泌尿器科が好きなタダのおっさん

_とある医局の風景をつづります_

しけんのはなし

2022年11月03日 23時09分30秒 | 雑用

こんにんちは、バードです。

9月17日に東京国際フォーラムで専門医試験があり、約1ヶ月後に結果が届きました。無事合格でした。

思ったより難しくて焦りましたが、自分で受けるとそう感じるのでしょう。

「専門医」でブログ内を検索すると、過去の先輩方の投稿がたくさん出てきます。秋の風物詩ですね。

 

ペーパー試験は2時間半で100問を解くのですが、意外と時間が足りませんでした。

覚えたはずのことが思い出せなかったり、イージーミスをしたり、マニアックな問題が出たりしました。

来年、過去問が手に入ったら答えを見てみたいです。

口頭試問は1つの症例に対しての複数の設問を20分で答えていくというものです。

過活動膀胱の症例で、こちらはスムーズに進みました。

スムーズ過ぎて時間が余ったため、余計な質問が2、3増えてしまいました。

 

後輩に1つアドバイスですが、受験申請は受付機関のできるだけ早くにした方が良いです。

おそらく、申請が早い順に受験番号が割り当てられ、早い順に口頭試問を受けられます。

午後早くに開放されたければ、早くに申請しましょう。

 

日本泌尿器科学会のHPでは専門医を検索できるのですが、今のところ、私と同じ名字の泌尿器科専門医はいませんでした。

よく患者さんに名前を覚えられるので、悪いことはできません。

より一層気を引き締めて参ります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする