kanekoの陸上日記

毎日更新予定の陸上日記です。陸上競技の指導で感じたことやkanekoが考えていることなどをひたすら書きます。

振り返る~自省を込めて~

2020-09-26 | 陸上競技

本当に更新できませんでした。遊んでいるわけではないのですが。本当に厳しい時間です。力尽きて食事をとることさえできない感じでした。もっとうまく仕事を回せばいいのかもしれませんが。「授業」だけが我々の仕事ではありません。当然ですが。見えない仕事が山積みです。面接練習なども入ってきて本当に余力がなくなっています。

 

県新人が終わりました。今回は本当に「惨敗」という感じがあります。うまく表現できませんが。選手に申し訳ないなという感覚があります。

 

実際、4月の初めまでこれまでになく「いい感じなっている」と思っていました。県内で戦うという感じではなく本当に「勝負する」ことができるなと思って意気揚々としていました。が、4月上旬にコロナ関係ですべてがストップ。県内だけではなく全国的にも名前が出るくらい大変な出来事がありました。この日から選手は2週間、全く家から出ることができない。話によると自宅から出ていないかと見まわる「自粛警察」が家の周りをうろついていたという状況もあったようです。「コロナ自粛」というレベルではなく。精神的にも肉体的にも「何をしたらいいのかわからない」状況が生まれていました。その後1か月半、練習という練習がどれだけできたか。各自で体を動かしていたようですが「なぜ外にいるのか」という心無い言葉をかけられる場面もあったようです。

 

たぶんわかってもらえないと思います。当事者にしかわからない。陸上競技をするというのではなく「自分の身を守る」ということが最優先されていました。他者と集まって練習をするという話ではない。家から出ることさえままならない状況の中でした。学校が再開しても「Hoshoの生徒が自転車で通学している」というクレームの電話がかかってきたりする。駅に荷物を置いたら「汚いから置くな」という酷い言葉をかけられたりする。こんな状況がしばらく続きました。競技って何ですか??という気持ちがこちらも大きくありました。選手たちも同様だと思います。

 

この時点で私の中の「何か」が崩れ落ちる感覚がありました。エネルギーが枯渇するという感覚。もう何をやっているのか。本当に競技をやっている場合なのか。うちの選手は「積み上げていく」という形で走りを作ってきました。この失われた1か月半は本当に大きなものでした。それにより多くの選手が走りが崩れる。体型の変化、筋力の低下などかなりの影響を受けていました。もう一度1から・・・。そのエネルギーが私自身になくなっていた感覚があります。

 

それと同時に「生活指導」が入ってきました。なんとなく入部してきた者に対する指導。競技者として「当たり前」だと求める前の段階の指導がかなりありました。時間を守る、嘘をつかない、練習をやるetc。毎日のように「競技」の指導ではない部分に生きている時間の大半を取られるようになりました。グランド整備をさせれば「トンボ」が反対側の状況で整備する。整備にはならずグランドに線が引かれていく。そのことを指導しても全く直さない。「重さのあるトンボでやらなければ整備にならない」と話すと「重たいトンボはやりたくありません」という返事が返ってくる。

 

また、ユーチューバーが市内に来た関係で「休校」になったことがあります。この時にも部員を集めて「どこにも寄らずにすぐに家に帰るように」と指導したにもかかわらず、近隣のフードコートに座っている。巡視で見つけて注意しようとしたら走って逃げる。いや、この手のことが何度あったか。「練習をしない」というだけではなく「所属する意味」が問われる話が何度も何度も繰り返されました。この時点で「本当に指導ってしなければいけないのか」という気持ちが大きくなる。

 

愚痴を書けば記事がどれくらい書けるでしょうか。いろいろと問題になるのでここは書きませんが・・・。グランドで指導するのは「競技的なこと」ではなく「生活指導」以外の何物でもない。もともと「生活指導」を重視していますが、これでは完全に「お世話係」です。周囲の理解も得られず、内部では指導しても伝わらない。これに耐えられるというのはどれくらいの人がいるのか。私が弱いだけなのかもしれません。本当に本当に苦しかったですね。

 

これまでならこんなことがあったら夜、親しい指導者と食事に行って愚痴を聞いてもらうというのが頻繁にありました。しかし、コロナの影響で外食さえままならない。夜、食事に行っていたら何を言われるかわからない。何度かgt先生とオンライン飲み会をしましたがやはり本質的な気分転換にはなりませんでした。この時期から「人と関わるのが嫌だな」と思う部分がありました。

 

正直、こんな状況で練習に専念するというのは不可能に近かったと思います。blogを更新する気にもならない。余力もない。そんな時期が続きました・・・。

 

何を書いているのかよくわからなくなっていますが。この記事が人目について「削除しろ」と言われるかもしれないですね。それでも記録として残しておきたいと思います。


コメント   この記事についてブログを書く
« たどりつけず | トップ | 振り返る~自省を込めて2~ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。