植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」

金沢に永住して金沢・石川が好きになりました!その魅力を紹介します。

金沢の秋 -12 兼六園③ 雪吊り

2018-11-04 04:52:09 | 日記


金沢の観光スポットレポート その983(No.1415)

◇金沢の秋 -12 兼六園③ 雪吊り始まる

11月1日金沢に冬の訪れを告げる金沢の風物詩、兼六園の雪吊りが始まった。
湿った雪の重みから木を守る雪吊りは、小ぶりな3mの松から作業が行われた。園内隋一の枝を誇る唐崎松では庭師5名を含め合計約12~3人がかりで作業が進められ、心柱5本に1本あたり50~200本の縄が次々と放射線上投げおろし、受け取った庭師が枝にくくりつけていった。



兼六園内で使用する縄(藁縄)は、総延長約120キロ、総重量4トンに及ぶ。唐崎松をはじめ松やツツジなど約800箇所で施され、作業は延べ人数約500人が12中旬まで作業を行う。

園内で施されるの雪吊りの種類は、唐崎松などのりんご吊りをはじめ、幹吊り、三ツ又吊りなど約4種類の形がある。すべてが完了する12月中旬ごろ紹介したい。

■写真は唐崎松の2本目の作業



■写真は支柱の垂直を支持する作業員







■写真は池の枝は船を使い作業する。

11月3日(土)に天気が良く再度雪吊りの状況を見に行きました。玩月の松がまだできていませんでした。





■写真はさざえ山より



■写真は虹橋方面より



■写真は眺望台より











■写真は千歳台各方面より

撮影日:2018.11.1-3

(つづく)

『石川県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 金沢の秋 -12 兼六園② | トップ | ◇金沢の秋 -13 金沢市内①... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事