タクの日記

タクの療育や色んな事の記録

Back to School Night

2006年09月14日 | Weblog
今日はシンシアの体操セラピーを休んで、でも夕方からシンシアのジムに行って
タクを預けて、学校の「カリキュラム説明会」みたいなもんに行ってきました。

ここで先生とタクのスケジュールや宿題のことについて話す機会があるし、ちょっと
問いつめてみようと思ってたん。

だってね、昨日もあんまり腹立ったんで、連絡帳に「タクの宿題、どうなってるんでしょ?
あれだけ?もうちょっとあってもいいと思うし、もうちょっとタクにチャレンジさせてよ。」

って書いたん。


なーのーにーーーっ!!!


シロヤギさんからの手紙じゃあるまいし、お返事もせずに突っ返されました。


しーかーもーーーっ!!


今日も宿題、ゼロ。


これはもう「なめられてる」としか思えないっ!!

ってことで、母ちゃん、鼻息荒く学校に行ってフンフンしてたんですが・・・

結局、クラス全体の時間割みたいなことをサラッと喋って、で、教員免許を持ってる
お母さんがクチャクチャ余計なことを喋って、で、ボランティアやら何やら決めだして
予定の30分終了。

で、母ちゃん、タクを迎えに行かなアカンねんけど、ここはちょっと居残って先生と
話をしようと思ってたら、そこに1日の半分以上を普通クラスで過ごしてる子達の
親がやってきて、先生と喋りだして・・・。
先生、母ちゃんが怖い目して待ってんの知ってるクセに、ちゃらちゃらとその親たちと
「休み時間にキックボールして遊んでたわよ~」とかって喋りだしてんの。


はーらーたーつーーーーっ!!


で、もうこれ以上居残っても無駄やと思ったんで、先生に「また別の機会に話したいことがあるからっ!」
って、言い残して出てきました。


あーーー、時間の無駄やった!!


先生が喋ってる中に「タクは宿題の量が足りないのよねー」とは言うてはってんけどね。
ほな、どないかしてーよ!って感じ。

で、今年は「子ども達に自主的に課題をやっていって欲しいの。」とかって言うて
学校に来たら自分で机の中から出してやる算数のちょっとした問題集があったんで
見てみたけど・・・。

また鼻で笑いそうな簡単な繰り上げも繰り下げもないような足し算&引き算・・。
タクも鼻で笑いながらやってるんでしょーな。
算数の計算の間に、また『塗り絵』しながら分類するような課題もあってんけど、
きっと1人で「自主的に」ちゃっちゃと計算をやってるしから放ったらかしになってるんでしょ。
もう適当に、全然「分類」なんか関係なく、とってもカラフルに塗り絵してましたわ。
タク、楽しんでるんやろなーって感じ・・・。


はぁぁぁぁぁぁ。

疲れた。
ここまで学校にガッカリしたことって、今までになかったかも・・・。

で、プンプンしながらタクを迎えに行ってんけどね。
今日はシンシアが眼科のドクターを招待して、視覚刺激と子どもの集中力とかについての
話をしてくれてはってんけどね。こんなことやったら、学校に行かんと、こっちに残ってれば
良かった!!


キーーーーッ!!