かねうりきちじ~岩手・盛岡ぶらぶらある記~

岩手の山と酒を愛する男の日常

がんばれ!サッカー日本代表

2010年06月29日 | 岩手のこと
 おととい書きましたが、kaneurikichiji は今回のサッカーワールドカップは地上波ではなく、スカパー!で観戦しています。

 予選のデンマーク戦は早朝(というか深夜)でちょっときつかったですが、今日は日本時間で23時キックオフなので、ちょっと夜更かしすればいいので楽ですね。

 どんな試合になるのか、楽しみです。

 守備もちょっと危なっかしい所もあるような気がしますが、最後の最後にきっちり閉めているので大丈夫でしょう。

 ところで、岩手県民で今回のワールドカップのピッチに立った人がいます(しかもkaneurikichiji が働いている衣川の隣町です。合併して同じ市になりましたが)

 それは、オランダ戦で選手と一緒に入場したエスコートキッズです。

 中澤選手と手をつないでいた女の子なのですが、実はマクドナルドのエスコートキッズのCM(全国版)にも出演していました。

 彼女が明日、笑顔で登校できるように、日本代表にはがんばってほしいですね。

コメント

右回りと左回り

2010年06月28日 | 愛馬
 以前にも書いたかもしれませんが、シルクホースクラブは出走後、騎手と調教師のコメントをメールで配信してくれます。

 仕事から帰って、メールチェックしたらシルキーフェザントの土曜日のレースコメントが届いていました。

 齊藤騎手によれば、盛岡競馬場より水沢競馬場の方が、落ち着いているしレースにも集中できているようです。

 ところで岩手競馬は、盛岡競馬場と水沢競馬場の2つの競馬場があり、それぞれに厩舎があります。わが愛馬シルキーフェザントは盛岡競馬場所属です。

 盛岡競馬場所属の馬は、盛岡開催時以外は馬運車に乗って水沢競馬場まで行かなければなりません(水沢所属はその反対)。

 繊細な馬だと馬運車に乗って競馬場に行くだけで熱を出す場合もあるので、輸送がないにこしたことはありません。

 けれども、シルキーフェザントは輸送のある水沢競馬場の方がいいようです。

 その理由は、

  (1) 左回り(盛岡)より右回り(水沢)の方が好き(こういう馬は結構います)。
  (2) 広いコースより小回りコースの方が好き(もちろん逆がいいという馬もいます)
  (3) 直線に坂があるのは嫌いだから(盛岡には地方競馬場で唯一直線に坂があります)
  (4) パドックはアンツーカー(盛岡)より砂(水沢)の方がしっくり来るから。
  (5) ドライブが好きだから。

のうちのどれかでしょう。

 ま、水沢でも盛岡でも元気に走ってくれればそれでいいです。


26日のパドック。出走表が手書きという昭和チックなところが落ち着く原因なのでしょうか。
コメント

来年こそは!盛岡ダービー

2010年06月27日 | 盛岡のこと
 kaneurikichiji の家では競馬専用チャンネルのグリーンチャンネルを視聴するために、スカパー!を契約しています。

 なので、今回のサッカーワールドカップはスカパーで見ています。

 これを機に、サッカー(のテレビ)観戦がますます好きになりました。

 というのも、実況のアナウンサーも解説者が上手だからです。

 特に、クラッキーこと倉敷保雄さんの実況は絶妙で、今までより熱心にワールドカップを見るようになりました。

 で、そのうち生で観戦をしたいなぁと思っていたところ、今日は自宅から車で5分ほどのところにある盛岡南公園球技場で東北社会人サッカーリーグのグルージャ盛岡盛岡ゼブラの盛岡ダービーが開催されることを知りました。

 見に行きたいなぁと思っていたのですが、今日はGⅠ宝塚記念。

 直前まで迷っていたのですが、結局競馬を取ってしまいました。

 盛岡ダービーを自宅の近所で見られるのはそうそうある機会ではないのは分かっていたのですが・・・。

 やはりまだ、「サッカーと競馬、どちらを取る?」という状況になれば、競馬の方にいってしまいますね。

 ただ、今年中に一度は盛岡南公園球技場でサッカー観戦したいと思います。

コメント

シルキーフェザント 5着でした

2010年06月26日 | 愛馬
 今日はkaneurikichijiの愛馬、シルキーフェザントが水沢競馬場に出走しました。

 当然、kaneurikichijiも相棒と一緒に水沢競馬場に応援に行きました。

 同じ1口馬主の“岩手のアイドル”ふじポンも応援に来ていましたが、残念ながら5着でした。

 パドックは相変わらず入れ込みがちで、汗もびっしょりかいていました。

 もう少し落ち着いてパドックを周回できればB組でも勝てると思うのですが。

 けれど、1口馬主としては、元気な愛馬の姿をコンスタントに競馬場でみられるだけで本当は満足なのです。


パドックのシルキーフェザント。ま、真夏日でしたから汗もかきますね。
コメント

梅雨の中休みで真夏日

2010年06月25日 | 長者ヶ原廃寺跡
 今朝、出勤の時から太陽の光がジリジリと照りつけていたので覚悟はしていましたが、やはり衣川は真夏日でした。

 遺跡の解説板のラミネートが汚れてきたので(解説板はこんな感じです)、11基すべて付け替えたのですが、そんな大した作業をしているわけでもないのに、結構汗をかいてしいました。

 その解説板。アンケートではほとんどの方がわかりやすいと返答して下さっているのですが、今日、回収したものには「ちょっと難しく、どんなお寺だったのかイメージしにくい」とありました。

 解説板を作った時は、長者ヶ原廃寺跡のことを少しでも多く知ってもらおうとがんばりすぎたためか、あれもこれもと詰め込みすぎてしまったのかもしれません。

 というわけで、今度は小学校高学年でも分かるような解説板を作って見ようと思います。

 もちろん、今までの解説板もそのまま使います。

 子どもが夏休みになる海の日の3連休前までには完成させようと思います。


今日の長者ヶ原廃寺跡。いつもの場所から。
コメント