いですね。
 
 
 
はじめまして (町ル田)
2011-05-11 16:59:27
仕事用の文書を書くためにいろいろ調べているうちに辿り着きました。

起承転結については否定派も多数いらっしゃるようですが、面白いことに、否定派の人も本質的に深いところでは起承転結を使っていると思っています。たとえば本文中で紹介されているサイトの内容で、ビジネス用文書の書き方を起承転結で大きく分析・簡略化すると

起:理想的な商品を作りたいんです
承:現実の商品との間にはギャップがあるんです
転:でもこういう工夫をすればいいと思うんです
結:これでどうですか?

という大きな枠組みがあって、紹介されているのはその先どこをどう補強するかという話なんですね。本人も無意識のうちに起承転結を使っていて、小手先のテクニックとしての「起承転結」はいらないと言いきっている。でもおおむね上のように大きな枠組みで考えると、起承転結が多くの文章で役に立つ、というのは確かだと思います。要はそこまで考えずに「起承転結は素晴らしいんだよ」「いやいや、いらないよ」の議論を繰り返してる人が多いのかな…なんて思っています。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
例文1 (俺育て!虎ヘッド風味:第二部)
BLOGSTATION:文章の構成~起承転結 にて、文章構成の基本について論じられているわけだが。自分の文章ってのはどんなもんなんだろ?とか思ってしまったわけで。つーか、俺はできるだけ「自分」を文章に転写することを目的としているので、極力、自分の思ったこと
 
 
 
例文1 ~フジコの場合~ (フジコの黄色い部屋)
goo文壇のエリート作家・KenさんのBLOG STATION:文章の構成~起承転結~にフジコの寅。 ひぇ~~。Kenさんに寅送るなんて恐れ多いよなぁ、私・・・(汗。 でも、これをスンバラシク、パロってくれた男の中の♂・すしバー氏。 これがめちゃ面白い。 すっしーにオ
 
 
 
「不条理」風味 (不条理み○きー)
 BLOG STATIONのkenさんの「文章の構成~起承転結」に対して、すしバーさんが返した記事に触発されて、私も「自己分析」に挑戦してみました。 (分析なのか?)  まずは、基本の例文。 ◎例文1 私は家から最寄り駅まで行くのに自転車を使っている。 今朝も、駐輪場へ
 
 
 
これが原文だ!! (おきらく生活録)
ある日のつまらない文章が、皆さんの手にかかり生き返っている。「これは原文をアップしなくては・・・」数日前にあった現実の出来事をそのまま文章にしただけなんですけどね。もっとひねればよかった・・・
 
 
 
春って (さくら式ドロップス ♪サンジョルディ風味♪)
いいよね。 色んな意味で。 今日は朝から天気がいい。 iPodを大音量にして駅まで自転車を飛ばすことに。 スムーズな加速と心地よい春風に、思わず ♪Layla~~~♪と 自分がクラプトン気取りで唄を歌っていることに気が付く。 またやってしまった…。 ヒヤっとしながら
 
 
 
文章力テスト!? (ともっちのお暇なら読んでよ♪ NEO!!)
ブログ巡回をしていたら、凄くオモシロそうなことで盛り上がっていたので、思わず私も便乗(笑) えっと、どーゆーモンかと申しますと、簡単に言うと、とある例文を自分の文章に置き変えてみるというもの(だよね?) 例文はこれ。 私は家から最寄り駅まで行くのに自転
 
 
 
【例文1】お玉風アレンジ (♪お玉つれづれ日記♪ ~沖縄★美人画報~)
*今日のお題* 下記の【例文1】を、あなたのブログ風味にアレンジして 書き換えてみましょう。 【例文1】 私は家から最寄り駅まで行くのに自転車を使っている。 今朝も、駐輪場へと急ぐサラリーマン達の流れに乗って、 ペダルをこいでいたのだが、信号待ちで私の
 
 
 
例文1 ~カオリの場合~ (★ 危険なカオリ ★(日記))
完璧な便意。完璧なウ○コ。 パーフェクトな一日の始まり。 カオリです。 *** KenさんのBLOG STATION:文章の構成~起承転結~でみんな盛り上がってるもんだから カオリも混ざっちゃう!ウッ! ~*~~*~~*~ Kenさんの例文 ◎例文1 私は家から最
 
 
 
AB型女のありえない妄想力で書いてみた。 (AB型OL主婦blog♪)
ともっちさんのとこでおもしろいことを教えてもらったので、私も便乗(笑)。 例文を自分テイストで書いてみようってことらしい。 (TB先を見るとちょっと違うような気もするけど) ともっちさんってば見事に『ともっち色』を出してたから、私も頑張ってみようと思ったのだ
 
 
 
文章の構成~起承転結 おかしな日記編 (「おかしな日記?+五七五」)
BLOG STATION:文章の構成~起承転結のパクリです。 Kenさんの例文をパクリは恐れ多いと思いながら・・・(汗。 なんかあっちこっちで流行っているみたいなので真似してみました。 ◎例文1 私は家から最寄り駅まで行くのに自転車を使っている。 今朝も、駐輪
 
 
 
例文1~私の場合は….。 (あれとかこれとか (Lefty))
最近、「文体」をテーマにした記事が私の巡回先のいくつかで上がってて、気になってたんですが。(*1) ちょうどいいタイミングで、おもしろい企画があがってます。 BLOG STATION:文章の構成~起承転結 この記事と、そのトラックバックを参照してください。 もともとは
 
 
 
いらっしゃいませ はんたろうの場合 (はんたろうのがらくた工房)
Kenさんの「なんでもかんでもパスティーシュ化計画にトラックバック(違うって)。 したがって以下の文章は創作。 オリジナルはよよさんの文章。 朝。 駅へ急ぐ私の前に、信号待ちの自転車がいた。 いや別に自転車の青年など珍しくはないのだが、 その泥除けには「いらっ
 
 
 
他人の文章をアレンジしてみる (じゃっくり)
何もないところから文章を書くより、オリジナルの文章をアレンジする方が難しいのかもしれません。BLOG STATION:文章の構成~起承転結~で例文が紹介されているので、それを自分風にアレンジしてみようと思います。 ----- ◎例文1 私は家から最寄り駅まで行くのに自転車
 
 


 
HP制作