神田たかしです!

寄居町議会議員 神田崇です。

良いお年をお迎えくださいませ

2012-12-31 19:49:34 | 日記
あと数時間で、2012年が幕を閉じようとしています。



皆様にとってはどのような一年でしたでしょうか。



政権が交代し、金融緩和への期待感から、株価が上昇を見せるなど、
徐々にではありますが、世の中に動きが出てきたというところなのでしょうか。



しかし一方で、復興の問題やエネルギー問題は
まだまだ課題が山積みであるという指摘も多く聞きます。




いずれにせよ、来年一年が明るい一年になる事を願ってやみません。



どうぞ、皆様も健やかなお正月をお迎えくださいませ。




本年に賜りましたご厚誼に深く感謝いたします。
明年も、ご指導ご鞭撻いただきますよう、お願い申し上げます。




神田 崇
コメント

続く余震

2012-12-29 17:17:36 | 日記
つい1時間前ほど、16時すぎに福島県沖を震源とする地震があり、
福島県いわき市などで震度4を観測したそうです。



寄居町では(私は)、全く揺れを感じませんでしたが・・・



ちなみに気象庁によると、震源の深さは約50キロ、マグニチュードは5・0と推定されるとの事。




3・11を境に、地震は本当に増えましたよね。
揺れが少ないと言われている寄居町でも、グラリと感じる事が、
以前に比べて、確実に増えているのを体感します。




こんな記事を見つけました。





去年3月の巨大地震のあと、
福島と茨城の県境付近や関東南部などでは活発な地震活動が1年9か月たった今も続いていることが分かりました。


分析した専門家は
「余震は次第に減っていくが地震の大きさが小さくなるわけではないので引き続き余震には注意してほしい」
と指摘しています。



東北大学の遠田晋次教授は、
去年3月の巨大地震から今月にかけての1年9か月間に
北日本や東日本で観測された地震活動を分析し、
巨大地震以前と比較しました。



その結果、福島と茨城の県境付近では、
巨大地震のあとに起きたマグニチュード1以上の地震が
今月までに3万回を超え、以前の数百倍にも上っていることが分かりました。



また、秋田県南部では以前の20倍以上の1200回余り、
長野県中部などでもおよそ3倍の700回近くの地震が観測されています。



さらに、東京と千葉県、埼玉県など関東南部を中心に、
以前は年間60回前後だったマグニチュード3以上の地震が、
去年の巨大地震以降、300回を超えています。



これについて、遠田教授は
「巨大地震で各地の地盤にかかる力のバランスが変わってしまって地震活動が活発になっている。
さらに、関東では、陸側の地盤がのったプレートが東へゆっくりと移動する変化が起きているため、
特に活発になっている」と分析しています。


そのうえで、遠田教授は
「余震は次第に減っていくが、地震の大きさが小さくなるわけではないので引き続き余震には注意してほしい」と指摘しています。


↑ここまで




年末年始で、ある意味お祭り気分、御屠蘇気分も結構ですが、
頭の片隅に危機管理を・・・・無理ですかね。


関東以北に関しては、放射能問題しかり、
以前とは違うという事、100%の安心などない土地になってしまったという、
危機感を頭の片隅に置いていく必要は絶対にあると思います。



きちんとした現状把握と、良くない物に対する自己防衛、
これに尽きると思います。



冗談のようですが、ドラえもんがいてくれたらと本気で思いますね。

あの日、東北各県でとにかく避難してもらって、福島原発の予備電源を作動させたいです。
コメント

象ヶ鼻公園

2012-12-29 09:38:31 | 日記






今日も元気にウォーキングをしてきました。



写真は、いつものウォーキングコースになっている象ヶ鼻公園付近です。






過日、寄居町議会12月の定例議会の私の一般質問で、
この象ヶ鼻公園に関して、
主題は公園に関してではありませんが、
質問や要望を致しました。



戦没者や、寄居町とその周辺から派遣された満州開拓団の犠牲者に対する
慰霊の在り方を確かめる内容でした。




その中で、要望した一例を紹介します。


象ヶ鼻公園には、先の世界大戦の戦没者や満州開拓団の犠牲者の慰霊碑などが建っております。

寄居町において、戦争という過ちを繰り返さないための象徴の地と申しますか、
そのような扱いにより、平和への願いや感謝を広く町民に知らせる意味でも、
平和公園的な位置付けをすべきである旨の意見を述べました。




写真にあるように、象ヶ鼻公園のそばには町道が通っておりますが、
老木、大木が道路にまでせり出しており、
ゲリラ豪雨や、爆弾低気圧と言った、最近になって発生する、
突発的自然災害発生時は、非常に危険なのではないか。

大きな木が折れて、下を通行する人や車に直撃したら命にかかわります。



また、公園内も木が鬱蒼としており、夏場の夕暮れ時などには、
若者がたむろしている場面も多く見る事から、
犯罪の温床になる可能性もあります。



平和公園的位置づけや、事故防止、犯罪防止の観点からも、
老木や、大木を、必要に応じ伐採し、明るい公園にしてはどうかと申し上げました。


さらに、千鳥ヶ淵や靖国神社のように桜を植樹し、
慰霊の地を桜で飾ってはどうかと。


花を愛でながら、今の平和が先人の犠牲に上に成り立っている事の感謝、
二度と、戦争という過ちを繰り返さない誓いの場とする意味でも、
さらに、戦争を風化させないためにも有効であると考えますと要望しました。



結果的に、町長から直接答弁していただいたのですが、
具体的にどうするという話ではなく、
『総合的』な検証をします、というありふれた言葉ではありましたが、

私は、察するに、何らかの取り組みをしていただけるものと信じています。



少なくとも、道路に張り出した枝だけはおろしていただけると信じています。
コメント

嗚呼

2012-12-28 08:32:57 | 日記
内閣が組閣されました。


色々な発言も出始めました。




一方で政党の分裂ですと、、、、、


私は、元々の結成当時から、
『後ろ』が丸見えなので、どれだけ美辞麗句をならべても、
絶対に投票はしないと心に決めていました。


逆に、なぜ票を入れるのかと感じてしまうほどでした。


とは言え、実際信じて投票した有権者は全く無視ですものね。


それにしても、一ヶ月は馬鹿にしすぎでしょう!

元々『選挙互助会』と揶揄されていましたが、
これほど節操がないかと、呆れを通り越して、
最早、笑ってしまいますわ。



新聞によれば、票が取れなかったから、
政党助成金を奪いに来たのだと、、、


強面の某氏が、お金を取りに来たら、
学者の知事さんでは太刀打ちできるわけないと。




さておき、与党の動き(発言)しかり、政党分裂しかり、
有権者の声は選挙までなのですね。


今に始まった事ではありませんが、
政治に無関心になる気持ちがわかります。

投票率の激減も理解できます。



テレビのインタビューで
『投票しても何も変わらないから選挙行かないで遊びに行く』
と答えていた方がいましたが、その通りなのかもしれませんね。





ま、愚痴を言っていても何も始まりません。

私は私で、寄居町議会ですべきことを
ただひたすら熱意を持って取り組むだけです。
コメント

クリスマス寒波

2012-12-24 11:10:12 | 日記
天気予報の言うとおり、
『クリスマス寒波』の様相ですね。



ぐっと気温が下がった気がします。

空気感も硬さを増したと申しましょうか。



先日書いたノロウィルスも千人を越える集団感染が発覚!


イルフルエンザの流行レベルも上がっているようです。



とにかく、まずは、ウガイに手洗いです!



年末最後の追い込み、そして晴れやかなお正月と、

とにかく、健康管理に気を付けましょう!
コメント